♪ The sound of HongKong ♫

b0201935_12135114.jpg




香港の 交差点あたり。
じつにさまざまな音が漂うポイントですよね。

ことに、
歩行者信号機が設えてある場所は、
クルマの発着音と、人々の声などと、この“歩行者信号機の電子音”が連動した、合奏状態。 ♫

人によっては、「すべて騒音っ!!」と 断言されるかもしれませんが、
あのリズムを切り替える電子音は、
自分には、“愛おしい音楽”です。(笑)







石塘咀のホテルに宿泊していた、とある冬の日の朝、
近辺の、信号という信号すべてが、
何かの故障で、全面停止していた時間帯がありました。

信号の灯りがともらないことは、なんでもなかったのですが、
電子音が鳴らなくなっている不自然な静けさは、
香港らしくなくて、
とても抵抗が大きくて、
そうとう違和感がありました。

やっぱり、
香港の交差点には、なくてはならない“愛おしい音楽”なのだと思います。
今日も、きっと、
あの大きな音を出すには、けっこう小さめな黒いスピーカーが、
人の目を集めること無く、
でも、
じつに多くの人々の耳に届くように、
任務を遂行しているのでしょうね。



b0201935_1237342.jpg


b0201935_12373681.jpg



060.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-27 12:41 | 香港ふうけい

元の姿のまま入っていることの魅力

b0201935_1716690.jpg




清湯ごしに、
1枚の牛腩肉(牛ばら肉)が、その姿のまま切られのせられている。
…この魅力って、
なんでもないようでいて、大きな魅力だと思われませんか?

一人分のお肉が、
切り分けられバラバラと点在している盛りつけ方ではなくて、
包丁を切り入れたそのままの1枚肉の姿で、盛られている…。

日本で、
例えばトンカツなどを「さあ、食べよう!」とする時と同じように、
自分の好みの部位から順に箸をつけ、つまみ上げることができますもん。(笑)

「端~中央~端 の順で並ぶ、元の姿のまま入れられ供される盛りつけ」って、
ときには重要ですよね。

その、持ち上げた部位の、
期待どおりの食感や 肉汁と清湯とが入り混じった味わいが、口の中に広がったり、
あるいは期待以上のものだったりしちゃうと、
思わず、ニンマリ。

日本の、シンプルで旨い そば・うどん も、大好きですが、
香港の、飾りっ気の無い 麵モノ の魅力って、大きいですよね。



b0201935_17261655.jpg



                                                             045.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-25 17:29 | 香港食べ物

味わいつつ 夜の街を歩こう

b0201935_18314333.jpg




とある冬の夜、
こんなふうに、
左手にスチロールカップ、
右手にデジタルカメラを携えて、
街歩きをしていました。

ふだんなら、
こうした片手のカップの中身は、
やわらかで芳しい、クリーム色の液体なのですけれど、
この時は、そうした咖啡(ガッフェ)や奶茶(ナイチャ)ではありませんでした。

かといって、
この色の液体は、
パシフィックコーヒーやスターバックスコーヒーのブラックコーヒーでもなく…。

唇にカップのふちを持って行き、液体に鼻を近づけると、
ほんのりと独特な匂い。
…そう、
「香り」と言うよりは、「匂い」の方が、言い得ているような。

街の涼茶舗で外賈にしてもらった、“薬茶”です。

訪港中に、太太が風邪をこじらせてしまい、薬を服用している間、
僕も旅の後半に、やや風邪の前兆を感じる日だったので、
半ばシャッターの降りかけている閉店間際の涼茶舗で、感冒茶を分けていただいたのでした。

感冒茶って、
涼茶舗のドリンクラインナップの中では、けっこういいお値段がするものですよね。
他のお茶の2倍~3倍弱のお値段。。。
そんなお値段 + 飲みにくさ = 効能アリ …という方程式が成り立つのでしょうか。
良薬は口に苦し。

翌朝は、カラダがスッキリと回復し、感銘を受けてしまったことを覚えています。




みなさんの周囲では、風邪はおさまっていますか?
ウチの職場では、まだまだインフルエンザが威力を発揮しているような状況です。

まだ数十万人の方々が強いられている避難所での日々の暮らし。
寒さの中での、風邪・インフルエンザ等の流行も心配ですね。
目に見えない心身のケアは、それこそこれから(も)手厚くなされていかねばならない現状でしょうし、
限られた空間の中での衛生面の改善も早急な課題だと思われます。


誰もがきっと考えていること、
長い目で見て考えての支援等はもとより、継続できる “自分に出来ること” 。
これからもそれを見出だし行動しつつ、被災地の復興をずっと祈っていきたいと思います。

そう思いつつ、
いろいろと考えましたが、
ここでは今後は、「香港でのあれこれ」 を 再び記していきたいと思います。



b0201935_18584148.jpg



063.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-23 19:08 | 香港飲み物

ラジオのチカラ

b0201935_15202935.jpg




震災が起きた当初、
当の被災地以外の場所では、
多くの人々が、TVという媒体を通じて、
その事実のほんの一端を目にし、情報を得始めることが多かったと思います。

TVには、TVでこそ出来る何かがあったと思いたい。

ただ、
時が経つにつれ、
番組によっては、TVから流される情報や在り方に疑問や限界を感じてしまったり、
当の被災地でどんな状況・方途で情報が発信され得ているのかを考えたりすると、
TVや活字以外での媒体に、気持ちが向きます。

ラジオには、ラジオでこそ出来る何かがあると感じます。

PCを通して、北海道から沖縄まで、全国津々浦々のコミュニティーFM放送が聴ける 「サイマルラジオ」 。
いつも聴いていた香港RTHKではなくて、
震災以降は、
この サイマルラジオ の
東北方面各局 ( FMいわきRADIO3エフエム会津 など ) を聴いています。




「声を掛け合いましょう。共に乗り越えましょう。放送はこの後も24時間、確実な情報をお伝えします。」

…抑揚のある、ゆったりした、耳にやさしい声で、何度も繰り返される最新情報。
語り手のほんのりとした笑顔が目に浮かぶような、おだやかな声。
多くの避難所の中や、孤立していてもなんとかラジオは聴ける状態にある民家の中で、
このライヴ放送の声は、小さく、でも、確実に、届いていたりするのでしょうか。。。

