<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

5H$で夢を買おうNo2 ~ポーチャイファン迷の証~

b0201935_18551311.jpg


b0201935_1856296.jpg




今年の3月くらいには、
それまでストックしていたお米(金象牌泰國頂上香米)が底をついてしまったのですが、
以前から仲良くしていただいている ひとみさん(こちらあちら) が、
まさにこのお米やら、中華臘腸やら、たくさんの香港食材を
日本国内から送ってくださいました。
香港のお友達から頂いたモノたちを分けてくださったようです。
まさに、シアワセのおすそ分け。

インスタント麺やら調味料なども梱包してくださって、
そのお品の数々は本当に嬉しいのですが、
分けてくださること・送ってくださることの、そのお気持ちに、ただただ感謝するばかり。。。

めでたくお米が我が家に嫁いで来てくれたので、
最近また復活している 「ウチごはんで煲仔飯(ポーチャイファン)」 を楽しませていただいています。

煲仔飯迷のウチですから、
かの地に出向けば、
七仔(セヴンーイレヴン)などの店頭で、いつもガチャガチャ。

「今日はこれくらいで止めておく?」…写真上の2枚。
のはずが、
おめあてのモデルがやっぱり出てこないかなあ…と未練が募ってあちこちで試し続け、
「もう、ホントここまでで打ち止めにしよう。。。」…写真下の2枚。
という、限界ぎりぎりまで、運だめし。

たとえ同じモデルが2個以上出てきてしまっても、
きっとそれらは、ウチに来てくれる運命にあったモデルたち。
1個1個を大切に持ち帰り、
香港関連の小物達にくっつけています。

ホテルにシーツの上に広げて、
1回につき5H$ で夢を買わせてもらえたモデルたちと、記念撮影。
シーツが緑色だったならば、まさにビリヤードのようですよね。(笑)



b0201935_1991072.jpg


b0201935_199407.jpg



037.gif065.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんのバナーをポチッと1クリックしてくださると、ランキングに反映されます。お願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-31 19:12 | 香港くらしの雑貨

中華食器との出会い・再会

b0201935_924397.jpg




ウチの太太は、中華食器が好みです。
僕用やお土産用として、メラニン製を買い求めることもありますが、
彼女自身がお気に入りとして探し出して求めてくるのは、陶器製のもの。

80年代後半~90年代などは、
それこそ、
佐敦の裕華百貨や、
中環や北角のCRCなどの、
中華系デパートで手にすることが多かったのですが、
最近は、
そうしたデパートではお目当てのものが消えてしまっていたり、デパートそのものが無くなっていたりで、
なかなか古のデザインの陶器製食器には出会えなくなってきました。

現在は、もう、
デッドストックのような商品に出会うことが出来るのは、
街角の小さな個人商店であったり、名も無い家品舗だったりします。

「あっ!!」と、
嬉しそうに足を止めて腰をかがめ、慈しむように手に取る食器。
このごろは、小さなものに特に目が向くようです。
好きなモノが埋もれている予感みたいなものって、
嗅覚でピンとくるんでしょうね…独特のアンテナが感じるのでしょう。

中環の事百機。
北角の何蘇記。
堅尼地城の隆盛祥合記や呂成記。
その他、名も無い家品舗を含めると、
お馴染みでご贔屓のお店は、香港島だけでも10件ほど。
いつも訪れる新界地区も加えると、けっこうな数かもしれません。

この日も、デッドストックの昔懐かしく珍しい出品を西營盤の散歩中に見つけ、
店舗の前に放り出された特価品の箱の中を
まるで宝物を発見したかのようにそっと手を伸ばし吟味する太太なのでした。


                                                               001.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチッとクリックしてくださると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-29 09:45 | 香港くらしの雑貨

ささやかな存在ながらも インパクト大きな名脇役 ~ネギだれ~

b0201935_19535732.jpg


b0201935_19545677.jpg




上の2枚のスナップの中の、ほんの一部分が、
今日の主人公です。

写真写りも、パックやお皿の中で占める面積も、
本当にささやかなのですけれど、
コレが入っていると、
味が格段にキリリとひきしまる、小さな脇役。
ちょこっとあるだけで、
ほんの少しつけるだけで、
大きく味が変化する、小さくて大きな脇役。

