<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ときどき味わう 美味しさと食べにくさ ~深井の焼鵞~

b0201935_7293699.jpg




九龍側の荃灣から、海峡沿いに西へ路線バスに揺られ、
青衣の方には渡らずに、
屯門や元朗へ抜ける屯門公路や青山公路をひたすら西進すると、
すぐに右手に通過していく村が、「深井」。
深井は、焼鵞で名を馳せた地でしたね。

一度は本家本元の深井での焼鵞体験をしてみるのもよい。
ただ、いかんせん、街歩きの途中で、空腹の限度を迎えてしまった。。。

…ということで、
深井からほど近い荃灣の街中で、
散歩中にお腹がすき過ぎて、ガソリン切れ寸前に陥った炭水化物星人。
荃灣街中別行動中に、太太が見つけて来ておいてくれたコチラのお店で、ランチを。

ガソリン切れ非常事態宣言が、歩き方や声によって表れる前に、
こうしていつも太太は、先手を打ってくれます。
毎度、感謝です。
ありがとう。

差し出されたメニューなど、ほとんど見ることも無く、
席につくと同時に、何も考えずにオーダーしたのは、
もちろん、コチラのお店の売り物の焼鵞飯。
テリテリに焼かれたガチョウがど~んとのっけられ、
まるでファストフード店のように素早く供されました。

たいへん香ばしく、
やわらかく、
お肉がたっぷりついていて、
おいしゅうございました。

焼鵞も、日本では、そう頻繁にはいただけないものですから、
蜜汁叉焼・焼肉・乳猪に次いで、チャンスがあれば積極的にオーダーします。
…ただ、
ときおりガチッと噛んでしまう骨(?)に、毎度食べにくさを感じます。
上手な食べ方、あるんだろうか。。。
焼鵞の食し方は、「まだまだコドモじゃのう~」の自分です。



b0201935_7465174.jpg


b0201935_747245.jpg



021.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-29 07:48 | 香港食べ物

そっと そっと 切り取らせていただきました

b0201935_20253663.jpg




街の歩道に出した簡素なイスに腰掛けて、
道行く人々の雑踏の中、
おじいちゃんの周りだけは、
なんだか、浮世離れした空気が漂っているかのようでした。

特徴的なこのお帽子と、
飾ることの無い端正ないでたちにお似合いの立派なひげが、
ずっと離れた位置からだんだん歩み近づくにつれて、
とても存在感をもって 僕に迫ってきました。

小さな声で朗読しておられたのは、
年季の入った1冊の本。
カバーがかけられた大切そうな本。
コーランの経典の類のようなご本なのでしょうか。
ここ香港の街では、イスラム寺院・モスク以外に見かけることの少ない文字。

こういう情景や祈りの姿を垣間見た時というのは、
なかなかレンズを向けるのは、難しいものです。
やっぱり、なんだか、ためらわれる。

ヒトの原風景に対峙しているかのようで、撮ってはいけないもののようで。

でも、
その姿に惹かれて、
ついつい望遠で2枚だけシャッターを押させていただきました。



b0201935_2033252.jpg



                                                                028.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-27 20:34 | 香港まちあるき

庶民的なお店に欠かせない お気に入りのワン・コーナー

b0201935_20595779.jpg




燒味店・麵屋・茶餐廳などの店内で、
こういうコーナーが必ずと言っていいほどありますよね。

肉を切り分けたり調理したりする厨房と、
私たちお客が入る客席側とを
細いカウンター1枚で隔てている、客席側のカウンター下部分。

こうして、
たいがい、
小さな棚に、段ボールや籠が仕込まれていて、
簡素な箸・ペナペナの蓮華・そして外賈用のカップのフタや、
ビニール袋やビニール袋の底に敷く段ボールの小片などが、
みっちりと入っています。

このコーナーが好きで。(笑)

