カテゴリ:香港のりもの( 49 )

Time to Destination 0:21 ~それ以降 クレッシェンドのごとく~

b0201935_5382574.jpg




待ち焦がれていた「香港への訪問=訪港」が、
念願どおりに実現することの喜び。
この喜びって、
みなさんは、どの時点で、もっとも大きく自覚されるのでしょう?

◎ 日本の日常で過ごしてて、まとまった休暇がとれると分かった時?
◎ PCでエアチケットや滞在先のホテルを検索していたり取れたりした時?
◎ 自分好みの中身と量とで、旅する荷作りをしている時?
◎ いざ香港へ!と、空港に向かう当日の朝?あるいはチェックインカウンターで?
◎ 飛行機の機内へ歩み進んでシートに身を預け、離陸したその瞬間?(笑)

先回の訪港では、
上記のどの場面においても、それぞれに喜びや高揚感を感じたのですけれど、
振り返ってみると、もっとも胸が高鳴ったのは、
シートバックの液晶画面表示で刻一刻と到着までの時間が減り、
「あと20分で到着」となるあたりまできた頃でした。

Time to Destination 0:21 。
あぁ、もうあと20分ほどで、かの地にこの身体が着くなんて!!
…シートに腰かけたまま静かに興奮。(笑)

訪港の喜びが、空港到着ロビーでさらに膨らむのは、言うまでもありません。
これが香港機場の建屋の外に出たり、
バスで一路、九龍&香港島方面に向かったり、
市街地で、その喧騒に触れたりするにしたがって、
曲のクレッシェンドのように、連なりながらどんどんと緩やかに増大していくんですよね。

そう考えると、自分にとっては、「入国の日ってすごいシアワセの連続なんだなあ…」と感じます。(笑)



b0201935_553501.jpg



                                                                059.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、とても嬉しい応援クリックになります。お願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-08-25 05:58 | 香港のりもの

嬉し楽し 行きのバス

b0201935_54671.jpg




この時の訪港は、
僕と太太とが、別々に日本を出国し、
それぞれ“ひとり旅”を楽しんで香港に入りました。

当初はいつもどおりに二人で出入国し、
同じ飛行機で訪港する予定でいたのですが、
僕の仕事の都合で、休暇が1日だけ予定よりもずれこんでしまったために、
1日だけ早く、ひと足お先に太太だけが入国&チェックイン。
24時間遅れて、僕も香港へ向かったのでした。

空港から市街地に向けたバス (シティーフライヤー) に身を預けながら、
どんどん香港モードに染まっていく自分を楽しみます。
空港から離れてしばし走ると、
今も残る「不思議な杭の立つ風景」が進行方向左手に。
太太さん(ハムユさん)やブラボーさんが、いつも楽しみにして眺めておられる光景ですね。(笑)

さらにバスに揺られると、市街地に向かうトンネルを迎えます。
トンネル内での 「灯りのマジック」 に迎えられ、光のいたずらに包まれれば、
太太の待つ香港の市街地は、もうすぐそこに。

もうすぐ着ける。
もうすぐ会える。
気持ちが募ります。



b0201935_5562916.jpg


b0201935_5571579.jpg



                                                                023.gif



お越しくださって、本当にありがとうございます。
お手数ですが、カエルくんをポチリとクリックしてくださると、嬉しい応援になります。よろしくお願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-27 06:00 | 香港のりもの

タクシーならではの光景 ~ 的士 in 的士 ~

b0201935_20161185.jpg




いつものように早朝散歩を楽しんで、
「今日もまた香港に居られること」をしあわせに感じます。

陽の出まえの茶餐廳の店内には、
トラムや的士(タクシー)の司機さんたちが、大勢。
出勤前や休憩を兼ねた朝食タイムで、リラックスしておられて。

自分も、今日1日の始まりの熱咖啡を外賈して、
道行く始発時間帯のトラムやバスなどを眺めつつ、
散歩の続きを。

車道沿いに50mほどにわたって何台も駐車中の静かな的士の列。
運転手さんが朝食をかき込んでいる間は、的士もつかのまの休憩中。

そんな中に佇んでいた1台は、
おやおや、的士 in 的士 。

どんないきさつで、ミニタクシーはここに貰われてきたのでしょうね。
初老の運転手さんが、お孫さんにプレゼントしてもらえた1台とか…。
若い運転手さんが、子どもたちに混じっておもちゃ売り場で手にして来たとか…。

あれこれ想像しつつ、散歩を続けるのもいと楽し…でした。

トラム・路線バス・地下鉄MTRって、
運転手さん個人の持ちものではないし、プライヴェート感が少ないから、
こういうコトは、きっと出来ませんよね。(笑)
的士ならではの、光景でした。



b0201935_20255510.jpg


(写真は2枚とも、写真上で1クリックしていただけると、大きくなります。)


                                                                037.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチッとクリックしていただけると、励みになり、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-11 20:27 | 香港のりもの