羗葱油。
ネギだれ。

これをまずはつけずに、お肉をいただく。
次に、少しずつのっけて、お肉をいただく。
旨さのあまり具材だけ先に食べ進み終えてしまったら、
とっておいた白飯にとりまぜて、かきこむ。。。

羗葱油。
ネギだれ。

日本では再現することが難しいイメージのある「香港の たれ・調味料」の中にあって、
比較的カンタンに家庭でも手作り出来ちゃう羗葱油。

ウチでは、
チキンの無い日であっても、
コレを多めにこしらえてもらって、
ジャポニカ米に取り分けて食す日がしばらく続きました。

あ、
香港で、この羗葱油が自動的には添えていただけない蜜汁叉焼飯や焼肉飯・乳猪飯などの場合にも、
「羗葱油つけてくれません?」って、お願いすることのできる方法を
ジュンペイさんにもう1度教えてもらっておかなくちゃ。(笑)
その店の常連になるしか、方法は無いのかなあ。。。



b0201935_2059100.jpg


b0201935_2055483.jpg



018.gif



今日もお越しくださって、本当にありがとうございます。
下の カエルくん をポチッとクリックしてくださると、励みになります。よろしくお願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-27 20:08 | 香港食べ物

グビグビ…といけずに、 グビ。 ~涼茶舗にて~

b0201935_185347.jpg




万全でやってきた自分の体調も、
もしかしたら、
はりきりすぎ・はしゃぎすぎ・あそびすぎ…で、
少々おつかれ気味かもしれない滞在中。

「ん?風邪を引きかけている前兆かな?」
と、
少しでも疑わしかったら、
すかさず涼茶舗で「お薬補給」。

感冒茶が届いたカウンターには、
店員さんがすかさずシロップも置いてくださいましたが、
カロリーオフと意気がる自分とが働いて、
今日もシロップをかけずに、グビ。

グビグビ…といきたいところですが、
けっこうな苦さ。
「う~ん」と顔の表情だけで、声には出さずに唸りつつ、
片手を腰に当てる演技も忘れずに、
グビ。

途中で2度3度と止まっては、グビ。

グビグビ…とは、なかなかいかないうちは、
まだまだ修行が足りません~。



b0201935_18594869.jpg


b0201935_1902537.jpg



033.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、励みになります。お願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-25 19:02 | 香港飲み物

これは残しておいていただいたらよかったのになあ ~古の中環のフェリー埠頭~

b0201935_5571568.jpg




いつのころからだったか、
屈強そうな青い鋼鉄の支柱がジグザグ模様で囲む歩道がヴィクトリア湾に向けて建設され、
天星小輪(スターフェリー)の中環の埠頭は、
その青い鋼鉄に囲われた歩道を延々と歩かねばならない場所にまで移築されてしまいました。

さらには、
移築された中環の新しい碼頭は、
それまでの “丸みを帯びた ガラス窓すら味わいを感じる趣きのある建屋” ではなく、
どっしりがっしりスクエアな乗船場へと大きく変身。。。

上の1枚は、
中環の埠頭が、
まだ昔の場所に、「おなじみの色・形のまま在ってくれた当時」のショットです。

こうして、ほら、
ベーシックな色の船体と埠頭とが並びたたずむ情景を思い出すと、
象徴的なホンコングリーン&ホワイトと、柔らかな曲線とが、いかにもやさしげ。

この形の埠頭を辛うじて残している尖沙咀側の建屋が、
企業広告の都合で、ベタベタに塗り替えられてしまっていく今、
天星小輪らしさを懐かしみつつ眺められるのは、
昔の写真の中にしかなくなってきているのかもしれません。

残しておいてもらえたらよかったのになあ…。
古の天星小輪中環埠頭への想いがあって、
ずっと使っているこのブログスキンのヘッドフォトの中に、
3レーンが記されている天星小輪の中環埠頭の以前の地図を入れています。

先端が丸みを帯びている古の埠頭。
ちゃんと地図の中でも、よ~く見ると、先端が丸くなって記されているんです。
…横長のヘッドフォトの真ん中列左よりの中の1枚。
見てとっていただけそうですか?(笑)



b0201935_6101834.jpg



                                                               039.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ポチッとカエルくんのバナーをクリックしていただけると、励みになります。よろしくお願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-23 06:13 | 香港ふうけい

