プラスティック越しに遊んでみる

b0201935_17533317.jpg




空の上にまで運び込むモノだから、
考え工夫し尽くされた当然の結果だとは思うのですが、
「これ以上、余分なものはもう無い」…と感じさせられるほど、
ムダなものをスッキリ切り落とされたカトラリー類。

この、機内食前に供される飲み物のためのコップも、そうですね。
潔い薄さとデザインとが、特徴的です。
あ、あくまでも、エコノミークラスでのお話ですケド。。。

キャセイであろうが、
チャイナであろうが、
毎度のように、ついつい子どものごとく遊びます。(笑)

もしも、いくつか手元にあったのならば、
ペン立てや苗ポットとして、活用しましょうか。(笑)



b0201935_181938.jpg



                                                             emoticon-0162-coffee.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリと応援クリック ↓ いただけると、励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-12 18:03 | 香港のりもの

第2のフタをめくる楽しみ

b0201935_1861393.jpg




北角は春秧街ぞいのまん真ん中に位置するホテル、
ニュートン・イン・ノースポイント(北角麗東軒)。
目の前の春秧街を
モーゼの十戒のごとく、トラムがゆるりゆるりと歩み行く、
香港島ではウチのお気に入りの定宿のひとつです。

ホテルからほど近い、春秧街の西端に店を構える「太平燒味」は、焼き物屋さんですが、
品ぞろえも豊富で、手軽に利用もできるので、よく通いました。

この日も、
「公仔麵とサンドイッチと凍咖啡」という早餐セットを外賈で部屋にお持ち帰り。
テーブルの上に持参のクロスを敷いたら、朝食の準備完了です。
袋の底に敷いてくれる段ボール片に、これまたローカルな印字があったりして、それも楽しみ。
今でも自宅に何枚か保管してあります。(笑)

コチラの公仔麵は、いつもこんな楽しさが味わえました。
器のフタを開けると、いちめんの“両面焼き目玉焼き”の第2のフタ。
その第2のフタの下からは、
肉やらハムやら麵やらが、具だくさん状態でスタンバイ。
取り出す好みに応じて、順に顔を出してくれます。(笑)

「めくる楽しさ」をも教えてくれたのは、コチラのお店でした。
みなさんなら、どんな順で食します?(笑)



b0201935_18171612.jpg

b0201935_181748100.jpg



emoticon-0136-giggle.gif









♫ 週末の今日、お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリ ↓ とクリック応援していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-11 18:19 | 香港食べ物

仕事中は 一心同体

b0201935_18491616.jpg




とある街の大きな商業施設の階下にある、バスターミナルにて。
…何だか、お分かりになりますか?

今日の仕事をスタートさせる前に、
いつものように、
ここからヒョイッと自分のソレを取り上げて、
“今日1日を共にする相棒のバス”にセットすれば、
その瞬間、
その位置がマイシートになり、
お客さんは誰も立ち入ることが出来ない「聖域」になるのでしょうね。

同僚みんなが、
入れ替わり立ち替わりハンドルを握るのでしょうけれど、
コレがセットされたら、
今日の仕事の相棒が確定する、司機さんの座布団。

無造作にぶら下がっているかのように見えちゃいますが、
いえいえ、
どれもそれぞれがチェーンキーでとめられているのですよ。(笑)
「マイシートなんだから、間違わないでね。」とでも言いたげ。

1つ1つが、
好みの角度や高さに馴染んでいて、
司機さんお一人お一人の運転姿勢にピッタリくるのかもしれません。



b0201935_1859271.jpg



                                                          emoticon-0100-smile.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。また今夜から雪が降りそうです。 ♫
↓ 1クリック応援 ↓ をいただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-10 18:58 | 香港のりもの

愛おしき「角(かど)の丸いビル」 ~あまりにそっくりな構図(笑)~

b0201935_1722308.jpg




日本でも、以前は “丸みを帯びたビル” は、ありましたよね。
大正・昭和の時代の中で建てられた、公的なビルやデパートなど、
石造りのどっしりしたものが多かったような印象がありますが、
角張ったビルではなく、 「角(かど)の丸いビル」 が、かなりありました。