香港機場バスターミナルは「ただいま」と口にする出発点

b0201935_1923715.jpg


b0201935_19234817.jpg




フライト中の限られた空間から解き放たれて、
念願のその地に降り立ち、
諸々の手続きを終えると、
空港の建屋を背にして空を仰ぎます。

「ただいま」 と 口に出来る瞬間。

行きつく各街によって割り振られた、行き先ごとのバス乗車レーン。
このレーンの表示を目にすると、
目指す街やエリアが、ぐんとより近くなった気分になりますよね。

A10 ・ A11 ・ A12 そして最近ご無沙汰している A21 などなど…。
じつは、このバス路線表示って、ホテルのエリアごとみたいなものでもありますから、
まだ日本に居る時に、「今回の滞在先は、どの地区どのホテルにしようかねえ。」
と、
楽しく思案していたときからすでに頭の中に映っていた表示なのかもしれません。

地元の方々に混じってバスに揺られながら想像が現実に近づくひとときを楽しめる。
そんな素敵な時間の旅の出発点なのでしょうね。

さ、今回は、どの表示のレーンから、香港生活にフェードインしていこうかなあ~。



b0201935_19502310.jpg



                                                                 006.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんのバナーをポチリと応援クリックしてくださると、とても嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村                                                              
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-05 19:53 | 香港のりもの

トラムのレールが醸し出す表情

b0201935_191811.jpg


b0201935_1915988.jpg




彼方から連なり伸びてくるレール。

どんなに道路が曲がっていても、
場合によっては多少の起伏があっても、
トラムをスムーズに歩み進ませるために、
いつも一定の間隔を保って仲良く寄り添うレール。
鋼鉄なのに、じつにやわらかな曲線を描いて、柔軟な表情を醸し出すレール。

特に、
直線部分が多い鉄道専用路線ではなくて、
カーヴが多い市街地を縫う路面電車線ですから、
レールの多くの表情に出会えて、ついつい見入ってしまうことがあります。

中・高校生の頃、
アメリカ大陸をひた走るルート66や大陸横断道路の
曲線美や直線美の情景に心奪われた体験がありますが、
今は、
その頃と少し似た想いで、
トラムのレールを遠くから眺めることがあるんです。(笑)

本日6月7日から、
わずかばかりの運賃値上げを実施した香港トラム。
今日も明日からも、
こうした美しいレールが、トラムを人々を支えてくれているんですね。



b0201935_1912171.jpg



                                                                023.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、嬉しい応援になります。よろしくお願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-07 19:14 | 香港のりもの

2階優先。でもときどき1階の楽しみも。 ~路線バスにて~

b0201935_1852559.jpg




乗る予定で待っていた路線バスが、バス停に滑り込んでくる時、
2階の最前列シートに座りたかったりすると、
やってきたバスの行き先表示板を確認すると共に、
ついついガラス越しに見える2階最前列シートがあいているかどうか見届ける…。

そんなご経験はありませんか?

ウチなんて、毎回と言っていいほど、そうなんです。
コドモなことが、お恥ずかしい。

で、
乗車したら、
ほぼ毎回、
一目散に、この2階への階段へと迷いなく進んでいき、
乗ったばかりのそのバスが発車する時には、だいたいほぼ階段上り中のため、
バス停からレーンに出始めて加速するバスの揺れに負けないようにふんばりつつ、
ハンドルバーにかけた手に力を込める。(笑)



でもね、
ときどきは、
あいている1階の、この席を選んで、腰かけたりもするんです。
なぜかというと、
一個人の住宅の中では“階段を上るという日常”が圧倒的に少ないはずの香港の人々のはずですから、
そんなみなさんが、階段を上っていく姿を垣間見ることも、なんだか興味深くて。。。

変な理由かもしれませんけれど、
香港の人々にあのくらいの距離・幅の階段って、なんだかミスマッチなような気さえするんです。
だから、ついつい、なんとなく、2階へ上って行かれる様子を見ていたくなるんです。(笑)



b0201935_193218.jpg



039.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチッと1クリックしていただけると、「嬉しいお応援」をいただいたことになります~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-01 19:05 | 香港のりもの

City Flyer ならではの 電光表示

b0201935_9293329.jpg


b0201935_9301495.jpg




香港機場に降り立つことができて、
諸手続を通過できて、
市街地行きのバス( City Flyer )の荷物棚にカバンを上げた時、
ようやくホッとくつろげますね。

ホテルのチェックインまでの3~40分間は、
しばしのリラックスタイム。
腰をかけて車内前方に目を向ければ、
お約束の電光表示。

そのバスのルートや停車場、および、近隣のホテル案内と共に、
幾度か流れ映し出される「 Welcome to Hong Kong 」。

「ようこそホンコンへ」…何度流してもらっても嬉しいメッセージです。(笑)
「おかえりホンコンへ」…ついついこう読み取る自分です。(笑)

