<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

いつも背景には空が

b0201935_12581370.jpg




香港島側に群生する高層ビルたちって、
昼間は、鏡のように互いを映し出し合い、
夜は、電飾のごとく互いに彩りを競い合い、
その高さやデザイン以上に、「着飾ること」が 好きなのでしょうね。

そこに建っていることで、
ビルたちは、
互いの存在を誇示し合っているようにも見受けられますし。

建物の“根元”に立って見上げていると、
ほんとうに近未来が日常になっているスゴさを感じてしまいます。

…とはいえ、
昼夜問わず、
いつでも その背景には、
いつの時代も変わらぬ「空」が控えていてくれるのですけれどね。

ウチのブログで、「夜景らしい夜景の写真」って、
今までUPしたこと、ほとんどありませんね。(笑)

他のサイトをお借りしましょう。
「香港夜景美術館」なら、コチラ です。。。


                                                               039.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-31 13:05 | 香港ふうけい

明かり の 魅力 や あたたかさ

b0201935_1722749.jpg




埋め込まれた電球が特徴的な、この“明かり”。
何処に設えられている明かりなのか、
イメージは、つきますでしょうか。

こうして、
この明かりと天井だけのスナップだと、
何処を照らし彩っている明かりなのか、思い浮かばないこともあるやもしれないほど、
さりげなさと素朴さとを持ち合わせている“明かり”。

…そう、
“照明”というよりは“明かり”と表現するほうが相応しい形と色合いですよね。


スターフェリーの下層階を染める明かりです。


いつも迷わず下層階に歩み進むので、うろ覚えなのですが、
上層階の照明の大部分は、電球ではなく蛍光灯ではなかったでしょうか。
ちがったかな?

夕刻~夜のヴィクトリア湾を航行するスターフェリーを眺めやると、
船体デッキの上半分は白い光、下半分はほんのりオレンジ色の光だったような気が…。


あの、トラム120番の明かり と 雰囲気が重なる、
やわらかで情感をともなった ともしび。

この 「明るさを極力抑えた やさしいともしび」 と、
湾と船内とを遮断するガラスが存在しないおかげ とで、
たゆたう水面(みなも)や、対岸の情景が、反射せずに 直に眺められます。

そうした諸々の理由から、
やっぱりいつも、
上層階よりも下層階の魅力の方を選び取ってしまいます。(笑)



b0201935_17351376.jpg



                                                               072.gif








“明かり”と言えば、
以前から胸の中にずっと灯っている、コチラのポスター。
自分の中でやわらかく点滅していて、今日も節電に努めています。

b0201935_17384049.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-29 17:46 | 香港のりもの

♪ The sound of HongKong ♫

b0201935_12135114.jpg




香港の 交差点あたり。
じつにさまざまな音が漂うポイントですよね。

ことに、
歩行者信号機が設えてある場所は、
クルマの発着音と、人々の声などと、この“歩行者信号機の電子音”が連動した、合奏状態。 ♫

人によっては、「すべて騒音っ!!」と 断言されるかもしれませんが、
あのリズムを切り替える電子音は、
自分には、“愛おしい音楽”です。(笑)







石塘咀のホテルに宿泊していた、とある冬の日の朝、
近辺の、信号という信号すべてが、
何かの故障で、全面停止していた時間帯がありました。

信号の灯りがともらないことは、なんでもなかったのですが、
電子音が鳴らなくなっている不自然な静けさは、
香港らしくなくて、
とても抵抗が大きくて、
そうとう違和感がありました。

やっぱり、
香港の交差点には、なくてはならない“愛おしい音楽”なのだと思います。
今日も、きっと、
あの大きな音を出すには、けっこう小さめな黒いスピーカーが、
人の目を集めること無く、
でも、
じつに多くの人々の耳に届くように、
任務を遂行しているのでしょうね。



b0201935_1237342.jpg


b0201935_12373681.jpg



060.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-27 12:41 | 香港ふうけい

元の姿のまま入っていることの魅力

b0201935_1716690.jpg




清湯ごしに、
1枚の牛腩肉(牛ばら肉)が、その姿のまま切られのせられている。
…この魅力って、
なんでもないようでいて、大きな魅力だと思われませんか?