ウチの近くのエリアでは、もう見られませんが、
都会の方だと、
「由緒ある、趣きをたたえた建物」として、
今でも大切に残されている場合があるようです。

香港では、まだまだ数多い 「角の丸いビル」 。
スクラップ&ビルドによって、
どんどん建て替えられてしまっているのでしょうけれど、
古い唐樓(アパート)や大廈(ビル)などは、いまだに残されていたり、
バリバリ現役で、内部のリフォームを施されて、今に生きていたりします。

仲良くしていただいているmangonaokoさんが、
最近の記事の中で、
全く同じ 「角の丸いビル」 を
全く同じ立ち位置から撮ったスナップを載せていらっしゃいました。

香港に無数にある 「角の丸いビル」 なのに、
選び取った対象も場所も、全く同じ。
写真の構図まで あまりにそっくりで、びっくり。(笑)
もちろん、
2枚の撮影は偶然で、撮った年も季節も異なります。(と、思います。)

道なりにカーヴしているコチラのビル。
…ほんとだ、なんだかこっちに向けて飛び出してきているかのようにも見えますね。

有名でも何でもない、名も無い建物なのですけれど、
ふと見上げた時、
何かを訴え、迫ってくるものや魅力などがあるのかもしれません。。。


                                                              emoticon-0138-thinking.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチッとクリック応援 ↓ していただけると、嬉しいです。 今日で初七、兎年もすっかり定着でしょうか。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-09 17:45 | 香港まちあるき

長洲島の とあるお宅の玄関口にて

b0201935_17573392.jpg




ちょとばかり、季節はずれな画像かもしれません。
でも、
春節を経て、立春も過ぎ、
風の無い晴れた日の午後などは、春めいた空気さえ感じることが出来る日もあるこの頃。
春めいた…というと、言い過ぎかな?
ただ、たしかに、春の香りがふと漂うような午後や夕方、ありませんか?

思わず、
「小春日和のような日ですね」って口を突いて出てきそうな気分になりますが、
小春日和って、晩秋から初冬にかけての日々の中での表現ですから、違いますしね。
何か、相応しい表現の仕方は無いものでしょうか。(笑)

で、
話を戻して、
今日のコチラの画像。

長洲島の小路をそぞろ歩いていて、ふと目にしました。

暖かな日差しをやさしく遮るような玄関口には、
家屋と一体化した、やわらかな造形の金魚のフラワーベース。
活け込まれたグリーンと金魚の曲線とが、互いを引き立て合っているかのようです。

おめでたい象徴の一つでもある金魚。
春節のこの時期だけでなく、
コチラのお宅では、1年中、いやいや、ず~っと、
色あせたりはがれたりすることも無い金魚が、出入口を飾ってくれているのですね。

なんとも涼やかで穏やかな情景を味わわせていただけました。
こういう時、
見知らぬコチラのお宅のかたに、一言お礼を伝えたい気持ちになります。

思わず、
どなたかおられないかな…と家主の姿を捜してしまいました。
もしも出会うことが出来ても、
なんて言ってよいものか、言葉はさっぱり操れないのですが。。。

指差し示して、にっこり拍手をするだけでも、したかったです。(笑)


                                                              emoticon-0137-clapping.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチッとクリック応援 ↓ していただけると、励みになります~。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村


                                                              
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-08 18:10 | 香港離島

サイインプンの真心豆腐店

b0201935_1984046.jpg




西營盤(サイインプン)は Des Voeux Road West(徳輔道西)沿いの、コチラのお店。
たびたび宿泊する、湾沿いの2軒のホテルから、
朝の散歩を楽しんだ後は、
かなりの頻度で立ち寄って、
粢飯(チーファン=香港式おにぎり) と 豆漿(ダウジョン=豆乳) を買い求め、
温かなうちに朝食にしていました。

いつもカウンターの中から外の歩道に出て、
こうして粢飯を1つ1つこしらえておられるおばちゃん。
粢飯を握りこしらえている最中は、
代金として、コインや紙幣を一切受け取ってはくれません。
カウンターの中のお姉さん経由で、お金のやり取りを済ませます。

