<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

大量配達 ~赤柱の茶餐廳のお昼どき~

b0201935_19265984.jpg


b0201935_19274834.jpg




歩道を急ぎ足で歩く配達のかたや、
トラムや自転車などを使って、ある程度の量を配達するかたが、よくおられますけれど、
かなり大量の弁当や飲み物などを効率よく配達するとなると、
お店の名前のロゴが記された大きめのワンボックスカーが登場し、
運転席と助手席以外は、すべて配達品で埋まる…というダイナミックな光景になります。

昼時に赤柱を散歩していて、
店舗を覗いてみたら、
かなり広い店内が、
ざわめきの中、フロアも厨房も大忙しの様子。
みごとに男衆で満席だった「赤柱餐廳」。

大きなワンボックスカーが停められている表通りまで、
大きな段ボール箱を手にした店員さんが、
小路を何度も往復して、外賈弁当を積み入れておられました。

店を諦めて出てきたら、
そんなクルマに遭遇し、
開け放たれたドアから、
もれ漂って来る弁当の香りで、ノックアウトされそうになりました。(笑)

こういう大量配達を見ると、いつも思うのですけれど、
どの人の弁当がどれなのか、
どうやって見分けをつけるのかなあ。。。
写真にも映り込んでいますけれど、
箱の外蓋に中身が書いてあったりするのをアテにするのでしょうか。

配達も大変だけれど、
職場でこれを的確に分けるのだって、
そう容易い作業ではないような。
でも、
みなさんから待たれるそんな担当、やってみたいような気もします。
学校で言うところの、「給食当番」ですものね。
光栄な、大役ですもん。(笑)



b0201935_1936552.jpg



emoticon-0110-tongueout.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-29 19:39 | 香港ご商売

出来ることならば この先ずっと体験したくない一瞬

b0201935_2026186.jpg




日本では、
じつに2分に1件の割合で多発しているという、
追突事故。

ほんとうに、
体験したくないものですよね。

する側にも、
される側にも、
なりたくはない、辛い体験です。

香港島は西營盤の湾岸沿いの自動車専用道路。
大きな事故につながってしまわなかったことが、
不幸中の幸いでしょうか。

白バイがワラワラと集合して来たと思ったら、
処理車もスピーディーにやって来て、
30分後には、ふだんどおりにタクシーやミニバスが疾走していました。
救急車はやって来た気配がなかったようでしたから、
怪我をされたかたはおられなかったのかもしれません。

自分が気をつけること。
でも、
自分が気をつけていても、もらい事故に巻き込まれることも多々あります。
いずれにせよ、
クルマやオートバイなどに関わる以上、
異国であれ日本であれ、気を遣い、気配りをして暮らしていきたいものですね。



b0201935_20322533.jpg



emoticon-0106-crying.gif



今日もお越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチッとクリックしていただけると、ランキングに反映されます。ありがとうございます~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-27 20:34 | 香港ふうけい

早朝から店頭で記念撮影し ホテルに帰着するまでに減ってしまうパン

b0201935_6405989.jpg


b0201935_6413047.jpg




香港在住の日本人のかたが、日本のパンやペストリーを欲するように、
「日本の日常の中にも、香港のあのしっとり柔らかで甘いパンがあればいいのに…」
と、
叶わぬ願望を持ち続ける自分。。。

とある年の冬、
毎朝のようにかよった石塘咀の西端の麵飽餅店(パン屋)のパンにハマり、
あまりに美味しかったので、
ホカホカ出来たてを店の外のショーウィンドー越しに撮影し、その場でパクついていた朝でした。

この麵飽餅店、「家族操業」で早朝からみなさんで切り盛りしておられるお店でした。
店内や、店の奥の工場の雰囲気が、なんだか毎度微笑ましかったり心地よかったりしたことも、
気に入った要因のひとつかもしれませんでした。

店の前で、すぐにパクパク。
ホテルに帰り着く頃には、
買い求めたパンは、「ぐるぐるココナッツロール(ウチの呼び方)」など、たった2個のみ。。。
蛋撻や菠蘿飽などを含めて6個以上は買い求めた筈なのですけれど。(笑)
太太に笑われました。