一人分のお肉が、
切り分けられバラバラと点在している盛りつけ方ではなくて、
包丁を切り入れたそのままの1枚肉の姿で、盛られている…。

日本で、
例えばトンカツなどを「さあ、食べよう!」とする時と同じように、
自分の好みの部位から順に箸をつけ、つまみ上げることができますもん。(笑)

「端~中央~端 の順で並ぶ、元の姿のまま入れられ供される盛りつけ」って、
ときには重要ですよね。

その、持ち上げた部位の、
期待どおりの食感や 肉汁と清湯とが入り混じった味わいが、口の中に広がったり、
あるいは期待以上のものだったりしちゃうと、
思わず、ニンマリ。

日本の、シンプルで旨い そば・うどん も、大好きですが、
香港の、飾りっ気の無い 麵モノ の魅力って、大きいですよね。



b0201935_17261655.jpg



                                                             045.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-25 17:29 | 香港食べ物

味わいつつ 夜の街を歩こう

b0201935_18314333.jpg




とある冬の夜、
こんなふうに、
左手にスチロールカップ、
右手にデジタルカメラを携えて、
街歩きをしていました。

ふだんなら、
こうした片手のカップの中身は、
やわらかで芳しい、クリーム色の液体なのですけれど、
この時は、そうした咖啡(ガッフェ)や奶茶(ナイチャ)ではありませんでした。

かといって、
この色の液体は、
パシフィックコーヒーやスターバックスコーヒーのブラックコーヒーでもなく…。

唇にカップのふちを持って行き、液体に鼻を近づけると、
ほんのりと独特な匂い。
…そう、
「香り」と言うよりは、「匂い」の方が、言い得ているような。

街の涼茶舗で外賈にしてもらった、“薬茶”です。

訪港中に、太太が風邪をこじらせてしまい、薬を服用している間、
僕も旅の後半に、やや風邪の前兆を感じる日だったので、
半ばシャッターの降りかけている閉店間際の涼茶舗で、感冒茶を分けていただいたのでした。

感冒茶って、
涼茶舗のドリンクラインナップの中では、けっこういいお値段がするものですよね。
他のお茶の2倍~3倍弱のお値段。。。
そんなお値段 + 飲みにくさ = 効能アリ …という方程式が成り立つのでしょうか。
良薬は口に苦し。

翌朝は、カラダがスッキリと回復し、感銘を受けてしまったことを覚えています。




みなさんの周囲では、風邪はおさまっていますか?
ウチの職場では、まだまだインフルエンザが威力を発揮しているような状況です。

まだ数十万人の方々が強いられている避難所での日々の暮らし。
寒さの中での、風邪・インフルエンザ等の流行も心配ですね。
目に見えない心身のケアは、それこそこれから(も)手厚くなされていかねばならない現状でしょうし、
限られた空間の中での衛生面の改善も早急な課題だと思われます。


誰もがきっと考えていること、
長い目で見て考えての支援等はもとより、継続できる “自分に出来ること” 。
これからもそれを見出だし行動しつつ、被災地の復興をずっと祈っていきたいと思います。

そう思いつつ、
いろいろと考えましたが、
ここでは今後は、「香港でのあれこれ」 を 再び記していきたいと思います。



b0201935_18584148.jpg



063.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-23 19:08 | 香港飲み物

ラジオのチカラ

b0201935_15202935.jpg




震災が起きた当初、
当の被災地以外の場所では、
多くの人々が、TVという媒体を通じて、
その事実のほんの一端を目にし、情報を得始めることが多かったと思います。

TVには、TVでこそ出来る何かがあったと思いたい。

ただ、
時が経つにつれ、
番組によっては、TVから流される情報や在り方に疑問や限界を感じてしまったり、
当の被災地でどんな状況・方途で情報が発信され得ているのかを考えたりすると、
TVや活字以外での媒体に、気持ちが向きます。

ラジオには、ラジオでこそ出来る何かがあると感じます。

PCを通して、北海道から沖縄まで、全国津々浦々のコミュニティーFM放送が聴ける 「サイマルラジオ」 。
いつも聴いていた香港RTHKではなくて、
震災以降は、
この サイマルラジオ の
東北方面各局 ( FMいわきRADIO3エフエム会津 など ) を聴いています。