当たり前と言えば当たり前のことなのですけれど、
「清潔第一」をきちんと履行しておられるおばちゃんでした。

そんな安心感と、おばちゃんの笑顔もあって、
毎朝、
白米や黒米の粢飯を買いにかよっていました。

“出来たてホカホカ” に会える 「おばちゃんが歩道に立つ時間」 を待ってかよったのは、もちろんです。(笑)
これからも、きっとそうするでしょう~。



b0201935_1950123.jpg



                                                             emoticon-0125-mmm.gif









♫ 初五ですから、お休みは昨日までの方々が多いのでしょうか。 ♫
ポチリとクリック ↓ してくださると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-07 19:55 | 香港ご商売

的士司機(タクシードライヴァー)さんの アタリ・ハズレ

b0201935_17284332.jpg




運転席のすぐ後ろに、乗客が座るシートがあって、
乗車賃は走った分だけを 運転士と乗客との間で手渡しのやり取りをして支払う。
…タクシーって、
現代に残っている「力車」に、もっとも近い乗り物かもしれませんよね。

力車は、もう展示物になってしまいましたけれど、
タクシーは、増殖の一途なのでしょうか。
2003年のデータだと、
香港で走っているタクシーは、赤い市區的士(Urban Taxi)だけでも、15250台ほど。
緑色の新界的士(NT Taxi)や水色の大嶼山的士(Lantau Taxi)も存在していて、
これ以降も台数は増えているでしょうから、
星の数ほどのタクシーが、今日も街町を流しているのでしょう。

タクシーのアタリ・ハズレの定義は、いろいろと考えられるのでしょうけれど、
良いタクシー運転手さんに当たる場合には、快適そのものでいいのでしょうね。
でも、
ハズレのタクシー運転手さんだと、怖い思いや不快な思いをしなくちゃならないのかもしれません。

コチラの運転手さんは、
並走している限り、運転中、ずーーーーーーっと、こうでした。。。

右手にはケータイ。
ハンドルを操る左手には、数え中のお札。

こういうコトだけではないのですが、
アタリ・ハズレを気にしなくちゃならないタクシー。
やっぱりウチは、タクシーに乗ることそのものが、苦手です。。。(笑)



b0201935_17434557.jpg



                                                             emoticon-0121-angry.gif









♫ お越しいただけて、ありがとうございます。 ♫
始まったばかりの兎年。ポチリとクリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-06 17:47 | 香港のりもの

粉嶺ならではのドライヴスルー?

b0201935_1810227.jpg




もう少し北上すると、香港と大陸との境界線に近づく、
新界北端に近い郊外の町、粉嶺。
町の中の路地をいつものようにジグザグ散策していて、
タクシーやトラックが行き来する道路に出てしまいました。

メインやサブメインの道って、
興味深い光景は、けっこう少ないもの。
もう1度、路地裏へ入り直そうか…と思ったその目に飛び込んできたのは、
ユニークなコチラのディスプレイ。
いや、失礼。
お供え物です。。。

店の前の歩道を軽々と飛び越えて、
クルマの通る道路に堂々と置いてあるのは、
今日の果物の供物。
バナナ・リンゴ・オレンジなどなど。。。

初三の今日も、
こんなふうにお供えが出ていたのかもしれません。
いや、
初三だから、
もっともっと賑々しいお供えだったのかもしれないですよね。(笑)

粉嶺、おそるべし。


                                                             emoticon-0137-clapping.gif









♫ 週末の今日、お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
クリック ↓ していただけると、励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-05 18:21 | 香港まちあるき

テリテリ ・ カリカリ ・ ジュワッ

b0201935_1954587.jpg


b0201935_1963674.jpg




焼き物の中でも、
今までにもっとも頻繁にオーダーしているのが、
蜜汁叉焼と焼肉かもしれません。
乳猪も大好きなのですが、売り切れで会えないことが多くて。(泣)

蜜汁叉焼ならば、柔らかくて、適度に脂身があるジューシーなもの。
焼肉ならば、表皮の部分がパリパリしてて塩味のきつすぎないもの。
…自分の好みの傾向は、
巡り会う機会が増すにつれて、だんだんとそうなってきました。