日本だと「ことのほか無類のパン好き」というわけではない自分。
そんな自分をいつも虜にする、香港の麵飽餅店のパン。
おそるべし。



b0201935_6514198.jpg


b0201935_6521114.jpg



emoticon-0162-coffee.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ランキング参加中です。下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、とても嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-25 06:54 | 香港食べ物

花屋さんでの楽しみ ~果物屋との共通点もありますね~

b0201935_18435473.jpg


b0201935_18441616.jpg


b0201935_18443710.jpg




色も形も、じつにさまざまなフルーツに恵まれている香港。
それだけではなく、
日本と違って、それらがとても安価なお値段で手に出来る。

そんなフルーツ天国の香港って、
同時にフラワー天国っていうイメージとも、重なります。

九龍のフラワーストリート。
花の問屋街のみならず、
街・町の、そこここの花屋さんでは、
フルーツと同じく、多種多様な花々に囲まれて、
時が経つのをしばし忘れることが出来ますね。

いつだったか、かつても記したことがあるかもしれませんが、
ウチのささやかな夢は、
こうした花々のどれかを買い求めて、
滞在する間ずっと、ホテルの部屋の中に活けておくこと。

毎回必ず買う5ℓペットボトルなどだったら、
その上部をナイフで切って、フラワーベースにすれば、すてきな一品が出来るはずです。
いつでも実現可能なのでしょう。

…ただ、
「ぜひ、そうしよう」と毎度思っていながら、
気がつくと、花屋の前をスルーして、飲食店方面に歩いて行ってしまうのが現実。。。
これじゃあ、アカンですね。

そうそう、
フルーツショップとフラワーショップとの共通点としては、
それぞれのお店に、看板ニャンコが多いこともあるかも。

花屋街のこのニャンコたちは、
街市や乾物屋街のニャンコたちとはひと味異なった香りの中で、
日々の暮らしを楽しんでいるのかもしれませんね。(笑)



b0201935_18544288.jpg


b0201935_1855090.jpg


b0201935_18552580.jpg



emoticon-0136-giggle.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、うれしいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-23 18:57 | 香港ご商売

急いでいる時には 回避しましょう (笑) ~ホンコン・パラソル~

b0201935_20495416.jpg
 



みなさんがお住まいの地域では、
「市(いち)のたつ日」などは、あるのでしょうか。

神社の参道沿いや、
商店街の一角などに、
月に何度か決まった日だけ仮設テントがはられ、開催される「市」。

ウチの近場でも、
地域の天神神社の参道沿い~境内の中に渡って、
毎月「3のつく日にち」には、
さまざまなものを商う「市」が、たちました。

専門店やSCへ出向けば、今でこそ、何でもたやすくオトクに入手できますが、
市の独特な魅力って、ありますよね。

日本の市と異なって、
賑わうビーチのように、カラフルなパラソルが乱立し、
毎日が市場状態の、香港の露店。
歩道が歩道ではなくなり、公共スペースがすべて個人の商いスペース。(笑)

ある種の覚悟や勇気を伴なって突入していかないと、
なかなかくぐり抜けられそうにない、独特な「市」ですよね。(笑)
先を急いでいる時には、歩道では無くなった歩道を避けて、
車道をクルマに気をつけながら歩きつつ、前へと進むしかありません。



b0201935_20583139.jpg



emoticon-0141-whew.gif



今日もお越しくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のカエルくんをポチッとクリックしていただけると、うれしいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-21 21:01 | 香港まちあるき

お変わりなくしておられる様子を拝見して安心したりします ~香港の都会にて~

b0201935_9464589.jpg




いつ、何度、そこを通りかかってみても、
10年以上、
いや、
間違っていなければ、
覚えている限りでは20年近くは、
ずっとその場所で、ささやかにご商売を営んでおられるかたがた。

