カテゴリ:香港食べ物( 51 )

自らタレをドバドバとかけて 店内でガツガツ喰らうのもいいですね

b0201935_7222318.jpg




MAXサイズの蒸篭を街角で見つけると、
ついついフラフラと寄って行ってしまうんです。
そのお店の盅飯は、どんなのだろう?…と。
あ、
最近は、昔ながらの蒸篭ではなくて、ステンレスの蒸し器のお店も多いですね。

コチラは新界のとある町で、ご贔屓にしているお店。

● お昼時は、ことのほか回転が速そう。
● よって、ほぼ常に、いつも蒸篭の中に盅飯がたくさん。
● 盅飯の器が、白い陶器の深めの壺。
● ゆえに冷めにくく、タレをかけた後もホカホカ。
● 店内が思いのほか広いので、好みの味のタレを好きなだけ使って、ゆっくり食せる。
● 焼き物や他の飯類も充実していて、組み合わせられる。

などなど、
さまざまな条件が満たされていて、何度か入ります。

もっとも、
「供される盅飯の器が白い陶器製であることと、
茶類がこうしてソーサーの上にガラスコップの状態で登場すること」が、
僕にとっての、いちばんの魅力なのですけれどね。(笑)

なんでもないことのようですけれど、
「気分に合った器」って、
けっこう大切なポイントであり、
食欲をも増幅させてくれる魅力だと思うんですが、どうでしょうか。

…外賈にしてもらって、その「詰め替えの様子」や「持ち帰りの過程」などを楽しむのもアリですが、
『移し替えないぶんだけ、ホカホカ度が保てる店内食』を選んで、
好きなだけ自らタレをかけ回すことが可能なのも、
盅飯の別な楽しみ方ですよね。

ちょっと寒ささえ感じる秋の朝、
「ホカホカごはん」に想いを馳せて、記してみました。
あー、蒸篭に出会いたい。
モワッとした湯気の中で、タレをかけたい。
アツアツのうちに、ホフホフ言いつつ喰らいたい。。。(笑)



b0201935_7344597.jpg


b0201935_7351382.jpg



                                                               emoticon-0110-tongueout.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんを1クリックしていただけると、それが嬉しく大切な「応援クリック」になります。
よろしくおねがいします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-09-23 07:37 | 香港食べ物

明朝以降の朝食&おやつ用に ~ウチの定番おみやげ~

b0201935_739475.jpg


b0201935_740505.jpg


b0201935_741229.jpg




今日はついに巡って来てしまった帰国日。
…という日の午前中は、
午後便に搭乗する予定ならば、昼前くらいまではゆったりします。
あいかわらず最終日にも、深夜と早朝の散歩は、欠かさないのですけれど。(笑)

香港機場に到着したら、いつものように、ターミナル2に直行して、ガチャガチャで遊ぶでしょう…。
ゆえに、
それ前までに、市街地でお財布を開けることは、麵飽餅店での買い物が最後となります。

滞在中、毎朝のようにお世話になった5~6軒の麵飽餅店さんの中から1軒を選んで行き、
持参のBOXに詰め込めるだけのパンをあれこれと吟味。
さらに、
これまた毎回持ち帰る「焼き菓子」の詰め合わせをいくつか。

これらをホテルの部屋に持って戻り、
昨夜のうちにパッキングしてあらかじめ空けておいたスペースに入れます。

…これにて、香港から持ち帰るモノたちは、すべて完了。

これらのパンや焼き菓子たちは、
「いちおう、食べ物だから」と、手荷物バッグとして、機内へ。
明朝の日本で、すぐに取り出して、朝食にしたいから
…という理由で取り出しやすいバッグに入れるということでもあります。(笑)

下町の麵飽餅店しか知らなくて、ジェニーやカルテットのクッキーって未体験。
どことなく香港ならではの油が香り味わえるような、
「いわゆる一般的なクッキーとはひと味ちがったこの焼き菓子たち」が、
ウチのささやかなお土産の定番です。(笑)



b0201935_752876.jpg



                                                                  emoticon-0137-clapping.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチリと1クリックしていただけると、そのひと押しが、嬉しく大切な応援クリックになります~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-09-17 07:54 | 香港食べ物