単品でオーダーして、少しずつ食べ楽しんでも、
飯モノとしてオーダーして、ガガッとかっ込んでも、
味わい深い蜜汁叉焼&焼肉。

地元の皆さんは、ご贔屓のお店の「焼き」や「味」を大切にしておられるのでしょうね。

店によって、どうしてこんなにそれぞれの仕上がりが異なるのだろうと思うほど、
ホントに、味も歯ごたえも様々ですよね。
そして何より、最初に目の前に供された時の「見栄え」の多様さ。。。
その姿から、味や歯ごたえが想像できる場合もありますけれど、
見た目と実際とが、嬉しく期待を裏切られる美味しい1品と出会えると、
蜜汁叉焼と焼肉の奥深さに唸りたくなります。(笑)

まだまだ出会いを待っている1品が、香港中に、星の数ほど存在しているのでしょうね。


                                                             emoticon-0110-tongueout.gif









♫ 初二の今日、お越しくださってありがとうございます。 ♫
ポチッ ↓ と、クリック応援していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-04 19:19 | 香港食べ物

下町の露店裏のオープンキッチン

b0201935_18121020.jpg




九龍側の近場で挙げるなら、
荃灣と少し似たような色合いを持っている深水埗。
いや、
ゴチャゴチャッと商店がところせましと立ち並ぶ愛しい下町の雰囲気は似ているのですが、
道路の歩道寄りに、両側ギッシリと密集する露店の多さでは、
荃灣よりも深水埗の方が、圧倒的な賑わしさで、DEEPかもしれません。

何気なく街歩きをし始めると、
ついつい、
露店と露店に挟まれた道路の中央を歩んでしまって、
道の両端にもギッシリ建つ唐樓の地階にある店舗をついつい見逃してしまいます。

でも、
コチラのお店には、なぜだか毎回のように覗きに足を向けます。
ホテルを出て、香港島から深水埗までバスで向かって、散策していると、
毎年、決まったように、ほぼ同じ時間帯に訪れるようです。(笑)
見かける店頭のこの光景も同じ。

いつも、
店の一番出入り口側のテーブルで、
目にも止まらぬけっこうな早業で、
皮に具を包んでおられます。

まさに、オープンキッチン。
…ちょっと遠慮しながら、こっそり撮らせていただきました。

今日は正月。
正月には、家族揃って水餃子をこしらえて味わい楽しむ習慣も根強い中華圏の各家庭。
恭喜發財  吉祥如意  迎春搞福  恭賀新禧
ウチも、大量に水餃子をこしらえて、夕食に楽しみたいと思います。
…日本でも、春節が定着して、その日は「餃子を囲む日」だって習慣になればいいのにな。。。(笑)



b0201935_1832258.jpg



                                                              emoticon-0136-giggle.gif









♫ 新年おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 ♫
ポチリ ↓ とクリック応援していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-03 18:35 | 香港ご商売

地に設えられ 天に昇りゆく

b0201935_18162053.jpg




お店や住居の入り口付近の歩道に、
ささやかに置かれている供物( くもつ )。

香港で出会う、こうした供物も、
タイ・インドネシア・ヴェトナム…アジアそれぞれの街かどで目にする供物も、
供えられているものや色・形は異なれど、
ピュアで神聖な祈りの気持ちが注ぎ込まれこしらえてあるその姿は、美しいですよね。

供物そのものが、
ひとつのコラージュアートにさえ感じられることもあります。

丁寧に並べこしらえられたコチラの供物、
やっぱり、日々の営みにのっとって、
焚きくべられて、天に昇ってゆくのでしょうか。

燃え尽きて姿を消す前の供物は美しいけれど、
供物を美しく設えるそのお宅の信仰心の美しさこそを
いち通行人が感じさせていただける一瞬なのかもしれません。



b0201935_1823113.jpg



emoticon-0144-nod.gif









♫ 大晦日の今日も、正月を迎える明日も、信仰深い香港の皆さんは、日常以上に祖先やそれぞれの神様を敬い、願いを捧げ向ける営みを盛大に行うのでしょうね。 ♫
お越しくださってありがとうございます。ポチリとクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-02 18:27 | 香港つれづれ想うこと