   医療施設開院情報・道路整備情報・店舗営業情報・安否情報・地震関連情報
   公衆無線LANフリースポット情報・自衛隊による入浴サーヴィス情報・今後の天候情報
   自衛隊本部からの情報・ゴミ収集情報・ボランティアセンター開設情報・水道局の給水断水情報
   復旧作業及び道路陥没情報・市及び各地区別災害対策本部からの情報・農家からの野菜販売情報
   郵便局からの情報・薬局及びガソリンスタンドへの依頼・地域別炊き出し情報・外国人向け災害放送
   環境放射能測定値情報・救援物資配布情報・避難所情報・市庁舎取り扱い業務情報
   国民保険証再交付情報・安定ヨウ素剤配布情報・教育機関からの情報・・・ほか。
   (内容は順不同です。今この数時間のうちにたまたま流された情報順でしかありません。)

   …それぞれの合い間に、曲が流され、語り手(ナヴィゲーター)の、あたたかな声が。

「声を掛け合いましょう。共に乗り越えましょう。放送はこの後も24時間、確実な情報をお伝えします。」




被災地にあっては、
今の日本にあっては、
どんな言葉がけが、あるとよりよいのでしょう。。。
better はあっても、best は存在し得ないのかもしれません。

でも、
まさに、当の地で流れ、耳に届けられている人の声は、
情報内容だけではなく、
心のケアにも迫っている存在なのかもしれません。




私ごとですが、
仙台市若林区の親類から、
ようやく連絡が入りました。
限られたあっという間の電話。
とにかく生きていることは分かった次第でした。
寒さからなのかあるいは……震えた声でした。

人の声。
なまの人の声。
避難所に、孤立した家屋に、
必要とされる人の声が届けられつつあることを祈ります。



b0201935_16143951.jpg



                                                                                   062.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-21 16:26 | おもい

それぞれの「卒業」

b0201935_20152634.jpg




この季節、
通常ならば、
園児・児童・生徒・学生たちが、
“学び舎”から巣立つ季節でもあるはずですよね。

関東以北の教育機関情報に触れてみると、
今回の事態を受けて、
学年終わりの修了式だけではなく、
学校・園の最大行事であるはずの卒業式さえ、
「中止」とせざるをえない現実も、多くあります。




そんな中で、
当該校の人間ではなくても、
今のこの時期だからこそ、
人々のつながり・絆に触れられる気持ちにさせてもらえる、嬉しいニュースも。

避難先になって久しい小・中学校で、
避難民のみなさんや自衛隊のみなさんで組んだ「手と手のトンネル」の中を
いい表情で卒業していく子どもたちや、
卒業式会場の学校上空を飛ぶ援助物資運搬ヘリの轟音に負けないように返事をし歌を唄う子どもたち…。

安全確保が難しいとされて卒業式を見合わせる大学が多い中、
関東では、
学生4人がツイッターで呼びかけたことをきっかけに、大学・学長まで広がった 「エア卒業式」 も。




今回、「卒業」という “学び舎からの巣立ち・独り立ちへの節目” を
残念ながら刻めなかった地域の園児・児童・生徒・学生たちも、
式典だけでは刻み切れない「希望・決意」などを胸にもち、
次のステップに進んでいけることを 切に願います。



b0201935_20345685.jpg



                                                               056.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-19 20:42 | おもい

今日・明日以降・自分に出来得ること…

b0201935_1895625.jpg




TV・ラジオ・新聞などで報道されている通り、
被災地では、
例えば救援物資などが、
必然とされる場所にまで、十分に行き届いていない現状もあります。
運搬燃料として、また、防寒対策燃料として。

道路などの復旧が進みつつある今、
ガソリン・軽油・灯油など油類の不足によって、
命を繋いだり、ライフラインをさらに整備したり、あらゆる場面で「復興のための燃料」が深刻な状態。。。

国からの援助物資はもちろん、
今のままでは、
日本全国から被災地方面に向けて懸命に援助物資などを運んでいるドライヴァーのみなさんのクルマも、
載せた願いをどこまで届けることが出来得るのか、不透明になって来てしまっています。

そうした周知の事実がある上で、
例えば1例として、各ガソリンスタンドでは、買占めに規制をかけていますよね。
そんな中、
とあるスタンドで、
規定量以上のガソリンや軽油をいれているヒトといっしょになりました。
言葉を掛けずにおられなかったけれど、なにも通じず。。。
情けない思いになりました。。。

友人・知人の会社では、
営業車をやめて、
バスや電車や自転車や徒歩で、外回りをするところもあります。

被災地では、
深刻な不足状態ゆえに、
消防車両などの緊急車両から燃料を抜き取っているという報道も聞きました。

いま、自分に出来ること。
今後、自分に出来ること。
正しい情報から、冷静に判断して、続けていきたいものです。



b0201935_18283410.jpg



039.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-17 18:36 | おもい

楽器たちが眠る店にて

b0201935_1723285.jpg




LEDの流れ移り変わるネオンになったり、
ネオンボードを大きく派手に直したり、
古きを取り外して新調する動き。
建物と同様に、新しく設えられる看板たち。

そんな中、
20数年前に初めてお邪魔して、
以来、
何度通って(かよって)みても変わらぬ、コチラの年季の入ったネオン看板。
香港ならではの民族楽器とピアノとを取り扱ってくださっている楽器専門店です。

店内2フロア・各コーナーには、
戲曲で使用する小さな拍子板や竹笛から、
笙・二胡・琵琶・楊琴・銅鑼…さまざまな楽器たちが、
時が止まったかのように佇んでいて、それぞれが試奏されるのを待っています。
音を絞りつつ、いつも少しだけ奏でさせてもらいます。

ずうっと昔に、奏し方をレクチャーしてくださったおじさんが、
今ではおじいさんになっていて、
なお お元気なのが、嬉し懐かしい空間です。



b0201935_17325766.jpg






今日は、
勤務先で、
昼休みの時間に、
ピアノに向かっていました。

ここ数日、このメロディーが何度も頭に浮かんでくるので。。。

映像は最近のものですが、
この曲がエポのCDに入れられたのは、もう19年ほど以前だったかと思います。







原発まで、予想外の展開になって来ていますが、
ここからどうなる。これからどうなる。なにが出来る。。。

自宅でも、職場でも、声を掛け合い、
節電・節水・チャリティーなど、出来ることから始めてはいますが、
加えて、
自分らしく生きていなくちゃ…とも、思って過ごしています。