エコノミークラスの機内食で ミックスサラダパンを(笑)

b0201935_8163275.jpg




飛行中の食事「機内食」については、
“持ち込み可”や“弁当”を任意で購入するなど、
その在り方を再考してもらえたほうが良い…
…というお声もあるかと思います。
たしかに、そういうことを感じる時もあります。

機内食なるものを止められない、そのあたりの「大人の事情」は分かりかねますので、
自分は、精一杯楽しみにおき替えてしまうタイプ。
食いしん坊だし。(笑)

非日常的な高度の中で、これまた非日常的な速さに身をまかせつついただく食事…ですから、
その環境だけでゴチソウだよねって思っちゃってます。

そう言えば、
プレートにコロンと所在無げについてくる1個のパン。
このパンって、ひと昔前よりも、美味しくなったと思われませんか?
柔らかみや弾力が、きちんとあります。
昔は、カチカチに乾燥した石のようなパンが供されていましたもん。

あのカチカチパンだった頃は、
そのパンを手持ちのバッグに忍ばせて香港に降り立ち、
大事に持って歩いてて(笑)、
九龍公園でみんなで日向ぼっこをしているカメさんたちにポイポイと投げて分け与え、
餌付けごっこをして遊んでいましたっけ。(笑)

パンが美味しく感じるようになった最近、
機内食で、
ミックスサラダパンをいただくようになりました。

メインの四角いお皿のほかに、生ハムやマカロニ・ポテトサラダの入った小皿が添えられますが、
太太が、あのサラダの部分を 割ったパンに挟みこんで手渡してくれます。
バターは使ったり使わなかったり。気分やお好みで。

ミックスサラダパンが座席でこしらえられることにより、
サブメインが1品だけ増えたような気持ちになります。(笑)
エコノミー庶民の、ささやかな遊びを楽しんでいます。

昔はカメさんたちの餌付け。
今はミックスサラダパンで平らげてしまう。
…パンの出来と共に、遊び方も変わったわけですね。(笑)



b0201935_8321060.jpg


b0201935_8324262.jpg



                                                                 emoticon-0162-coffee.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチリとクリックしていただけると、そのひと押しが、励みのクリックになりうれしいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-09-03 08:35 | 香港食べ物

“独りお楽しみ自由時間”に再興燒臘飯店でつゆだくのっけご飯

b0201935_684486.jpg


b0201935_694918.jpg


b0201935_6105355.jpg




毎朝、いつものように、
太太とは、下町の麵飽餅店(パン屋)で買い求めたローカルパンや粢飯をホテルの部屋でいただきながら、
今日の大まかな過ごし方を相談します。

「もう少し部屋でゆっくりしてから、街へ出るわ。」という希望だったので、
朝から歩き始めたい僕とは、異なる思い。
…というわけで、
午後1時くらいまでの5時間ほどは、別々に単独行動をすることに。

ウチが訪港中によくやる“独りお楽しみ自由時間”…いわゆるフリータイムです。
まあ、二人で一緒に居ても、これすべて自由時間のようなものですけれど。。。(笑)

と、そんな時間を銅鑼灣をふらふらしながら過ごし、
灣仔までさらにふらふらしつつ歩いてきて、
まだ早いかな?と思われる時間帯に、再興燒臘飯店へ独り寄ってみました。

お客さんもまばらな状態だったので、
おばちゃんがおもしろがって、なにかと相手をしてくださいました。

注文はどうしよう。
前回が雙拼飯だったから、今回は三寶飯で。
オーダーを告げた舌の根も乾かぬうちに、サッと供される早業です。
こういう時、ほんとうに、厨房の中の所作を見ていたい…と思っちゃいますよね。
きっと、
確かな技と、鍛え抜かれたリズム感とで生み出される三寶飯。