服務員さんが、このコーナーから必要なモノを手際よく慣れた手つきで取り出して、
外賈の品を仕上げる様を眺めているのは、もっと好き。(笑)

koedaらしいって?
はい。
こういうの、大好きなんです。



b0201935_2163621.jpg


b0201935_2165951.jpg



060.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-25 21:07 | 香港ご商売

くずれた画も真実を伝える? ~蛋撻(タンタ=エッグタルト)のホロホロ感・フルフル度~

b0201935_8152037.jpg


b0201935_8155286.jpg




街角の麵飽餅店(パン屋)のショーケースの中で。
あるいは、焼きたてをそのまま置いて並べているバットの中で。
お店のどんな位置にあっても、ソレが置いてある一角は、
「幸せの黄色」の世界を形作って輝きを放っている 『蛋撻』 。

香港ならではの お菓子・ペストリー・点心 って、
いくつかありますけれど、
いろんなお店のソレを食べ歩いて楽しんだ歴史が、もっとも長い1品と言えば、
ウチの場合は、 蛋撻 です。

食べ歩き・食べ比べしながら、
生地には、なぜかパイ生地とビスケット生地との2種類が存在することや、
どれだけ比べてみる年月を重ねても、美味しい蛋撻にはキリが無いことや、
有名店での蛋撻が、必ずしも美味しいとは限らないことなどを学びました。



b0201935_8215745.jpg


b0201935_8222856.jpg


b0201935_823458.jpg




こうして、
街中を歩きながら、買い食いしつつ撮ってみたり、
持ち帰ってホテルの部屋で撮ってみたり、
昔からいろいろ試みてみましたが、
『蛋撻を姿・形良く撮るばかりがイイわけじゃない。』とも、学びました。(笑)

↑最後の2枚の写真のような、横着な持ち方をした時に、
まわりの生地の繊細さに対して、グッと重みのある具の部分の重さゆえに、
すぐに容赦なく、カタチ歪み崩れる蛋撻。。。

かじろうとして口に持って行く前から、
こうして掌や指をほんのわずかに動かすだけで、
すぐに容赦なく、カタチ歪み崩れる蛋撻。。。

…そんな、“画としてはキタナイ1枚”のほうが、
美味しい蛋撻のもっている独特の ホロホロ感・フルフル度 が出てるよなあ…と。(笑)




日本の中華街などで、ときどきお目にかかれる蛋撻、
なんだか、カタくてヒエヒエしてて、うまみが少なくて、別モノなんですよねえ。。。
そのわりに、お値段も高いばかりだし。。。
日本でも、これって、本格的に造れば、きっと受け入れられると思うのですが。
…やっぱり、香港ならではの1品に留めておいた方がいいのでしょうか。(笑)


                                                                063.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-23 08:32 | 香港食べ物

押…シンメトリーデザインの質屋さん

b0201935_20535228.jpg




シノワ で シンメトリー な家具や小物の配置は、昔から好みです。
今は、家の中にモノがあふれてしまっているので、
シンメトリー もなにもあったものではない状態に近づいてしまっていますが…。(笑)

左右対称の シンメトリーデザイン。
この質屋さんでは、
重厚な構えの店舗の入り口そのものも、
中央に配置された 囍(ダブルハピネス) の1文字そのものまでも、
美しくて落ち着きのある シンメトリー。

これで、
左右の窓口に、店員さんが1人ずつおられたら、パーフェクトなのですが、
しばらく見とれている間に目撃できた店員さんは、お一人でした。(笑)

それにしても、
香港の質屋さん、
古びた「押」のネオンの階下の店構えは、
宝飾店か銀行かのような、セキュリティーを強調した造りなのですね。
そうした物々しい店構えの中で、
「押」の店舗それぞれが、
独自の看板や店舗デザインでもって、
お店の個性や歴史などを競っているかのように感じます。