                                                                060.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-15 17:41 | おもい

海ひとつで隔てられ隣接する ~日常と非日常も隣り合うのか~

b0201935_1614593.jpg




ファーストフェリーを境にして、
右手には、
手つかずの海原や、夕陽に染め上げられた大地が。
左手には、
埋め立てられ海際まで造り込まれたビル群が。

あとどれほどかの時が経てば、
右手は、漆黒の闇に包まれ、
左手は、商業ビルや住宅の灯りに彩られ。

…街が、海に隣接している風景って、独特ですよね。
人の手の届かぬものと、その正反対のものとが、同居していて。

日常の海の大部分は、
生命を育む源であり、すべてをおおらかに包み込んでくれる存在でもあるのでしょう。
でも、
今回のような非日常においては、
日常とは真逆の存在にもなり得てしまうのかもしれません。

非日常の事態が日々の営みに刻まれてしまった現在、
今出来ることや、各情報 ( あれこれ ・ それ など )に目を向け、動きたいものです。

各国の援助隊などが日本へ到着する中、
今PCから聴いている 香港RTHK でも、
ニュースと番組などの合間に、
「 Save JAPAN! We are Family !! 」
との、キャンペーンアナウンス&ソングを何度も何度も流しておられます。
異国からの支援の事実も、本当にありがたい今です。。。


                                                                051.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-13 16:29 | おもい

仲良く同居 ~粉嶺にて~

b0201935_1912876.jpg




とある日、
陽光が心地よく降り注ぐ中を
ゆったり散歩していました。

夏の日差しが緑に映える、
古の町、粉嶺。
路地を歩めば、そこここに、かつての住居跡が。

時の流れが、ある時点で止まったままの廃屋には、
生命が今も流れ続けている緑と、
そこに集う鳥たちが住みついていて。

「街」と異なって、スクラップ&ビルドを繰り返される必要の無いこの「町」には、
かつての暮らしと、今の営みとが、
仲良く同居している情景がごくごく自然に佇んでいました。

こうした古の建物。
今日だけではなく、日ごろから日常的に地震のある日本では、
こんなふうに“健在”していることは出来ませんよね。。。


                                                                056.gif056.gif



本日は週末に向かう金曜日、
ふだんならば、「 FOOD or DRINK 」 の記事UPの日ですが、
不測の事態を受けて、書き変えました。



午後3時前に起こった、マグニチュード8.8の東北地方太平洋沖地震と、
それ以降、頻繁にずっと続いている余震などで、
広大な範囲に於いて、本当に甚大な災害・被害。。。

仙台空港滑走路や漁港などはTVの画面の中に大津波が走り冠水する模様が映し出され、
関東沿岸部の石油コンビナートが大爆発を引き起こし、赤黒い火柱で空が染め上げられ、
都市部では完全にマヒした交通機関の為に帰宅難民があふれはじめている現時点。。。
夜に入るにしたがって、少しずつ着実に増えて来てしまっている被害状況の大きさ。。。

被災により、多くの方々が命を亡くされたりお怪我を負われたり困っておられたりしている今です。
心からお見舞い申し上げます。




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-11 19:21 | おもい

唯一無二の味わい深さ ~トラム120番の車内~

こちら、今現在の一般的なトラムの車内です。
  ↓  ↓  ↓
b0201935_17545511.jpg


そして、こちらが、1台だけ走り続けている“トラムの長老”120番の車内です。
  ↓  ↓  ↓
b0201935_1757939.jpg




ホンコントラムウェイズの数あるトラム車両の中でも、
特別な1台の120番トラム。
特別仕様の詳細は、 これらあれら です。

何度乗っても、
いつ眺めても、
この木製シートや木枠の茶色と内装の緑色とのコントラストが、美しいですよね。

そこに加えて、
電球色が、なんともあたたかな室内灯。
やわらかな灯りのはずなのに、
外観から120番を眺めた時には、
ひと目で120番と分かる、唯一無二の室内灯。

こうして他車両と比較してみると、
どちらの車内に座って居たいか、
味わい深さが、どう異なるのか、
…あらためて、気持ちが120番トラムに傾きます。

最近では、
最新式の車両として、
車体がアルミ合金製のハイブリッド車まで出現したようですね。
今後は、月に2~3台のペースで、6~7年の歳月をかけつつ、
現行のトラム車両から、車両改装していく方針だというホンコントラムウェイズ。

安全確保や維持費節減などの為には、そうした方針も必要なのでしょうけれど、
この120番トラムの車両は、なんとか最後まで残してほしいですねえ。。。


                                                                002.gif




♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリとワンクリックしていただけると、はげみになります~。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-09 18:10 | 香港のりもの

大きな音と共に通常でない事態…でも寡黙なクルー

b0201935_1953050.jpg




過去に、1回だけ遭遇したことがあります。
なんとも表現しにくい、大きな大きな音でした。
「バチンッ!!」とでもいうかのような、
すんごい音。

いつものように 碼頭に接岸するために、
クルーがロープを投げ渡して、
揺れるスターフェリーの船体と碼頭の杭とをつないだ直後、
大きな音と共に、
太く丈夫に編み込まれた、あのロープが切れた瞬間でした。

切れた事実よりも印象深かったのは、
いつも寡黙に任務をこなしておられるクルーさんたちが、
やはり落ち着いて、全く慌て騒ぐことも無く、
黙々と予備ロープを使って、接岸作業をやり直しておられた姿。

ふだんと変わったことと言えば、
船内中央わずか後方部で、いつもは1人でロープを操るクルーが、
足早にやって来たもう1人のクルーと共に、2人で作業をされたことくらい。

丈夫に編み込まれた切れたロープに「おつかれさま」と、
言葉をかけて処分していかれるのでしょうか。。。



b0201935_202032.jpg



049.gif




♪ お越しくださって、ありがとうございます。 ♪
ポチッと1クリック応援していただけると、はげみになります~。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-07 20:04 | 香港のりもの

彩り豊かな 野菜たちの帽子

b0201935_18383835.jpg


b0201935_18394034.jpg




ある程度、お店の中が広かったり、
小奇麗でお洒落な雰囲気に彩られていたり、
そんなレストランへ寄ることが、
滅多にないウチ。
酒樓・酒家・飯店という文字が最後につくお店とは、あまり縁が無い旅行をしています。(笑)