ちゃあんと適度に脂がのっている柔らかな蜜汁叉焼と油雞と鴨。
数日前には、外賈で「蜜汁叉焼と焼肉」の雙拼飯を食したのですが、
いつも通り、焼肉の表皮がパリッパリで香ばしく、
肉と表皮がいたずらに剥がれたりしないしっかりしたつくり。
塩味が強すぎない肉は、うまみを堪能できて、飯の部分のお米も美味しく感じました。

仕事が丁寧&回転が速い…っていうことの表れと恩恵とのひとつなのでしょうか。

相手をしてくれるおばちゃんが『よかったら、タレ、もっとかけて!』と勧めてくださいますので、
テーブルの上に常備してある容器から、自分で好きなだけのタレをドバドバ。
つゆだく状態の三寶飯をゆっくりとたいらげて、灣仔の路地裏へと向かったのでした。

あのタレ、
お店で販売していたら、
きっと買い求めます。(笑)



b0201935_6311280.jpg


b0201935_632215.jpg


b0201935_6323480.jpg


b0201935_633201.jpg



                                                               emoticon-0104-surprised.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
お手数ですが、下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、応援クリックになり、うれしいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-08-27 06:36 | 香港食べ物

気持ちの安らぎは 器たちからもいただいているのでは?

b0201935_7241079.jpg




香港での朝、
毎朝そうするように、とりあえずホテルの部屋のTVをつけ、
翡翠台のニュースや天気予報を観ます。

最後のコーナーで必ず取り上げられる「世界天気」の中では、
8月などに滞在していると、
香港よりも、バンコクやジャカルタよりも、「東京」の気温が一番高かったりして。。。

もう、アジア圏内では、独特の蒸し暑さと高温の「東京」という印象。
その東京よりも、さらに気温が高くなるウチのエリアでは、
もう、ほとんど毎日が、これ蒸し風呂サウナ状態です。。。
ハア。。。

今朝も朝一番から、暑い暑い。
そんな今日は土曜日ですから、暑さにめげてばかりいずに、週末恒例の「食」記事を。
さ、
気を取り直して行きましょう~。(笑)




訪港中、
朝、または午前中にホテルの部屋を出たら、
夜までは部屋に戻って来ること無く、歩き回るウチの過ごし方。
それが十数日間の毎日ずっとですから、
知らず知らずの間に、かなりのエネルギーを使っています。

そんな中で、
午後の後半や陽が落ちた後に、
ふと入ってみる甜品舗は、
ホッとするオアシス。

乾いた口の中や喉だけでなく、
熱くなった食道や頭の中さえも、クールダウンしてくれます。

そこで出会える「器」の安らぎ。
たとえば、レンゲ。
できればプラスティックではなく、陶磁器のレンゲ。
そんなレンゲには、
口に運ぶ前も、口に運ぶ際にも、
その意匠に、独特のやさしさを感じますよね。

ほのかにヒヤッと冷たくて、角の無いぽってりした厚みがやさしい、陶磁器のレンゲ。
スプーンとは明らかに異なる、ほっこりする存在。

甜品の味わいの3分の1ほどは、
じつは「器」たちからも、与えてもらえているんじゃないかなあ…。
そんなふうに感じるデザートタイムです。



b0201935_7371790.jpg



                                                                emoticon-0110-tongueout.gif



お越しくださって、本当にありがとうございます。酷暑続く中、みなさまお身体をご自愛くださいね。
お手数ですが、カエルくんをポチリとクリックしていただけると、嬉しい応援クリックになります~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-08-13 07:40 | 香港食べ物

セパレートタイプも大歓迎な タレ(汁)かけご飯

b0201935_4244099.jpg


b0201935_4252064.jpg


b0201935_4255071.jpg


b0201935_4264784.jpg




あまり行儀が良いとは言えない、感心できない話ではありますが、
幼い頃から今に至るまで、
「白飯にちょろっとお汁をかけてガツガツ喰らう」ことが、好きです。

定番としては、
アツアツのご飯に、お味噌汁をほんの少しだけ垂らして…というパターン。
お味噌汁は、残りものでも十分です。
ああ…もう、ほんとに、昔のワンコご飯ですね。(笑)