御用はないから縁をもてないけれど、
入口をくぐって、中の世界を垣間見てみたいような気持ちになります。。。



b0201935_214137.jpg



                                                               065.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-21 21:04 | 香港ご商売

買えるけど買わないコトの愉しみ

b0201935_19231288.jpg




こちらは、何年も前の1枚ですが、
こうして、店舗の棚や軒先で、
この「大好きな電球傘」が販売されているところに出会うまでに、
ずいぶんとあちこち探し求めました。(笑)

街市やさまざまな店舗の光景を彩るうえで、
欠かせない電球傘。

自分へのお土産として、今までに買い求めてきた、
「小心地滑の看板」や「廟のグルグル線香」や「茶餐廳のカップ&ソーサー」や「頭に付けるこうもり傘」etc 。
それらを自宅で照らし灯す 『〆の1品』 として、
買い求める機会を 今は静かにうかがっています。

手元にいつも置いておいて活用させたい気持ちと、
最後の砦としてまだ買い求めてしまわない方が良いのでは…という気持ちと、
半々。。。

手に取るたびに、
そんな半々の気分を愉しんでいたりします。(笑)
買っちゃうのは、容易いことだから、
機が熟すまで、もう少し待とう…と。

…そんな大袈裟なモノでもなんでもないのですけれどね~。(笑)



b0201935_19314236.jpg



                                                               028.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-19 19:33 | 香港くらしの雑貨

コンパクト or ラージ ~ルームサーヴィスありがとう~

b0201935_1051526.jpg


b0201935_10512518.jpg




摂取カロリーや太ることなんか、訪港する際には気にしてちゃダメ。
楽しく美味しく、香港をいただかないとね。♪

…いつも、そうは思ってても、
「10数日間の滞在中だけで、どんな変化が起こるのかねえ?」
と、
興味本位で乗ってみたヘルスメーター。

上の2枚の写真のスケールは、
西營盤のコートヤードバイマリオットホテルの各部屋に備えられているもので、
体重を測ったり、
帰り際の荷物を計ったりして、
目安にしていました。
どんな数値が出て来てても、「ふうん。。。」と思う程度でしかないのですが。(笑)

下の写真の年代物のスケールは、
なんだか、学校の保健室なんかに置いてありそうな、年代モノのしろもの。
ちょっと身体を壊していて、ドクターに「香港で食べ過ぎないでね」とクギをさされていた頃、
僕の部屋に持ち込まれたモノ。。。

上の写真のようなコンパクトなスケールを貸し出してもらえるようにルームサーヴィスに電話したら、
当時泊まっていたホテルの部屋の中からでも聞こえるような、
ガラガラ~ゴロゴロ~という豪快な重低音を響かせつつ、
廊下づたいに「ソレ」が近づいてくることが分かりました。。。

嫌な予感は的中して、
その音は、ウチの部屋の前で止まり、
ノックの音でドアを開けたら、満面の笑顔のおじちゃんスタッフとこのスケールが直立不動で。。。

おごそかに部屋の中に運び込まれ、バスルームにセッティングしていただけました。
太太と2人で、ニコニコしつつ丁寧にお礼を伝えるしかありませんでした。
尖沙咀のマルコポーロホテル、今でもそうなのかなあ。。。
20年以上前の、ステキなルームサーヴィスでした。



b0201935_1171266.jpg



                                                                 009.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-17 11:09 | 香港ホテル

屋内で&ヒルサイドエスカレーター脇で ~中環の鏞記酒家雙拼飯を食す~

b0201935_20181468.jpg




なんとなく、先入観だけで、
敷居が高く感じていた、中環の焼鵞のお店「鏞記酒家」。

そんな先入観を払しょくしてみよう…と思い立って、
「ランチタイムだったら~」(もうこの時点で十分に弱気ですが)と、
Tシャツ・短パン姿で初めて潜入したのは、10数年前の夏。