小さくて庶民的な“食堂”で食事を賄うことが多いからか、
思い返してみると、
一皿の上に盛られている具材の色彩は、けっこう限られていることが多いです。

麵の隠れたスープの上に、1~2色の具やトッピングが見える…とか、
白い飯の上に、茶色系ののっけものやかけものが盛られている…とか。

でも、
こちらの茶餐廳(やはり茶餐廳:笑)で、何気なく注文してから、
ホイッと供された「そば」と「めし」には、
なんだか意外に感じられるほど色彩豊かな“帽子”が被せられておりました。

なるほど、彩りは、食欲中枢を心地よく刺激してくれる。。。(笑)
野菜たちって、偉大だなあって、思います。


                                                                005.gif




♫ 週末の今日、お越しくださってありがとうございます。訪港中、野菜は意識して摂るようにしています。 ♫
ポチリとワンクリックしていただけると、励みになります~。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-05 18:51 | 香港食べ物

小さなホンコングリーン ~電車站~

b0201935_18583538.jpg




歩道を歩きつつ見上げるかたちになるこの表示も、
トラムやバスの2階席に乗っていて見下ろすかたちになるこの表示も、
いつ見かけても、
何度眺めても、
「いいねえ」と思います。

ホンコントラムウェイズの電車站(電停)を指し示す表示板。

白地に緑でプリントされた車体が中央にあり、
文字はすべて黒で、
ホンコントラムウェイズの赤い社標がアクセントになって効いていますよね。

ひと目でそれと分かる(伝わる)車両の緑。
ホンコングリーン
この部分が、黒や黄や赤など他の色だったら。。。
やっぱりホンコングリーンの緑が、いちばん相応しい。(笑)

今でこそ、長老120番を除く各トラムは、
じつにカラフルになり、
さまざまな色とデザインとでラッピングされて賑やかになっていますけれど、
2000年以前のトラムたちは、本当に深い色の緑1色の世界でした。
「トラムの下地のベースの色って、緑なの?」と思ってしまうほどでしたもん。

賑々しい看板が、街の通り沿いに乱立し飛び出している香港にあって、
静かで小さく控えめな、電車站の表示板。
小さくてシンプルだけど、
とてもとても歴史を背負った、特徴的なサインだと思います。

路線バスのバス停が、クリアボードでお洒落に生まれ変わって来ていたり、
スターフェリー碼頭からホンコングリーンが消されてしまうような変化があったりする昨今ですが、
トラムのこの表示板は、色やデザインを変えずに残していってほしいです。



b0201935_19104772.jpg



039.gif




♫ お越しくださって、ありがとうございます。 今日は耳の日、ラジオの日ですね~。 ♫
ポチリと1クリック応援してくださると、うれしいです。
 ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-03 19:13 | 香港のりもの

セントラルの歩道でオーヴァー・ザ・レインボウ

b0201935_1750511.jpg


b0201935_17512299.jpg




四季は無いとはいえ、
空を覆う雲の表情や、
とつぜん雨が降り始めるような1日の天候の表情には、
とても多様な「顔」がある香港。

陽光が街に降り注いでくれるタイミングと、
雨上がりという条件とが出会えれば、
ヴィクトリア湾に、美しい虹がかかる光景も目にすることが出来ます。

スコールと晴れ間とが短時間のうちに入れ替わる香港では、
虹は、けっこうな確率で遭遇することが出来る「自然のネオン」なのかも。

かつて香港にて暮らしておられた、親愛なるTさんから、情報をいただいて、
「自然のネオン」を眺めに訪れたのは、とある日の午後2時過ぎ。

こちら、中環の “ザ・ランドマーク・マンダリンオリエンタルホテル(置地文華東方)” には、
プリズムのように巧みに仕組まれたホテルファサードのガラスによって、
皇后大道中ぞいの歩道に、くっきりと虹が映し出されます。
「空」にではなく、「地」に現れる虹。

晴れた日の午後の、特定の時間帯になると、
ホテル前の歩道を歩み行く人々の足元に、人工的に生み出される虹。
でも、その光源は、人工的な照明ではなく、陽光によってのみ投影される虹。

心なしか、歩みを緩めて見入る人もちらほら。
ただ、
メインストリートの裏通りの歩道ゆえ、
ここを日常的に通る人々は、慣れてしまっているのでしょうね。
足早に虹をまたぎ越していく方々も多数。。。

僕は真向かいの路地を歩いて“GODとコラボするスタバ”へ寄るたびに、何度もここを歩きますが、
その都度、虹を見つけると、しゃがんだり透かしたりしつつ、眺めてしまうのでした。(笑)



b0201935_1861812.jpg



                                                               058.gif




♫ クルマの運転中に見つける虹は、見入ってしまうので危険です。(笑) ♫
ポチリと1クリック応援していただけると、嬉しいです。
   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-03-01 18:08 | 香港まちあるき

え?! 変革期なの? ~香港MTR~

b0201935_1842950.jpg




ずうっと以前は、
香港のMTR(地下鉄)というと、
持ち手が黒いゴムのような吊皮や、
停車で減速が始まるとお尻がツツツーッと滑っちゃうステンレスシートなどが、印象的でした。
そんな車内に響き渡る、携帯電話の大きな着信音や喋りまくる声もね。(笑)

訪港中に、ふだん滅多に利用することが無いのですが、
新しいラインが通ってから1度も乗っていないから体験してみよう…ということで、
久しぶりにMTRに乗車してみました。

大好きだったアナウンスメントは、なつかしいままでしたが、
車内が、カラフル化・デジタル化されていて、
少しびっくり。

なかでも驚いた…というか、真相が分からなくて不思議だったのが、
こんな表示マークと 「Quiet Section」 なるエリアが、車内に設えられている事実。。。

  え?!
  あの、どこでも大音量着信音と、お喋り好きなみなさんが利用する香港のMTRで、
  「静音區」なるものが、あるの?!
  成立するの?!