他に、
煮物や煮魚の際にお皿に残る、うまみを吸った汁や、
焼肉のタレ・肉や野菜炒めなどの際の残り汁など…。

ね、
きっと、
きちんと躾を受けておられるかたや、
学校の先生・栄養士さんたちが耳にしたら、
眉をひそめるであろう、この食し方・この嗜好。。。(笑)
あ、
ちゃんとおかずに恵まれている時には、封印していますけれどね。



…で、今日の写真。
北角の春秧街沿いに建つホテルでいただいた外賈の1品。
蜜汁叉焼と焼肉との雙拼飯。(最後の1枚は、別な日の、燒臘が入った1品)

香港では、蜜汁叉焼飯というと、
一般的には 「のっけご飯」 になっている場合がほとんどでしょうけれど、
こちらの茶餐廳では、いつもこうした 「セパレートタイプ」 。
店内で食しても、外賈にしてもらっても、
ご飯はご飯・蜜汁叉焼は蜜汁叉焼で、分けられて供されます。

でも、その時、
やっぱりいつもタレが白飯の上に回しかけられているんですよね。

という事実を見ると、
香港のかたたちも、基本的にはタレ(汁)かけご飯がお好みなのだろうか?…と感じちゃいます。

タレのかかった飯は飯、蜜汁叉焼は蜜汁叉焼で、
別々に口に放り込みつついただかれるのでしょうか。

タレ(汁)だけでも旨い旨いと喰らえそうな、白飯。
うん、自分の嗜好と同じ(似てる)じゃあないか。。。(笑)
…行儀の良くない自分の食し方は、今後もまだ変えられそうにありません。
お恥ずかしい。。。



b0201935_4435257.jpg



                                                                emoticon-0127-lipssealed.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。お手数ですが、カエルくんをポチッとクリックしてくださると、嬉しいです~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-29 04:47 | 香港食べ物

舌触りも喉ごしも身体にもやさしい…水餃子を

b0201935_5164196.jpg




甜品舗のデザートでも、
麵にトッピングする具材でも、
麵飽餅店のローカルパンでも、
ウチはなにかと、「包んである状態のもの」が、好みです。

「餃子」も、そのひとつ。
餃子は餃子でも、
やっぱり昔から、「焼き餃子」よりも「水餃子」系の方を頻繁にオーダーします。
新界の果てに近いとある町の、山東餃子で、その美味しさに出会って以来、その傾向です。

きっと、
やさしく包まれた柔らかな皮越しに見ることが出来る「色」を楽しんだり、
歯応えもやわらかな一瞬の噛み心地や味わいや喉ごしを好むのでしょう。(笑)

具材の存在が色になって透けて見えるほど詰め込まれた、
トマト餃子やニラ餃子などのシアワセに出会ってからは、
ここ数年、
自宅でこしらえる餃子にも、
トマトなどをふんだんに包み込むようになりました。
セロリを取り入れたり、高野豆腐を取り入れたりして、混ぜ入れる…というパターンも、よくやります。

餃子をいただきつつ、
野菜も豊富に摂れる…という気持ちが美味しさにプラスされて、満たされます。



b0201935_5272219.jpg



                                                                emoticon-0102-bigsmile.gif



お越しくださって、本当にありがとうございます。
お手数をおかけしますが、カエルくんをポチッとクリックしていただけると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-23 05:31 | 香港食べ物

白飯にちょっぴり加えられた心配り ~菜飯の魅力~

b0201935_14564093.jpg


b0201935_14571047.jpg




日本は、月曜日が「海の日」で、三連休。
明日もお休みなので、
今日も、一昨日に引き続いての、飲食物モノです。(笑)



供されたご飯が「菜飯」だと、
嬉しさが増します。

なんとはなしに、
「日本のご飯」というイメージすら浮かぶ、「菜飯」。
『炭水化物やタンパク質と共に、美味しく野菜も摂ってね。』
なんて、
白飯の中に、ちょっとした心配りが加えられているかのような一品。

ずっと以前からリピートしている、北角の蕃薯苗は、
家庭料理が中心の気の置けないお店。
ほとんど女性ばかりのスタッフさんたちも、昔からなにかと親切にしてくださいます。