ででーんと置かれた丸いテーブルでただ一人、
のっけご飯をオーダーし、
そんな僕にもちゃんと供してくださった 突き出しのピータンと共に、
何の遜色も無いサーヴィスを受け、
気持ち良くいただいて来た記憶があります。

その何年後かに再訪した時には、
正面入り口ではなく、左脇にある外賈部専用の出入口から入って、
雙拼飯をテイクアウトし、
ホテルの部屋へ持ち帰りました。

お味もお手ごろ感も、
このお店としては十分だと思いましたが、
いちばん印象的だったのは、ご飯が美味しかったこと。
とてもとても美味なお米でした。

それに味をしめて、
ホテルに持ち帰るまで我慢が効かなくなってしまい、
店のすぐ近くの、ヒルサイドエスカレーター脇の公衆ベンチで、
外賈の箱を膝に乗せつつガツガツいただいたことも。(笑)

せわしなく道路を行きかうクルマや、
多種多様な人々が乗せられていくエスカレーターを眺めつつ、
外のベンチでいただく白飯も、
やっぱりとても美味しかった記憶があります。

あ、
焼鵞のお店なのに、焼き物の印象をまったく語れていませんね。(笑)
でも、ほんと、焼き物よりも、
ご飯の美味しさの方が際立っていた印象が鮮明に残っているのです。



b0201935_20285341.jpg



                                                                019.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-15 20:30 | 香港食べ物

振り仰げば いつもそこに グルグル線香

b0201935_18493290.jpg




街・町・村の、そこここに点在する廟(寺院)。
それぞれの廟の天井から、いくつもいくつも吊り下げられている線香。
ウチでは“グルグル線香”と 呼んでいます。

サイズは小~特大までいろいろありますが、
そのサイズ=長さ によって、
1週間~1ヶ月単位で燃え尽きるというように、
ゆっくりゆっくり時を経ながら、
ゆるりゆるりと煙を引きつつ、焚かれていくのですよね。

人の祈りの息の長さや、
気負わずせくことの無い 願いのスタンスの長さを象徴するかのように、
ゆっくりゆっくり、
ゆるりゆるり。

そんな魅力に惹かれて、
訪港するようになってから何年かの間は、
廟を訪れるたびに、いつも決まって上を仰ぎ見て、
歴史の刻まれた廟の空間に揺れるグルグル線香ばかりを見つめ、
飽くことなくカメラのレンズを向けていたように思います。

それだけでは満たされなくなったある年には、
“蚊取り線香”のように折りたたまれた、このグルグル線香を
街の店舗(梁永盛など)で買い求め、
手に携えて帰国し、
自分の部屋の天井から吊るしてみました。

美しい煙の軌跡こそ生み出したことの無い、自分の部屋のグルグル線香ですが、
20年近く経った今も、
こうして向かっているPCの真上で、
日々の暮らしを穏やかに見守ってくれています。



b0201935_1902421.jpg



                                                               039.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-13 19:01 | 香港ふうけい

ワンコのためのイスとテーブル

b0201935_2056136.jpg




冰室や士多や茶餐廳の出入口外に、
1~2席ほど設けてあるイスとテーブル。
喫煙を愉しみながら飲食するための計らいだという印象が大きいですけれど、
こういうコトでもあるわけですね。

ワンコのためのイスとテーブル。
直接的には、ワンコはイスもテーブルも利用しないけれど、
でも、やっぱり、
ワンコのためのイスとテーブル。

昔は、香港の市街地で、飼い犬を見かけることって、
とてもとても少なかったのですが、
この20年前後の年月の中で、
犬や猫をとりまく環境が大きく進展したこともあり、
街のそこここで、
小型犬はもとより、大型犬さえも、見かけるようになりましたよね。

こちらのご主人と同じく、
このワンコもまた、
この歩道のこの定位置が、落ち着く馴染みの場所なのでしょうか。
ずっとお利口にして、佇んでいました。



b0201935_211196.jpg



037.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-11 21:02 | 香港まちあるき


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