どうなのでしょう?
香港MTR、何か変わりつつ(変えつつ)あるのでしょうか。。。



b0201935_18142250.jpg



                                                                062.gif




♫ お越しくださって、ありがとうございます~。 ♫
ポチリとクリック応援していただけると、嬉しいです。
  ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-28 18:16 | 香港のりもの

中はワンダーランド(かも)

b0201935_195146.jpg




昔はこうした中華系デパートが、そこここにありましたよね。
今はもう、
小奇麗なショッピングビルやオフィスビルにとって代わってしまって久しいですが、
このテのデパートは、
あの中環のまん真ん中にも、存在していたのです。
行人電動樓梯の出発点に在ったデパートも、そうでした。

建物の外観も、マークも、もちろん中へ吸い込まれていく客層や陳列される商品も、
とてもローカルで、まあるい雰囲気がぷんぷん漂っていた、中華系百貨店。
老いも若きも、子どもも大人も、
狭めの通路には、お客がひしめいていました。

今現在も元気に営業中の「新中聨國貨公司」。
さすが、荃灣。

荃灣の街市の真向かいで、
昔となんら変わることなく、人々を呼び込んでいます。

内部は、ワンダーランド。(笑)
ウチは、家庭用品や業務用品を眺めに、上階へ向かいますが、
昔からさほど変わらない品ぞろえを楽しめます。
それゆえに、
「いまどき、こんなモノが…」という掘り出し物にも出会える確率が、
ぐんと上昇するデパートです。
「デパート」と呼んだ方がいいのかな。それとも、「百貨店」と呼んだ方が相応しいのかな。(笑)

ミニバスや街市がお好きなかたには、これ以上ないほどの好ロケーションにありますよ~。


                                                              060.gif




♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリ ↓ と応援クリック ↓ いただけると、うれしいです~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-27 19:25 | 香港まちあるき

コミュニケーションをとってくれる信箱

b0201935_1891714.jpg




日本のように、
カブや自転車を多用して、
効率よく各家庭へ郵便物を届ける仕組みとは異なる香港。

路地を
階段を
坂道を
ビル内を
かなりの部分を ヒトの足で歩いて配達しておられる姿を
よくお見かけしますよね。

肩から、
けっこう大きな、
重そうなカバンを下げておられて。。。

でも、
自分が担当するエリア内に、
こんなクールでチャーミングな信箱(郵便受け)が、毎日待ってくれていたら、
ちょっと元気をもらえちゃうかも。

やっぱり、ほんの一言のコミュニケーションやウィットに富んだひと味が、うれしいよね。


                                                                010.gif









♫ 週末の今日、お越しいただけて、ありがとうございます。 ♫
ポチリ ↓ とクリック ↓ 応援していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-26 18:16 | 香港まちあるき

蜜汁叉焼と盅飯で 美味しい楽しいセルフディナー

b0201935_1835406.jpg


b0201935_1837345.jpg




毎日1回しかない、せっかくの晩餐ですもん。
美味しく楽しく外賈するなら、
お店のハシゴだって、いとわないです。

蜜汁叉焼は、コチラのお気に入りのお店でストトトトンって切ってもらい、
盅飯は、アチラのお気に入りのお店でアツアツを詰め替えてもらい、
啤酒は、そこいらのコンビニで。。。
100mほどの範囲内を歩いて、冷えても大丈夫な順に買い求めたら、
そそくさと急ぎ足でホテルの部屋へ。

蜜汁叉焼  12  $。
盅飯     14  $。
啤酒       5.8$。

本日の合計 31.8$(318円) ほどの、豪華セルフディナー。(笑)
あ、
今は1H$は、おいくらぐらいなのでしょう?
1H$=11円計算ならば、350円ほどの晩餐ですね。

食費のお安さというよりも、
テリテリ蜜汁叉焼を絶妙な手際の良さで切り分けてくれる包丁さばきや、
ホカホカ盅飯の蒸篭を開けて選び取り、詰め替えてもらう楽しさなどの、
「お楽しみ観賞料」が このお値段で賄えると思うと、
ほんとうにワクワクしちゃいます。(笑)



b0201935_18533776.jpg



                                                                006.gif









♫ お越しいただけて、ありがとうございます。 ♫
ポチリ ↓ とクリック ↓ いただけると、さらにうれしいです~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-25 19:06 | 香港食べ物

この気の利かせかたが嬉しい(笑) ~メニーメニーダブルハピネス~

b0201935_17284580.jpg




むかし、「レコードやCDをジャケ買いする」っていう表現がありましたよね。
いや、
今も、それを楽しまれる方々は、多いのかな。

アルバムジャケットの写真や絵などのデザインに惹かれて買い求める「ジャケ買い」。
レコードやCDの「ジャケ買い」は、
その中身は、どんな音が詰め込まれた作品なのかは、さておいて求めることが多いのでしょうけれど、
この缶詰は、みなさんよくご存知の中身、エヴァミルク。

よって、「ジャケ買い」という言葉は当てはまらないのかもしれませんが、
思わず「ラベル買い」したくなる1品です。
重さを気にしないのであれば、いくつも買い求めて、部屋に山積みしておきたい。(笑)

餐廳や焼き物屋などに入ると、
ときどきこのダブルハピネス(雙喜=囍)か、ブラック&ホワイト(黒白淡奶)の缶を
こうして積み上げておられるお店がありますが、
コチラの茶餐廳でも、例にもれず…でした~。

ただ、
なんとも嬉しい気の利かせよう。
ラベルの表がビターッと揃えられて、店内客席の方向を向いています。
メニーメニーダブルハピネス。
まさに「メニーメニーシリーズ」に登録したい光景です。(笑)

おめでたさ × 40倍 ほどの、華やいだコーナーになっていました。



b0201935_17401278.jpg



                                                              053.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます~。 ♫
ポチリ ↓ ↓ ↓ とクリック応援していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-24 17:44 | 香港くらしの雑貨

いまだ未体験なんです

b0201935_17411040.jpg




興味深い体験のひとつとして、
1度お世話になってみてもいいかなあ…
とは、
何度か思ったことはあるのですが、
いまだ未体験の、クリーニング屋さん。

旅行中に利用されたことがある方々のレポによると、
お手軽で便利なサーヴィスのようですね。

ハンカチ・下着・シャツ等々、
なんでも気軽にお任せ出来ちゃうそうです。

けれど、
いつもの12日間ほどの行程の中では、
3分の1くらいの日数を目安にして、衣類を持参する我が家。
ついつい、
バスルームで、じゃぶじゃぶブクブク洗濯しちゃう。。。
ゆえに、未体験なのです。