いつお邪魔しても、ご飯は菜飯。
かならず菜飯が登場するという安心感も手伝って、
「ただいまー。」っと、ついつい足を運びます。

初めて入るフードコートでも、思いがけず菜飯に出会うと、にっこり。
控えめに味付けされたご飯に後押しされて、
おかずをいただく箸の運びも、よりいっそう進みます。

色と味わいと心配りとがプラスアルファされた一膳。
…日本人だから、そう感じるのでしょうか。
中国圏でも、一般的な在り方なのでしょうか。



b0201935_159552.jpg



                                                                 emoticon-0155-flower.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチリと応援クリックしていただけると、励みになり、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-17 15:11 | 香港食べ物

汁なし麵「撈麵」の主役って やっぱり麵?

b0201935_718388.jpg




スープの中に麵が泳ぐ「汁麵」ではなく、
スープは別碗として供される、汁なし麵の「撈麵」。

日本だと、「そば・うどん」で、多少似たタイプの存在を感じますが、
中華麺の撈麵ってあまりお目にかかれませんよね。
ときどき撈麵のインスタント麺を目にすることがある程度ですが、
あまり売れないためか、そのうち棚から姿を消してしまうことが多いようです。

汁麺はキホンとしても、ときには撈麵もいいですね。

かきまぜつつ、箸でほぐし取り上げ、
はむはむ…と口に運び入れたくなります。

汁麺と違って「のびにくい」から、
同席の相手と共に、あれこれ会話を楽しみつつ、比較的ゆったりと食せるのも、
撈麵ならではの利点でしょうか。

考えてみると、
撈麵は、大好きな「のっけご飯」と同じ部類に入るのかな?

汁気のない麵(ご飯)の上に、
美味しい具材がのっけられていて、
「麵(ご飯)と具材の混ぜ合わせかた」が自分好みで自由に調節可能。

炭水化物好きな自分には、
のっけご飯と同じように、『撈麵の主役は、もしかしてやっぱり下にこんもりと控えている麵?』
って、思えてしまいます。
具材そのもの以上に、
具材で覆ってある麵(や飯)にこそ、魅力を感じて食べ進むことが、かなり多いんです。(笑)



b0201935_7131399.jpg


b0201935_713549.jpg


b0201935_7141686.jpg



                                                                 emoticon-0144-nod.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。カエルくんをポチッとクリックしていただけると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-09 07:16 | 香港食べ物

再訪したいけれど あえて せずにいます ~強記飯店の絶品2品~

b0201935_2062664.jpg




どこかのブログやガイドブックなどで知っていたわけではなく、
たまたま偶然に、飛び込みで入ってみたお店。

もう10数年以上前かもしれませんから、
月日はずいぶん経っているのですが、
今も変わらずに、灣仔にお店をかまえる強記飯店。

その頃、
フードコートや茶餐廳やファミレスに入れば、
まず当然のようにオーダーしていた蜜汁叉焼飯でしたが、
初めて入った強記飯店では、
叉焼飯ではないモノを あえてオーダーしたおぼえがあります。

お店の入口や、店内に掲載されていた、
「焼骨飯」や「乳猪飯」という文字に、
強くココロを引かれたからだったと思います。

お利口さんにも、写真1枚だけは撮り忘れることも無く、ちゃんと画像がこうして残っているのですが、
どちらの品も、食べたい衝動を抑えきれずに、たった1枚ずつ。(笑)

以来、
何度もお店の前を通りかかりつつ、
接待してくださった店員さんや看板メニューに変わりは無いかな?
…と、チラチラ観察しながら歩くのですが、
あまりに旨かった過去の体験が大きいためか、
あえて、リピートしていません。
へん?かな…。(笑)

「ときには、脱・叉焼飯!!」の原点ともなった、
強記飯店の「焼骨飯」と「乳猪飯」。
再訪して、オーダーする日は、来るのかどうか。。。



b0201935_20163052.jpg



                                                                emoticon-0138-thinking.gif



お越しくださって、本当にありがとうございます。
ランキング参加中です。カエルくんをポチッとクリックしていただくと、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-01 20:19 | 香港食べ物


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