「声を掛け合いましょう。共に乗り越えましょう。放送はこの後も24時間、確実な情報をお伝えします。」

…抑揚のある、ゆったりした、耳にやさしい声で、何度も繰り返される最新情報。
語り手のほんのりとした笑顔が目に浮かぶような、おだやかな声。
多くの避難所の中や、孤立していてもなんとかラジオは聴ける状態にある民家の中で、
このライヴ放送の声は、小さく、でも、確実に、届いていたりするのでしょうか。。。

   医療施設開院情報・道路整備情報・店舗営業情報・安否情報・地震関連情報
   公衆無線LANフリースポット情報・自衛隊による入浴サーヴィス情報・今後の天候情報
   自衛隊本部からの情報・ゴミ収集情報・ボランティアセンター開設情報・水道局の給水断水情報
   復旧作業及び道路陥没情報・市及び各地区別災害対策本部からの情報・農家からの野菜販売情報
   郵便局からの情報・薬局及びガソリンスタンドへの依頼・地域別炊き出し情報・外国人向け災害放送
   環境放射能測定値情報・救援物資配布情報・避難所情報・市庁舎取り扱い業務情報
   国民保険証再交付情報・安定ヨウ素剤配布情報・教育機関からの情報・・・ほか。
   (内容は順不同です。今この数時間のうちにたまたま流された情報順でしかありません。)

   …それぞれの合い間に、曲が流され、語り手(ナヴィゲーター)の、あたたかな声が。

「声を掛け合いましょう。共に乗り越えましょう。放送はこの後も24時間、確実な情報をお伝えします。」




被災地にあっては、
今の日本にあっては、
どんな言葉がけが、あるとよりよいのでしょう。。。
better はあっても、best は存在し得ないのかもしれません。

でも、
まさに、当の地で流れ、耳に届けられている人の声は、
情報内容だけではなく、
心のケアにも迫っている存在なのかもしれません。




私ごとですが、
仙台市若林区の親類から、
ようやく連絡が入りました。
限られたあっという間の電話。
とにかく生きていることは分かった次第でした。
寒さからなのかあるいは……震えた声でした。

人の声。
なまの人の声。
避難所に、孤立した家屋に、
必要とされる人の声が届けられつつあることを祈ります。



b0201935_16143951.jpg



                                                                                   062.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-21 16:26 | おもい

それぞれの「卒業」

b0201935_20152634.jpg




この季節、
通常ならば、
園児・児童・生徒・学生たちが、
“学び舎”から巣立つ季節でもあるはずですよね。

関東以北の教育機関情報に触れてみると、
今回の事態を受けて、
学年終わりの修了式だけではなく、
学校・園の最大行事であるはずの卒業式さえ、
「中止」とせざるをえない現実も、多くあります。




そんな中で、
当該校の人間ではなくても、
今のこの時期だからこそ、
人々のつながり・絆に触れられる気持ちにさせてもらえる、嬉しいニュースも。

避難先になって久しい小・中学校で、
避難民のみなさんや自衛隊のみなさんで組んだ「手と手のトンネル」の中を
いい表情で卒業していく子どもたちや、
卒業式会場の学校上空を飛ぶ援助物資運搬ヘリの轟音に負けないように返事をし歌を唄う子どもたち…。

安全確保が難しいとされて卒業式を見合わせる大学が多い中、
関東では、
学生4人がツイッターで呼びかけたことをきっかけに、大学・学長まで広がった 「エア卒業式」 も。




今回、「卒業」という “学び舎からの巣立ち・独り立ちへの節目” を
残念ながら刻めなかった地域の園児・児童・生徒・学生たちも、
式典だけでは刻み切れない「希望・決意」などを胸にもち、
次のステップに進んでいけることを 切に願います。



b0201935_20345685.jpg



                                                               056.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-19 20:42 | おもい

今日・明日以降・自分に出来得ること…

b0201935_1895625.jpg




TV・ラジオ・新聞などで報道されている通り、
被災地では、
例えば救援物資などが、
必然とされる場所にまで、十分に行き届いていない現状もあります。
運搬燃料として、また、防寒対策燃料として。