窓に手を伸ばして…

b0201935_18295024.jpg




都市部ひとつ取り上げても、
新旧多種多様な「窓のデザイン」が混在する香港。

最先端のオフィスビルから、
コチラアチラソチラ のような古の唐樓まで、
さまざまな建物がありますが、
新しい建物ほど、エアコン設備が万全で、
窓は、
あかり取りやデザイン優先で設けてあるようですから、
こうしてきちんと開閉が可能な窓って、
少なくなってきているのではないでしょうか。

あかり取りやデザイン優先だけでなく、
風を通し、
香りをも招き入れる、
昔ながらの開閉可能な窓。

そんな機能的な窓の「わく」や「開閉方法」の在り方さえ、
日本の窓よりも、多様性に富み、趣きがありますよね。

海の眺められる、こんな唐樓に暮らしながら、
窓に手を伸ばすひとときを1日に何度も楽しめたら、
ココロも解放されて、リフレッシュできそうですね。


                                                             emoticon-0122-itwasntme.gif









♫ お正月2日前ですね。明日は大晦日。いよいよ虎年もおしまいです。 ♫
ポチリ ↓ とクリックプレゼントしていただけると、嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-02-01 18:42 | 香港ふうけい

明るい時間帯のプロムナードから

b0201935_19104679.jpg




100万ドルの夜景。
あ、
金額が違ってたかな?(笑)
いや、
実際に、そう呼ばれ例えられた時代よりも、
今はさらに、
よりいっそうネオンまたたく香港島の夜景ですものね。
啓徳空港の時代と違って、ネオンが点滅することが許されて以降、
レーザー光線まで飛び交うようになってしまいましたし。。。

それもそれで、他に類が無いほど素敵なのでしょうけれど、
まだ陽が昇っているうちに、
ゆったり観られる、こうした「顔」も、好みです。

とくに、
夜のお勤めを終えて、ひと眠りしているかのような午前中の「顔」とか、
曇りや雨の空の下で、もわっと霞んで佇んでいるような時の「顔」とか。

大都会だから、すでに機能し動きつつあるのでしょうけれど、
せわしなさや、時の流れの早さを
スケールの大きな情景の中で、すべて飲み込んでゆったりしているように見える、こうした「顔」を
ぼんやり眺め楽しむことも、魅力を感じるひとときです。

…こうしてひと昔前の香港島を眺めると、今とはけっこう異なるように感じますね…。

                                                              emoticon-0162-coffee.gif









♫ お越しくださってありがとうございます。 ♫
ポチッとクリック応援 ↓ していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-31 19:46 | 香港ふうけい

…ちょっと怖い…

b0201935_18535241.jpg




小雨が降りしきる中環の路地散歩。
人民日報の香港発行店の店頭には、
こんな光景が。。。

なぜ、
こんなトコロに、
こんなモノが、
こんな色で・・・。

謎だらけ。

時刻は、お昼頃だったのです。

なんだか、ちょっと、構えちゃう、特殊な「赤」でした。



b0201935_19133996.jpg



emoticon-0124-worried.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリと ↓ クリック応援していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-30 19:16 | 香港まちあるき

ココからその1品は生まれます

b0201935_18421956.jpg

b0201935_18425690.jpg




路線バスに乗って、新界の郊外に向かおうと街を歩いていて、
ホテル近くの荒物屋さん(家品舗)の店先で、ふと目にしました。

ブラシや竹籠などが雑然と積み上げられている中で、
埋もれるように置いてあるコチラの品。
何に使うモノなのか分からなかったのですが、
歩み行く太太を呼び止めたら、教えてくれました。

家庭専用なのかな。
それとも、
レストランなどでも日常的に使われるのかなあ。

点心の中でも、
大好きな1品。
訪港したての昔は、
飲茶の席では、欠かさずに注文していた1品でした。
今は、自宅で太太がけっこう頻繁にこしらえて夕食に出してくれます。

「大根餅」をこしらえる際に、最初に使う“おろし金”なんです。
和食の中で使う大根おろしって、力仕事でもありますから、ときどき任されますが、
コレを使うと、大根餅のアノ姿の原型になってくれるんですね。

ああ、、、
こうして今、記していて、
食べたくなってきてしまいました。。。



b0201935_18562461.jpg



                                                             emoticon-0138-thinking.gif









♫ 週末の今日、お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
大根餅をお好きなかたはもちろん、そうでないかたも、ぜひポチリとクリックしていただけると、嬉しいです。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-29 19:01 | 香港くらしの雑貨