四季豆は いかがでしょうか

b0201935_836991.jpg


b0201935_8373297.jpg




こうして、
異なる店での四季豆の写真を並べてみると、
それぞれの店での四季豆の 味・食感 が、よみがえります。

今日ここにUPしてみたのは、
とある年の訪港中に、日をおいて食した四季豆の写真ですが、
自分ながら、この時のレンズを向ける想いを思い起こすと、
無類の「四季豆好き」。

こういう時、メインとして、他に何かお肉などをオーダーしているのでしょうが、
ココロの中では、
メインはあくまでも四季豆だったりして。(笑)

きっと多くのかたがそうされるように、
訪港中は、
1日の中で摂取できる野菜を少しだけ心がけてオーダーに混ぜ入れることをしています。
メニューの中に四季豆が掲載されている場合には、ウチはこれを。

…ただ、
郊外油菜とちがって、
油分やカロリーの多さが、ちょっとだけ気になる1品ですよね。(笑)
あ、
4枚も載せたら、ちょっと胸やけしそう…かな?
失礼しました。。。



b0201935_8434542.jpg


b0201935_8441788.jpg



011.gif



お越しくださってありがとうございます。
ポチッと下のカエルくんバナーをクリックしてくださると、励みになりますし嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-21 08:47 | 香港食べ物

ワンコとニャンコの一瞬芸 ~客家の村落にて~

b0201935_19224610.jpg




郊外の町「元朗」の中でも、
町の賑わいとは離れた東端のあたりに、
今もなお古くからの家屋が城壁の中にそのまま残されつつ、
何十世帯の人々が生活を営んでおられる村落があります。

元朗の舊墟(ガウホイ)。
17世紀後半の清朝時代に建設されたという、
香港で一番古い客家の村落の名残です。

村の入り口を象徴する、趣きのある門から1歩中へ入ると、
塀に囲まれた村落の中には、何本もの細い小路が。
唐樓などの背の高い集合住宅は一切無く、
歴史を刻み込まれた一軒家が寄り添い建ち、
迷路のような路地を生み出しています。

そう、
一軒家ばかり。
新界の郊外や離島へ行けば、当たり前の一軒家も、
都市部では、皆無に等しいですものね。
家屋の庭先で番をしているワンコが居る光景も、しかりです。

ただ、この村落のとあるご家庭のワンコは、
珍しいことに、前脚にスニーカーを履いていました。
これまた、都市部ではお目にかかれない、なんとものほほんとした光景でした。(笑)



b0201935_19324219.jpg




冬の午後の穏やかな日差しの中、
今も人々が暮らすこの村落を散策していて、
クルマの上でまどろむニャンコとも、遭遇。

気配というのは、やっぱり伝わってしまうのでしょうか。
右手に持っていたカメラを持ち上げて電源を入れると同時に、
ニャンコが起き上がりました。

その直後、こんなに美しいみごとな「のび」をするなんて。
予測さえしていなかった僕は、
立ち上がったニャンコを撮ろうとしたつもりでシャッターをパチリ。
意図せず、一瞬の「のび」が、このとおり記録されました。(笑)

できることならば、
カメラのモニター越しにではなくて、
この目で直に、この子の「のび」を鑑賞したかったな…と思った一瞬芸でした。

村落の中には、じつに緩やかな時間軸が残されているようです。


                                                                059.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のバナーをポチッとクリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-19 19:56 | 香港まちあるき

補助輪つき自転車は 離島ならでは?

b0201935_19494921.jpg




もう、どれほど以前だったかは忘れてしまいましたが、
離島で、この光景を初めて目にした時は、
「あ!!スクープ!!」と色めき立ち、
走り去る補助輪つき自転車を小走りに追い掛けつつ、
その後ろ姿に、慌ててレンズを向けました。

なんだか、とても、微笑ましくて。

ところがそれ以降、
コチラの離島では、
たびたび同じように補助輪つき自転車に遭遇し、
例外なくと言ってもよいくらい、
子どもではなく「大人の皆さん」がそうしておられる光景を目にしました。
島を訪れた観光客の皆さん用のレンタサイクルはごくごく普通の二輪なのですが、
島在住の方々が利用しておられる姿を拝見していると、
なかなかの確率で、補助輪つき自転車が多いようでした。

緊急自動車以外は、あまり存在せず、
いわゆる「クルマ」がほとんど走っていない離島。
ときどき見かける「クルマ」も、
いわゆる一般的な乗用車やトラックではなく、
とっても小さな、ミニカーのような四輪車。
移動手段や運搬手段の必需品として「足こぎ三輪車」などが目立ちますが、
こうした補助輪つき自転車も、相当数です。