訪港するたびに、
ついつい 「お変わりなく?」 と、
たしかめに出向いてしまったりもします。

ここは大都会 「中環」 のまん真ん中。

行きかう人々の絶えないスクランブル交差点の真ん中で、
歩行者信号が青になるたびに、
ジャスミンの花を売り歩いているおじいちゃん。

そこから少し上環方向に歩いた、ビルとビルの谷間の隙間に、
ミシンや棚を設置して、
縫製業を生業にして営んでおられるおじいちゃん。

お二人とも、
もしも、お店を構えておられたりしたら、
土地代・家賃代など、諸々の諸条件によって、
この営みは、続けられてこられたかどうか。。。

風雨の強い日にどうしておられるのか…だけは気になりますが、
心身お元気でおられる間は、変わることなくお仕事にいそしんでいただきたいです。

またぜひお会いしたい。
いや、じかに言葉を交わすわけではないのですが、
変わらぬお仕事ぶりとお姿とを拝見して、なんだかホッとしたり、元気をいただけたりするんです。



b0201935_9553326.jpg



                                                                emoticon-0155-flower.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
ランキング参加中です。下のカエルくんをポチッとクリックしていただけると、とても嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-19 10:00 | 香港ご商売

外賈して部屋でご対面…の愉しみ

b0201935_18375846.jpg


b0201935_18382889.jpg




今宵もホテルの部屋にて、夕食の愉しみ。

チェックインした初日から広げてあるテーブル上のクロスの上に、
たった今 買い求めてきたばかりの外賈の1品を置いて、
結びを解き、
袋の口を広げ、
そっと蓋を開け、
今宵の夕食と、ご対面。

この、
ご対面の一瞬って、
毎度、いつも楽しみにしています。

いや、
中身として入っている商品の概要は、
自分がオーダーして来たものなのですから想像がつくのですが、
その細かな具材の様子や、
盛りつけ方などというのは、
蓋を開けた時の初のご対面で、はじめてまじまじと目で味わえるのですもん。

「…ああ、この店でのこの品は、外賈に仕立ててもらうと、こうなんだ…」
とか、
「…いつもの店ながら、今日の厨房の担当者は、肉を切りそろえたまま乗せてくれたんだ…」
とか、
「…店内で食す時より、いくぶん、つけ野菜が多め(少なめ)なんだね…」
とか。。。

外賈の魅力。
→ 運ぶ楽しみ。
→ 開ける楽しみ。
→ 箸をつける楽しみ。
→ ゆったりと味わう楽しみ。
…どれも、外賈の魅力ですよね。

部屋の中をその香りで満たしながら、日々繰り返す、外賈の愉しみ。



b0201935_1851765.jpg



                                                                emoticon-0144-nod.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチリとクリックしていただけると、うれしいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-17 18:51 | 香港食べ物

香りも情景も 吸いこんで欲しくて ひらひら ぷらぷら

b0201935_1945181.jpg




ひらひらさせながら、ぷらぷらと遠回りをして、街角のポストへ。

訪港のたびに、
自分宛のポストカードを記し、投函します。

出向いた行程表のようなものをメモしたり、
買い求めたものをメモしたりしただけの、
備忘録のようなポストカード。

投函日から5~6日で、
日本の自宅にひらりと舞いこんで来てくれますが、
香港の空気や香りも、出来る事ならばホントに運んでくれるの良いのになあ…と、
毎回切実に思います。(笑)

そんなわけで、
いつも、ササッと投函するイメージには、ほど遠い自分。

ホテルの部屋や公園やカフェで書き上げたカードを
なるべく街の空気に触れさせつつ、
かつ、
カードにも「目」が備わっているかのように、情景をたくさん見せつつ(笑)、
ひらひらさせながら、ぷらぷらと遠回りをして、ポストに向かいます。

自宅の部屋に、
けっこうな数の「自分から自分へのカード」が、たまりました。
これからも、増えるに違いないでしょう。(笑)



b0201935_19522629.jpg


b0201935_19524866.jpg



emoticon-0154-mail.gif



今日もお越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチリと1クリックしていただけると、うれしいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-15 19:54 | 香港まちあるき

2段階で展開される 香港のっけご飯 の魅力 ~叉焼煎蛋飯~

b0201935_640832.jpg

  ↓  ↓  ↓  ↓
b0201935_641916.jpg




香港で、多種多様に展開される、いわゆる「ぶっかけ飯」。
ぶっかけ飯と言うと、
具材の個体それぞれが飯の上にのせられている場合もありますし、
タレや煮汁・スープ状の液体とからまり混ざり合って飯の上にトロ~リとかけのせられている場合もあるので、
自分は、
ぶっかけ飯のことを総称して 【のっけご飯】 と呼んだり記したりします。(笑)
…ぶっかけ飯と表現した方が、その1品の“豪快さ”や“庶民的な魅力”は伝わりやすいんですけれどね…。