むか~しから好きな ドバドバのっけご飯

b0201935_18232626.jpg




いくら自分のカタコトエイゴでも、
ここでは広東語しか通じないであろうと思われる、
元朗の賑々しい飲食街の路地。

このテの店構えがあちこちにある中で、
おかず保温ケースの回転がよさそうな1軒を選んで、
ガラスケース越しに、ニコリとアイコンタクト。
相手のお店のお姉さんは、忙しくはしていなさそうだけど、ニコリは返してくれず。(笑)
ここは香港。
これしきのコトで、入店する気持ちは萎えません。
「オーダーするよっ!準備はいい?」っていう雰囲気を漂わせつつ、さらにおかずの前にグッと近づきます。
すると、お姉さんも、ご飯を盛り付けるしゃもじを右手に持って、臨戦態勢。
いいねいいね。
こういう雰囲気。(笑)


三寶飯にしようか、
四寶飯にしようか。

おかずを品定めしつつ、
やっぱり迷わず四寶飯。

お姉さんに指4本を立てて、
あとは、
好みのおかずを指差しオーダー。

ちゃんと美味しそうな部分を取り分けてね…と願いつつ、見つめるおかず団地。
盛られた飯に、ドバドバのっけられて差し出されるまで、20秒かからず。
ザ・リアル・ファストフード!!
…もうあと少しおかずがあたたかいと、なお良いのですけれど…。

何も言葉を発しなくても手に入る、ドバドバのっけご飯。
ヘタすると、
何ひとつ話さなくても用足りてしまう日本のコンビニみたい。

それはあまりに味気ないので、
『多謝。』だけは大きめの声で言ってきました。



b0201935_18374496.jpg



emoticon-0159-music.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチッと1クリック ↓ していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-28 18:42 | 香港食べ物

果物屋の看板ニャンコ 2 ~ふたりでなかよし~

b0201935_18533386.jpg




以前、ご紹介させていただいた
石塘咀街市の入り口にある、果物屋の看板ニャンコです。

今日は、
タッちゃんは気持ち良さそうにまどろんでいますね。

「それ以上近づいたら、おこしちゃうから、そこに居てね。」
…とでも言いたげな表情でコチラを見つめているニャンコは、
よく一緒に居る子です。

つがいなのか、
兄弟姉妹なのか、
それとも親友なのか、
この子には、名前を付けていません。
どんな名前がいいでしょう?

あ、そうそう、
タッちゃん、
やっぱり、ドラゴンフルーツ好きそうでしょ?(笑)
箱詰めの上よりも、生で陳列されているその近くが、落ち着くのかな。

若ご主人の、ふと垣間見えた表情も、印象的です。



b0201935_1902019.jpg



emoticon-0142-happy.gif









♫ 春節まで、あと1週間となりましたね。いよいよウサギ年が近づいています。 ♫
よろしければポチッ ↓ とクリックしていただけると、うれしいです。お越しくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-27 19:04 | 香港ご商売

香港トイレ事情 ~ひっそりと存在する穴場トイレ~

b0201935_1882856.jpg




ひと昔前の日本だったら、
公園や百貨店や駅などでしか、借用することが無かったトイレ。
いつの頃からか、
日本のコンビニエンスストアで、
トイレを自由に借用できるようになりましたよね。

画期的なサーヴィス向上のひとつだったのかもしれません。
それなりのエリアに居れば、あっちにもこっちにも軒を連ねるコンビニ。
どのコンビニでもトイレを借用できるようになった今、
日本人も、
日本に旅している海外からの皆さんも、
自宅やホテルを1歩出た後にトイレに困ることって、まずあり得ない状況。
まさに文字通り、こんなコンビニエントなトイレ事情に恵まれている国って、他に無いのかも。