補助輪の付いていない、いわゆる「二輪自転車」とちがって、
補助輪つき自転車は、走行音がわずかながら賑やかですので、
走って来るとすぐに分かります。
そのたびに、ついついそのお姿を眺めてしまいます。



b0201935_19585976.jpg


b0201935_19592837.jpg



補助輪つき自転車をはじめとする「自転車」以外だと、
こんな雰囲気で、三輪車や四輪車が、島の道をトコトコと走っているステキな光景。
市街地からフェリーに乗って離島にお邪魔すると、
ほんとうにホッとします。(笑)



b0201935_2054895.jpg


b0201935_2063821.jpg



043.gif


今日もお越しくださって、ありがとうございます。
ポチッと下のバナーをクリックしていただけると、励みになり、嬉しいです。よろしくお願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-17 20:08 | 香港離島

City Flyer ならではの 電光表示

b0201935_9293329.jpg


b0201935_9301495.jpg




香港機場に降り立つことができて、
諸手続を通過できて、
市街地行きのバス( City Flyer )の荷物棚にカバンを上げた時、
ようやくホッとくつろげますね。

ホテルのチェックインまでの3~40分間は、
しばしのリラックスタイム。
腰をかけて車内前方に目を向ければ、
お約束の電光表示。

そのバスのルートや停車場、および、近隣のホテル案内と共に、
幾度か流れ映し出される「 Welcome to Hong Kong 」。

「ようこそホンコンへ」…何度流してもらっても嬉しいメッセージです。(笑)
「おかえりホンコンへ」…ついついこう読み取る自分です。(笑)

街中の路線バスの電光表示だと「 Welcome Aboard 」・「歓迎乗搭」が交互に出ますが、
「 Welcome to Hong Kong 」を流してくれるのは、
空港路線のシティーフライヤー(城巴機場快線)だけですよね。

「ならでは」…です。



b0201935_942137.jpg



                                                                038.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ポチリと応援クリックしていただけると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-15 09:43 | 香港のりもの

盅飯(チョンファン)を外賈(テイクアウト)するときの 大きな魅力

外賈用のパックに、詰め替えてからタレをかけてくれるタイプ。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
b0201935_2094330.jpg


外賈用のパックに、詰め替える前にタレをかけてくれるタイプ。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
b0201935_20111948.jpg




その具材やタレやお米などが独特で、
日本の日常の中では、なかなかマネることが難しい、大好きな1品。
盅飯(チョンファン)。

多くの店で扱われている盅飯というと、
「豆豉排骨飯」や「冬菇鳳爪飯」などをはじめとする4品ほどでしょうか。

その種類に加えて、
湯気の上がる蒸篭からソレを取り出す様も、
外賈(ホイマイ=テイクアウト)の時にスチロールパックに移し替える際の手順の違いも、
店によってそれぞれの特徴が楽しめるのが盅飯です。

外賈する場合には、
こうした“食べる前に味わえる楽しみ”があるのですが、
蒸篭の中から取り出され、移し替えられる時に1度外気にさらされてしまって、
店内で自らタレをかけ壺(器ですけれど)から直接食べる場合よりも、
冷めやすくなってしまうコトだけが、少しだけネックですね。(笑)

そう思いつつ、
店によって、店員さんによって、外賈盅飯をこしらえてくれる所作や手際の良さなどを見るのが興味深くて、
ついつい、外賈にしてもらうコトが圧倒的に多い我が家です。

ホテルの部屋に持ち帰って、パックのフタを開けた時、
外賈だと、実にいろんな表情がありますし、タレや具材のからみ具合やのっかり具合が異なるんですよね。
…詰め替えてから、タレをかける。
…詰め替える前に、タレをかける。
さあて、どっちがお好みでしょうねえ。(笑)

いずれにしても、
詰め替えの「儀式」、ハフハフ食す外賈の盅飯、
儀式もお味も、楽しみたいなあ~。
…盅飯を店内で食す時の楽しみは、またいずれ…。



b0201935_2025470.jpg


(…写真は、どれも、写真上でクリックしていただくと、大きくなります…)

                                                                023.gif



お越しいただけてありがとうございます。
ポチッとバナーをクリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-05-13 20:29 | 香港食べ物


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