コチラの 叉焼煎蛋飯 も、【のっけご飯】の代表選手ですよね。
これが、最初から卵がトロトロ状態で混ぜ合わせられていると 叉焼滑蛋飯 となるのでしたっけ。
「煎」から「滑」へと一文字が変わるだけで、その顔つきや舌触りは、う~んと変わります。
同じ漢字文化の国だから、日本人としてはとても分かりやすい違い…かもしれませんね。

この叉焼煎蛋飯、
テーブルに届けられた時点で、すでに【のっけご飯】状態ですが、
「いただきまーすっ!」と食す際に、
のっけご飯の最上部に のっけかぶせられている“半熟両面目玉焼き” をくしゃっとつぶせば、
トロ~リと黄身が叉焼と飯とに広がりからみついて、
第2の のっけご飯 に変身。

その一手間も、見栄えも、どちらも味わえますし、
つぶしかた・広げかた ひとつで、
味そのもののヴァリエーションも多様に味わえますよね。
楽しさ倍増。

いく通りもの、視覚・味覚の両面から楽しめる、叉焼煎蛋飯。
どの茶餐廳にも、まずメニューに載っている1品ですが、
じつは、
“半熟両面目玉焼き”の下に潜んでいる蜜汁叉焼の出来栄えには、
店によって大きな差があります。

やっぱりシンプルな蜜汁叉焼の単体としての出来栄えが自分好みな店だと、
【のっけご飯】にしても美味しい。
お肉の柔らかい、適度に脂も加わっている、ジューシーな蜜汁叉焼を供する茶餐廳の叉焼煎蛋飯だと、
半熟両面目玉焼きをつぶし広げてからみ合った蛋と一体になった時のお味も、美味しいですもん。(笑)

テーブルの上で展開される 2段階で展開されるのっけご飯の愉しみと、
その下に待っていてくれる蜜汁叉焼との出会いとに期待して、
様々な茶餐廳で、何度もオーダーする1品なのでありました。

そうそう、
フードコートや街角のオープンスペースの陳列ケースから選び取る、
セルフオーダー方式での「ドバドバのっけご飯」 ( これそれ )も、
やっぱり食す前のお楽しみがありますよね~。(笑)
でも、
こういうコーナーには、残念ながら、出来たての叉焼煎蛋飯は、存在しませんものね。



b0201935_772748.jpg

  ↓  ↓  ↓  ↓
b0201935_78688.jpg



emoticon-0128-hi.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチッと1クリックしていただける「応援クリック」がいただけると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-13 07:11 | 香港食べ物

小鳥たちとの暮らし

b0201935_19484555.jpg


b0201935_1949645.jpg




九龍のバードストリートから遠く離れた香港島サイドや新界地区でも、
小鳥を入れた鳥かごを携えて道を闊歩するおじさんと遭遇することは、多いです。

ご自慢の愛鳥をかこったかごをしっかりと持ち、
歩行の際の揺れなどはその手にみじんも伝えないかのように歩かれる姿。
かごの中の鳥は、今日も安心して連れ出されて、
おじさんのお気に入りの場所まで、お供しているのでしょうね。

コチラのアパートの主も、
愛鳥家なのですね。
ひい・ふう・みい…
アパートの窓辺に、さらに「小鳥アパート」が。

空気がちゃんと流れる窓辺で、
陽の光を存分に浴びられる窓辺で、
一羽一羽の部屋をきちんと確保してもらえて、
その鳴き声 さえずり を愛でてもらえて、
小鳥たちはシアワセなのかもしれませんね。

ご主人からは、日々、どんな言葉をかけてもらえているのでしょうね。



b0201935_2020725.jpg



                                                                emoticon-0159-music.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチッと1クリックしていただけると、「応援クリック」になります。よろしくお願いします~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-09 20:22 | 香港ふうけい


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