やはり、ホテル滞在中に利用する人々も多いからなのか、
ホテル近辺には、必ずと言っていいほど存在するクリーニング屋さん。
どうなんでしょう?地元の方々も、利用されるのでしょうか。

店舗の前を通るたびに、
多くの衣類が下がっているすぐ向こう側でドラムが回転している店内を覗き込みながら、
いつかは利用してみよう…と思いつつ、
はや何年かが過ぎています。(笑)


                                                              012.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリ ↓ と1クリック応援 ↓ いただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-23 17:52 | 香港ご商売

ホントに文字通り「ファーストバス」!!

b0201935_18325126.jpg


b0201935_1833134.jpg




石塘咀のホテルに滞在している時には、
山側のアパート・マンション群が間近に見える部屋でした。
ローカルな雰囲気に包まれることが大好きだったり、
近隣の方々の部屋の中での暮らしぶりが感じ取れるロケーションが大好きだったりする、
そんなウチの2人には、
なかなか向いているお部屋を割り当てられ、とても満足できる環境でした。

いや、
覗き見する趣味があるわけではないのですよ。(笑)
ただ、
向かいや横の在住の皆さんの部屋の中でついているTVの画面が見えたり、
キッチンで何かをこしらえておられる様子が垣間見えたり、
そういう雰囲気に包まれつつホテル暮らしが出来る環境って、
良いと思われません?(笑)

いわゆる「ハーバーヴューのお部屋」も良いかもしれませんが、
『人々の暮らしが近く感じられるお部屋』って、魅力が大きいです。

そうそう、
早朝と夜以外は、
ホテルから出てしまって、街歩きを存分に楽しんでいるウチ。
ホテルの部屋って、眠りに戻るような位置づけ。。。
ハーバーヴューの湾沿いの部屋の全面窓ガラスから夜に見えるのは、
漆黒の闇と、灯りの付いた自分の部屋が写り込む状況だけ。。。
やっぱり、
ご近所のアパートやマンションなどが間近にある方が、楽しいんです。(笑)
こういう部屋を「ハーバーヴューの部屋」に対して、「シティーヴューの部屋」と言っていいのかなあ?
ウチとしては、「ライフヴュー」とでも、表現したいところです。(笑)

さて、
そんな部屋から、
滞在中にずっと眺めていられたのは、
南の山際の方向から、蛇行しつつ下ってくる自動車専用道路の高架線でした。
眼下に迫ってくるまでに、けっこう前方の部分から見えているのですけれど、
かなりな勾配を持つ傾斜とカーヴでも、
的士(タクシー)や巴士(バス)は、疾走しつつ下って来ていました。

この路線を走っている新巴(ファーストバス)のダブルデッカーさえも、
はるか前方から、的士との車間距離を縮めることなく、けっこうな速度のままで下って来ます。

やっぱり、香港の巴士の運転って、ダイナミックですね。
名前負けしていない「ファーストバス(綴りが違いますが)」。(笑)
…香港には、カーヴでの運転の際の基本であるはずの、
『スロー・イン&ファースト・アウト』というコトバは存在しないのでしょうか。
ずっといつも『ファースト・イン&アウト』っていう感じです。。。


                                                               005.gif









♫今日は2月22日。「ニャンニャンの日です」とラジオやTVで言われていましたよ。猫リンクバナーです。♫
よろしければポチリ ↓ とクリック応援お願いいたします~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-22 19:20 | 香港のりもの

ニャンコと仲良し ~元朗は福徳街での触れ合いタイム~

b0201935_17445995.jpg




ごくまれに、
こんなコトになっちゃいます。(笑)

目と目が合ったような気がしたので、
「ニャンコ~。」っと、ひと声呼んでみたら、
ゆっくりと、でも、まっすぐに、
コチラに寄って来てくれて、
しゃがんだままの僕の膝にスリスリ。。。

しばらくそれが続いたあとに、
あごの下あたりから胸にかけてを撫でていたら、
あらら、
こんどは、このとおり。。。

お互いに触れ合い、
楽しいひとときを過ごせたのちに、
立ち上がって手が離れると、
こんどは、しばらくこうして(下写真)踊っておられました。。。

ウチは2人して、だいの元朗好き。
ここは、ミニバスターミナルのある、
福徳街という名の、おめでたい路地。
そんな路地での、良き出会い。。。

元朗のニャンコに仲良くしてもらえて、光栄です。
それにしても…なんだかなあ…、
自分がまるで、マタタビにでもなっちゃった気分でした。。。



b0201935_17533722.jpg



037.gif









♫ 旧正月を経たヴェトナムでは、今年は「猫年」だそうですね。なぜゆえ「猫年」?! ♫
よろしかったらポチリ ↓ と クリック応援していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-21 17:57 | 香港まちあるき

第3の目…撮る側も ときには撮り残しておきましょう ~分店開店半年の日に~

b0201935_18182642.jpg




訪港する楽しみを味わい始めた80年代は、
もちろん、まだフィルムカメラでした。

香港をはじめとして、アジア各地の空港の検査口で、
ネガを保護する袋などにカメラやフィルムを入れて、X線透過機を通した覚えがあります。
撮影可能枚数の小さな表示を気にしつつ、1枚1枚をココロして撮っていたあの時代…でもありましたよね。

機能も、
取り扱い方も、
大きさや重さなども、
ほんの10数年で、利便性が格段に飛躍したデジタルカメラ。
もう、すっかり、
『 ヒトに与えられた “第3の目” 』 としての存在にもなっているのでしょうか。

肉眼で記憶に刻める体験とは一線を画すのでしょうから、
レンズを向ける前の味わいは忘れたくないですが、
“第3の目”ならではの、 アレコレソレ もキャッチしてくれる、秀逸なデジタルツール。

手元に居てくれることに感謝しつつ、仲良くしています。
これまでも。
これからも。



b0201935_18275279.jpg


b0201935_1828223.jpg



本日2月20日で、
こちら koedagaffe分店 の 開店の日 から、
ようやく、半年が経ちました。。。
ずっと仲良くしてくださっているかた、
いつも覗きに来てくださるかた、
コメントを残していってくださる皆さん、
ときどき来てくださって応援してくださるかた、
…ほんとうに、ありがとうございます。
これからも、どうぞご贔屓に、よろしくお願いいたします~。
 040.gif