道路などの復旧が進みつつある今、
ガソリン・軽油・灯油など油類の不足によって、
命を繋いだり、ライフラインをさらに整備したり、あらゆる場面で「復興のための燃料」が深刻な状態。。。

国からの援助物資はもちろん、
今のままでは、
日本全国から被災地方面に向けて懸命に援助物資などを運んでいるドライヴァーのみなさんのクルマも、
載せた願いをどこまで届けることが出来得るのか、不透明になって来てしまっています。

そうした周知の事実がある上で、
例えば1例として、各ガソリンスタンドでは、買占めに規制をかけていますよね。
そんな中、
とあるスタンドで、
規定量以上のガソリンや軽油をいれているヒトといっしょになりました。
言葉を掛けずにおられなかったけれど、なにも通じず。。。
情けない思いになりました。。。

友人・知人の会社では、
営業車をやめて、
バスや電車や自転車や徒歩で、外回りをするところもあります。

被災地では、
深刻な不足状態ゆえに、
消防車両などの緊急車両から燃料を抜き取っているという報道も聞きました。

いま、自分に出来ること。
今後、自分に出来ること。
正しい情報から、冷静に判断して、続けていきたいものです。



b0201935_18283410.jpg



039.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-17 18:36 | おもい

楽器たちが眠る店にて

b0201935_1723285.jpg




LEDの流れ移り変わるネオンになったり、
ネオンボードを大きく派手に直したり、
古きを取り外して新調する動き。
建物と同様に、新しく設えられる看板たち。

そんな中、
20数年前に初めてお邪魔して、
以来、
何度通って(かよって)みても変わらぬ、コチラの年季の入ったネオン看板。
香港ならではの民族楽器とピアノとを取り扱ってくださっている楽器専門店です。

店内2フロア・各コーナーには、
戲曲で使用する小さな拍子板や竹笛から、
笙・二胡・琵琶・楊琴・銅鑼…さまざまな楽器たちが、
時が止まったかのように佇んでいて、それぞれが試奏されるのを待っています。
音を絞りつつ、いつも少しだけ奏でさせてもらいます。

ずうっと昔に、奏し方をレクチャーしてくださったおじさんが、
今ではおじいさんになっていて、
なお お元気なのが、嬉し懐かしい空間です。



b0201935_17325766.jpg






今日は、
勤務先で、
昼休みの時間に、
ピアノに向かっていました。

ここ数日、このメロディーが何度も頭に浮かんでくるので。。。

映像は最近のものですが、
この曲がエポのCDに入れられたのは、もう19年ほど以前だったかと思います。







原発まで、予想外の展開になって来ていますが、
ここからどうなる。これからどうなる。なにが出来る。。。

自宅でも、職場でも、声を掛け合い、
節電・節水・チャリティーなど、出来ることから始めてはいますが、
加えて、
自分らしく生きていなくちゃ…とも、思って過ごしています。


                                                                060.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-15 17:41 | おもい

海ひとつで隔てられ隣接する ~日常と非日常も隣り合うのか~

b0201935_1614593.jpg




ファーストフェリーを境にして、
右手には、
手つかずの海原や、夕陽に染め上げられた大地が。
左手には、
埋め立てられ海際まで造り込まれたビル群が。

あとどれほどかの時が経てば、
右手は、漆黒の闇に包まれ、
左手は、商業ビルや住宅の灯りに彩られ。

…街が、海に隣接している風景って、独特ですよね。
人の手の届かぬものと、その正反対のものとが、同居していて。

日常の海の大部分は、
生命を育む源であり、すべてをおおらかに包み込んでくれる存在でもあるのでしょう。
でも、
今回のような非日常においては、
日常とは真逆の存在にもなり得てしまうのかもしれません。

非日常の事態が日々の営みに刻まれてしまった現在、
今出来ることや、各情報 ( あれこれ ・ それ など )に目を向け、動きたいものです。

各国の援助隊などが日本へ到着する中、
今PCから聴いている 香港RTHK でも、
ニュースと番組などの合間に、
「 Save JAPAN! We are Family !! 」
との、キャンペーンアナウンス&ソングを何度も何度も流しておられます。
異国からの支援の事実も、本当にありがたい今です。。。


                                                                051.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-03-13 16:29 | おもい


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