街中の路線バスの電光表示だと「 Welcome Aboard 」・「歓迎乗搭」が交互に出ますが、
「 Welcome to Hong Kong 」を流してくれるのは、
空港路線のシティーフライヤー(城巴機場快線)だけですよね。

「ならでは」…です。



b0201935_942137.jpg



                                                                038.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ポチリと応援クリックしていただけると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-15 09:43 | 香港のりもの

かつてのトラム・今のトラム・これからのトラム  ~車体広告の変遷~

b0201935_1957638.jpg




香港のトラムが、
その車体をすべてCMで包みこむ(120番以外)全面ラッピング広告に踏み切ったのは、
いつの頃からでしょう。

10年ほど前の、2000年くらいには、
広告一切無し ~ 車体一部分に部分広告 ~ 全面ラッピング広告…
…という、過渡期がありました。

こうして、「広告一切無しの、深いグリーン一色の車体」の写真や、
今の120番がそれを受け継いでいるかのような「部分広告」の写真を引っぱり出して眺めてみると、
なつかしいキロクです。

車体前後部の窓枠の角の切り取り方も、
昔のトラムと、現行のトラムとでは、異なっているのが見てとれますでしょうか。

楽しく長生きして、元気に活躍してもらえるためにも、
企業としての経営路線は、時折、転換期を迎えて行かねばならないコトには賛同します。
長年続いた「全区間一律2$」の運賃が、
2.5$に可愛くアップするのは、
さて、いつからなのでしょうか…。



現在のトラムラッピング広告
↓   ↓   ↓
b0201935_206219.jpg


10年ほど前のトラムの部分広告…筲箕灣の同じ場所にて。
↓   ↓   ↓
b0201935_207216.jpg



059.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-05 20:09 | 香港のりもの

明かり の 魅力 や あたたかさ

b0201935_1722749.jpg




埋め込まれた電球が特徴的な、この“明かり”。
何処に設えられている明かりなのか、
イメージは、つきますでしょうか。

こうして、
この明かりと天井だけのスナップだと、
何処を照らし彩っている明かりなのか、思い浮かばないこともあるやもしれないほど、
さりげなさと素朴さとを持ち合わせている“明かり”。

…そう、
“照明”というよりは“明かり”と表現するほうが相応しい形と色合いですよね。


スターフェリーの下層階を染める明かりです。


いつも迷わず下層階に歩み進むので、うろ覚えなのですが、
上層階の照明の大部分は、電球ではなく蛍光灯ではなかったでしょうか。
ちがったかな?

夕刻~夜のヴィクトリア湾を航行するスターフェリーを眺めやると、
船体デッキの上半分は白い光、下半分はほんのりオレンジ色の光だったような気が…。


あの、トラム120番の明かり と 雰囲気が重なる、
やわらかで情感をともなった ともしび。

この 「明るさを極力抑えた やさしいともしび」 と、
湾と船内とを遮断するガラスが存在しないおかげ とで、
たゆたう水面(みなも)や、対岸の情景が、反射せずに 直に眺められます。

そうした諸々の理由から、
やっぱりいつも、
上層階よりも下層階の魅力の方を選び取ってしまいます。(笑)



b0201935_17351376.jpg



                                                               072.gif








“明かり”と言えば、
以前から胸の中にずっと灯っている、コチラのポスター。
自分の中でやわらかく点滅していて、今日も節電に努めています。

b0201935_17384049.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-29 17:46 | 香港のりもの

唯一無二の味わい深さ ~トラム120番の車内~

こちら、今現在の一般的なトラムの車内です。
  ↓  ↓  ↓
b0201935_17545511.jpg


そして、こちらが、1台だけ走り続けている“トラムの長老”120番の車内です。
  ↓  ↓  ↓
b0201935_1757939.jpg




ホンコントラムウェイズの数あるトラム車両の中でも、
特別な1台の120番トラム。
特別仕様の詳細は、 これらあれら です。

何度乗っても、
いつ眺めても、
この木製シートや木枠の茶色と内装の緑色とのコントラストが、美しいですよね。

そこに加えて、
電球色が、なんともあたたかな室内灯。
やわらかな灯りのはずなのに、
外観から120番を眺めた時には、
ひと目で120番と分かる、唯一無二の室内灯。

こうして他車両と比較してみると、
どちらの車内に座って居たいか、
味わい深さが、どう異なるのか、
…あらためて、気持ちが120番トラムに傾きます。

最近では、
最新式の車両として、
車体がアルミ合金製のハイブリッド車まで出現したようですね。
今後は、月に2~3台のペースで、6~7年の歳月をかけつつ、
現行のトラム車両から、車両改装していく方針だというホンコントラムウェイズ。

安全確保や維持費節減などの為には、そうした方針も必要なのでしょうけれど、
この120番トラムの車両は、なんとか最後まで残してほしいですねえ。。。


                                                                002.gif




♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリとワンクリックしていただけると、はげみになります~。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-09 18:10 | 香港のりもの


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