                                                                003.gif



明日からようやく7ヶ月目に入ります。まだまだ7ヶ月。本店もまだほんの1周年。(笑)…ヨチヨチ歩き中。
よろしければぜひ、ポチリとクリック応援、よろしくお願いします。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村                                                               
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-20 19:19 | 香港つれづれ想うこと

席が空いたらすぐに座りますか? ~トラムの座面の謎~

b0201935_18201498.jpg




香港の、古くからの人々は、
直前に座っていたかたの座席って、避けたがるかたがまだまだおられます。
たとえばトラムが混み合っていて、
そんな中で、先客が降車のために座席を立ったとして、席が空く。
そうすると、
その席に次に座ろうとするかたが、席の前まで行って、すぐには座らずに、しばらく立ったままでおられる。
で、
何十秒か、何分か経ってから、おもむろに、何でもなかったかのように、スッと座る。。。

混み合っている車内でも、空いてすぐには座らないのですよね。
お年寄りの中には、善意から席を譲られても、座らないかたがおられたり。。。

一説では、「運気が下がるから」とか。
また、
一説では、「痔がうつるから」とか。

だから、
トラムの2階席は、雨が吹き込んで来ていても、
「洗い流してくれる効果」で歓迎されてたりするのかなあ。(笑)

あるいは、
だからそれゆえに、
こうして座面に穴が施されているのかなあ。
120番トラムのように、メッシュの座面も、同じく。。。

いや、
最近は、
こうした古(いにしえ)からの言われは風化しつつあって、
サッと座る方々も多くなったし、
昔ほど気にされるかたは少ないのかもしれません。
でも、
トラムに乗った時に席が空いたら、見ていてください。なかなか座られないかたが、今でもおられます。

運気も痔も気にしない僕は、
椅子が空くと、何も気にせずに座ります。
写真のように濡れたままの雨の日は、
濡れっぱなしの椅子をティッシュで軽く拭いて、ドカッと座るのでした。
…こういう雨の日、そういえば、椅子の脇や床などに、
使い終えられ、使命を果たしたティッシュの残骸たちが、転がっていますよね。



b0201935_18353283.jpg



015.gif









♫ おいでくださって、ありがとうございます。 ♫
↓ よろしかったらポチリ ↓ とクリック応援していただけると、励みになります~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-19 18:39 | 香港のりもの

ヴィクトリアパークで味わう メイドさん御用達弁当

b0201935_18431527.jpg


b0201935_18433637.jpg




週に1度の貴重な休日である日曜日。
多くのかたがご存知のように、
日常を住み込みでお手伝いさんとして働いておられる “メイドさん達” が、
街中に大集結して、休日を満喫します。

厳しい仕事から解放され、本当に楽しそうな表情で過ごせる貴重な1日。
朝から夜遅くまで、
情報の交換をし合ったり、円を組んで歌を歌い合ったり、ありとあらゆる悩みを打ち明け合ったり…。
メイドさん達には、無くてはならない、大切な休息日。

新界方面でも、この習慣はあちこちで見られますが、
香港島での2大拠点といえば、
フィリピン系の方々が集う中環と、
マレーシア・インドネシア系の方々が集う銅鑼灣。

そんな日曜日に、
あえて、すごい人波であふれかえる銅鑼灣に出向きました。
なんでまた、そんな激混みの街中へ…。
いやいや、
この日にこそ、街の歩道などのかたすみで小さな店を臨時出店する弁当屋さんで、
メイドさん達の 「故郷の味が味わえる弁当」 を食してみることが、
ウチの2人の、ささやかにして最大の目的だったのです。(笑)

太太が、以前、単独行動中に見つけておいてくれたインドネシア系の小さな弁当屋さん。
歩道のかたすみの狭小スペースでの臨時出店事情ながら、
保温機であたたかく保たれた弁当を販売しておられました。
そこで 「故郷の味が味わえる弁当」 をいろいろと吟味。

ペナペナのプラスティック容器にぎっしりと詰め込まれた、メイドさん御用達弁当。
下に、飯や麵が敷き詰められた、
ナシ・プティ や ナシ・クニン や ミー・ゴレン などの何種類もの中から、コチラを購入。
1つ15$(1$=10円計算ならば150円!!)です~。

冷めぬうちにそそくさと、
歩いて1分かからぬヴィクトリアパークに持って出て、
メイドさん達に囲まれながら、フタを開け、
常時携帯しているフォークやスプーンなどを取り出して、
はい、手を合わせて「いただきま~すっ!」。

明らかに日本人の2人が、合掌して食事前の挨拶をし、
めずらしそうに(真剣に…でもある)食している “故郷のなんでもない味のフツーの弁当” 。
食している2人にとっては、けっしてフツーでない、貴重品の希少体験中。。。
その光景がウケちゃったのか、
集っているお姉さん達から、すごい勢いで笑われ拍手されてしまいました。。。(笑)



b0201935_1913966.jpg


b0201935_192013.jpg



041.gif









♫ 週末の今日、お越しいただけてありがとうございます。 ♫
よろしければポチリ ↓ と応援クリックいただけると、励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-18 19:08 | 香港食べ物

雨の夜ならでは

b0201935_18261114.jpg




昼から夜へ、
同じエリア、
同じ道路で、
往復したら、
劇的な変身。
加えて雨天。
道の雨より、
灯りの洪水。
雨と夜の絵。



b0201935_18294732.jpg



057.gif









♫ 月星でも雪でも無く、今夜は久しぶりの雨の夜です。雨もやっぱり、いいな。 ♫
ポチリと1クリック ↓ いただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-17 18:32 | 香港ふうけい

觀塘(クントン)のバス停から ~バス停・看板・ネオンさえ消えてしまう前に~

b0201935_17365737.jpg




文字通り、
網の目のように、
どこへでもバスやミニバスで潜り込むことが出来る、
交通網の素晴らしく行き届いた街、香港。

バスに揺られて、街並みや路地を眺め楽しむことが大好きなので、
よく乗りはするのですが、
まだまだ数えきれず予想も出来ないほどの路線が、出会いを待っているんですよね。

今は結業(閉店)してしまった、
觀塘再開発地区に位置する このバレノで、
1足12.5$(約137円)のソックスを大量買いしたのは、
もうずっと以前のこと…。
ユ〇クロのソレよりもうんと長持ちする、抗菌・防臭機能つきの、すぐれ品でした。(笑)
(もちろん、今でも香港中のバレノの各分店で取り扱っています。その年以降ずっとリピート買いです。)