そんな私たち日本人が、日本から出て海外へ赴いた時、
外国で「トイレポイント」を押さえておくことって、
けっこう大切だったりしませんか。

香港も然り。
加えて、
ホテル以外での「香港のトイレ(厠所)事情」って、
けっこうキビシイ部分(笑)も、ありますし。。。

ある程度、安心できるトイレ(清潔さの意味でです)なら、
SCや新し目の大廈の中のトイレでしょうか。

ただ、
テナントで入っているお店からカギを借りないと、トイレのドアそのものが開けられないパターンも多いから、
地元の皆さんがそうしているように、ドア付近で何気なく待っていて、
カギを持ったスタッフさん達が入ると同時に、サッと入らせてもらうとかしますよね。
…タイミングと粘りが必要な時って、あります。(笑)

また、
カギを借りられて、
トイレへの道順を英語で教えてもらえたまでは良いけれど、
そのドアに行き着くまでに、まるで迷路のように建物内を探検しなくてはならない場合も。(笑)

どうしても、運良く巡り会えなかった場合には、
街市のトイレが確実でしょうが、
きっと、ある意味の「勇気・覚悟」も必要だったりして。。。

日本でのトイレ事情と少々異なる香港の実態は、
慣れるまでは、ちょっとばかり険しい道のり。。。

みなさんは、どうでしょう。
やはり、それぞれのエリアでの「トイレポイント」をおもちですか?

自分も再訪するエリアなら、やっぱりいくつかマークしてあります。(笑)
初めて出かけるエリアが長時間の場合なら、水分摂取をやや控えておくなどしますケド。

例えば、
中環での「トイレポイント」なら、スタバ2軒やランドマーク。
上環なら、西港城など。
その、ちょうど中間地点なら、ココ。
「地下カーヴトイレ」とでも名付けましょうか。(笑)

歩道に、忽然と地下へ向かう入口が穴を開けていて、
地下鉄駅へでも降りるかのように、招き入れられます。
ちょうど、クルマが交差する道路の真下に、いきなりトイレが設けられている状態です。
肝心な「清潔さ」もOK。
ひっそり佇む、まさに「穴場」です。

あ、
女性用が対になって存在するのかどうなのか…
…そこをリポートしていなくて、申し訳ありません。。。


                                                             emoticon-0107-sweating.gif









♫ お越しいただけて、ありがとうございます。 ♫
ポチッと ↓ クリックしていただけると、励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-26 18:39 | 香港まちあるき

続:隧道 ~キオクには無い 光のキロク~

b0201935_18111510.jpg




バスに揺られながら楽しむ移動。
トンネルの入口に向かう時の何枚かや、
トンネルの出口を迎える時の何枚かを
写真に撮ることが、好きです。

それに加えて、
トンネルの中ででも、
カメラを向けてみるのは、おもしろいですね。

カメラを向けたその時には、
モニター越しに見ていても分からないのですけれど、
撮り終えたあとに再生してみると、
興味深い光の残像が刻まれていて味わえる…。(笑)

意図せず、
コントロールも不可能な、
タテ・ヨコ・ナナメ揺れの、
体だけが体感していたはずの振動が、
灯りの軌跡を刻み残してくれます。

生身の「眼」では見えなかったものたちが、
レンズやデジタル信号を通して姿を現す。。。

この日は、緑の龍がバスの前を飛んでいました。(笑)
キオクには無いのですが、キロクには写り込んでいるのです。



b0201935_18223089.jpg



emoticon-0160-movie.gif












♫ お越しくださってありがとうございます。 明日は、また雪?♫
ポチッ ↓ と1クリックしていただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-25 18:25 | 香港ふうけい

隧道 ~香港でいくつも味わえるトンネル~

b0201935_18483238.jpg




そこに何が見えるとか、
特別な何かがあるとかではないのですけれど、
巴士(バス)に乗っていてトンネルを迎えると、
いつも、ついついレンズを向けています。

トンネルに入って行く、まさにその時や、
トンネルから出て行く、まさにその時に、
目を凝らしたり、シャッターを切ったりするのが、好きなようで。(笑)

湾や山をはさんで、
別々なエリアを結び繋いでくれるトンネル。
異空間に潜り込んで行くかのような入り口にも、
別空間の情景が徐々に広がりゆく出口にも、
なにかしら惹かれるところがあるからでしょうか。。。