その最寄りの、コチラのバス停。
「ここから1度は乗って、揺られてみたいなあ。」と思っているスタート地点のひとつ。
觀塘(クントン)~藍田(ラムティン)~油塘(ヤウトン)などの、
觀塘以東の、まだ見ぬ魅惑的な道が、待ってくれているように感じるのです。

バスでならば走ったことがある道。
ミニバスで疾走されてみたくて。(笑)

…再開発が本格的に始まった時、ここのバス停はどうなってしまうのかなあ…。
…この質屋さん、まだ営業し続けておられるのかなあ…。
薄水色の夕焼け空を背景に、質屋さんの儚げなネオンは、かろうじてまだ灯っていますものね。
バス停も看板もネオンも、消えてしまう前に、もう1度訪れておきたい場所です。

その願いが叶うのならば、
デジタルカメラなどを向けずに、
自分の眼(まなこ)でしっかり見届けて、脳裏に焼き付けておきたいな。。。



b0201935_17505319.jpg



                                                               045.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 今日は、とても暖かな日中でした。 ♫
ポチリと応援クリック ↓ よろしければ押してくださると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-16 18:00 | 香港のりもの

I'm Lovin' It ~麥當勞からトラムを楽しむ~

b0201935_18262443.jpg


b0201935_182705.jpg




“香港ならではの好きなもの” って、いくつもありますが、
その中でも、
“街市・バスターミナル・茶餐廳・家品舗” …どれも魅力的なモノたちです。
それらが、
とてもコンパクトなエリアの中にゴチャッと詰まっているからか、
香港島の東部の 「筲箕灣(シャウケイワン)」 は、好みの街です。

大きさや雰囲気で言えば、
「街」かな。
それとも、
「町」かな。
…その判断がつきにくいような「まち」。

ここ筲箕灣には、
上記の4つに加えて、
“トラムの終点・折り返し地点” という魅力が加わりますから、
もう、
「トラム好き」としては、ハズせない まち。

そんな「トラム好き」のかたならば、
きっと退屈という2文字とは無縁のまま楽しく長居してしまいそうなのが、
トラム站を見下ろせる角地に建つマクドナルド。

とても快適な、広~い店内なのですが、
このマックの2方向ガラス張りの席の中でも、
コチラの「コーナー席」は、お薦めです。(笑)
まさに、I'm Lovin' It = 我就喜歓 の、コーナーシート。
やって来ては休憩し、またガタゴト歩み始める数々のトラムの様子を楽しめますよ。

そうそう、
今日のニュースで取り上げられていました。
香港のマックでは、「マックウエディング」というサーヴィスが始まり、
情人節の2月14日には、1組目のカップルが、親族を店舗に招いて挙式を行ったそうです。
現在予約が他に2組あり、70組が相談中だとか。。。
費用は9999H$。
約10万円のマックでの挙式。どんなメニューやおもてなしが展開されたのでしょうね。



b0201935_1849674.jpg



                                                                024.gif067.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチッと1クリック ↓ 応援していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-15 18:52 | 香港ご商売

歩む足が思わず止まる絶品巻蛋(ロールケーキ)

b0201935_18112488.jpg




利便性と、下町の風情と、麵飽餅店や茶餐廳が多くあるから、
上環より西の西營盤や石塘咀に滞在することが多いです。

この朝も、
西營盤の湾岸沿いのホテルから、トコトコ歩いて中環方面へ。
まずは上環を目指していました。

こんなんや、あんなんや、たっぷりいただいた今朝の朝食が、
ほどよくこなれた頃あいに、
満を持して訪れたのは、
上環の小さな麵飽餅店、「太子餅店」。
もう、
ここに、
来たくて来たくて、ロールケーキに会いたくて、仕方が無かったのです。

Des Voeux Road Central (徳輔道中)沿いの、永安百貨の真ん前にあるコチラのお店で、
念願かなって出会えたのが、
在住のジュンペイさんから「美味しいよ~」っと教えていただいていた、絶品のロールケーキ。
プレーン・チョコレート・コーヒーの3種。 たしか1個5$です。

香港で、ロールケーキを食べるのは、もう何年も続けていますが、
こんなにきめの細かいやわらかしっとりのロールケーキに会えるなんて…。

…感激しつつ、
パクパク味わいながら、
さらにトコトコ歩いて、中環方面に向かいました。

いや、
けっしてオーバーではなく、
その美味しさに、2~3度立ち止まり、
生地をしげしげと眺めつつ、喜びつつ、
あまりの美味しさにめまいを覚えつつ(笑)、なんとか歩けたのでした。

あまり、こういうことは書かないタイプですが、ここのロールケーキは、確実にリピート有りです。(笑)



b0201935_1828371.jpg


b0201935_18282858.jpg



034.gif









♫ お越しいただいて、ありがとうございます。またも、雪がポッポッと降っています~。明朝がタイヘン。 ♫
ポチリと1クリック ↓ 応援いただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-14 18:34 | 香港食べ物

歴史を背負った超級市場(スーパーマーケット)

b0201935_18441392.jpg




赤地に黄と白とで抜いた表記が、街のいたるところにある惠康(ウェルカム)のトレードマークですけれど、
赤柱に建つコチラの分店の表記は、ちょっぴり特別仕様。
なんとなく、日本の板チョコレートを彷彿とさせるこの配色。

表記も特別仕様なら、店舗の建物自体も、これまた特殊。
ご存知のかたも多いと思いますが、
旧警察署の庁舎を再利用するカタチで店舗に作り変えています。

だから、
店内へ足を運ぶと、
そこここに昔の名残が。

この階段や柱やフローリングは、
かつてどんな人間模様を垣間見て来て、
この空間には、
どんな音や雰囲気が宿っていたのかな。。。

街中の惠康ではありえない自然光を浴びながら、
そんなことを思いつつ、
買い物のあても無いのに、
毎度、なんとなく訪れてみたくなって入ってみる、趣きのある惠康です。



b0201935_18521912.jpg


b0201935_18525634.jpg



023.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリとクリック応援 ↓ していただけると、うれしいです。…昨日が初十でしたから、今日からまたカエルくん。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-13 18:56 | 香港ご商売


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