そうそう、
日常の暮らしの中で、
立て込んで来たり、ちょっとしんどいことが重なったりした時に、
『出口の無いトンネルは無い』…
…そんなコトバを思い出しもします。(笑)



b0201935_19153069.jpg



                                                             emoticon-0144-nod.gif












♫ お越しいただけて、嬉しいです。ありがとうございます。 ♫
ポチリと1クリック ↓ していただけると、励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-24 19:05 | 香港ふうけい

それぞれの日々の営み

b0201935_17591158.jpg




以前は、ときどき、
“香港らしさ”の一端を紹介するガイドブックやTV番組などで、
こうした日々の運動を日課としておられるおじちゃん・おばちゃんの姿が、
公園や建物の一角などで撮られていました。

太極拳から武術的な要素を取り除き簡略化したこの“体操”、
制定挙と言うのでしたっけ…。
これといって特別な道具も広さも不要な、この営み。
公園などが無くたって、
実行可能ですものね。

ことに、
思いのほか公園が少なめのこちらのエリアでは、
行人天橋(Footbridge)の中が、恰好の場所のようでした。

疾走していくクルマたちとは、全く異次元の時の刻みをもちながら、
ゆるやかに舞い、気を整える営みは、
欠かせぬひとときなのでしょうね。

運動後は、
やはり、ひと休みしに、茶餐廳などへ寄られるのかなあ。
ついて行って、少しだけでも顔見知りになれたら、ご教授願いたいです。(笑)



b0201935_1873854.jpg



                                                            emoticon-0169-dance.gif












♫ お越しいただけて、ありがとうございます。 ♫
ポチリ ↓ と1クリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-23 18:09 | 香港まちあるき

ホテルとして

b0201935_18162581.jpg




団体客をとっていなくて、
欧米人の個人客や二人連れ・家族連ればかりが目立った、コチラのホテル。
とてもきれいで快適で、居心地の良い滞在先でした。

街の中心部からは、やや離れているものの、
50m以内に、コンビニや超級市場や飲食店が豊富で、街市や公園などもあります。
トラム站やバス停も近くにあって、
なおかつ、周囲は適度に下町風情が感じられて。

やや中心部から離れた立地であっても、
リピーターの皆さんは、十分に豊かな利便性を知っていて、再訪されるのだろう…
…山積みになったトランク類をいつも見かけて、
そう思いました。

毎朝、ロビーのFREE・PCでブログなどを見ていると、
決まった時間帯にチェックアウトが集中して、スタッフの皆さんも忙しそう。
それでも、
ご覧のように、
宿泊客が渋滞していたり待たされたりしている様子は皆無でした。
丁寧な対応や、笑みを絶やすことの無いスタッフが、
スマートにお客に向き合って、仕事をさばいておられました。

お金を落としてくれる対象ではあるけれど、
赤い国の団体客に席巻されて、ホテルに質を落としそうになる部分を生じさせないように、
ホテルとしての品を維持しようとしておられる気質やホスピタリティーを感じました。

日本も昔は迷惑を沢山おかけしてしまっていたのでしょうね。


                                                             emoticon-0147-emo.gif












♫ 週末、お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチリと応援クリック ↓ していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-22 18:29 | 香港ホテル

こんなガッフェに惹かれます

b0201935_18241767.jpg




コチラのブログ名「koedagaffe」にも滲み出ている通り、
“ ガッフェ(gaffe) = 咖啡 = 香港式コーヒー ” が、とても好きです。
あくまでも「咖啡」であって、「珈琲」ではありません。(笑)

そのガッフェが、
日本や欧米その他多くの地のようなカップ&ソーサーで供されるのではなく、
香港ならではの、あのボーンチャイナのぽってりした器に、
こぼされながら注がれて届く状況。
これが、とても好みです。(笑)

でも、
ときどき出会える、
こうした姿でのガッフェは、
カップ&ソーサーで供される以上に、好き。

ちいちゃな受け皿の上に、
シンプルな意匠のグラスがのっけられ、
ご親切に(?)最初からスプーンまでも突っ立っている。。。

チャイを彷彿とさせるこの魅力的な姿は、
もう、これ以上ムダなものをそぎ落とす必要が無いほど、
簡素な美しさを醸し出しているのではないでしょうか。(笑)

ただ、
これ、
自宅で真似てみても、
やっぱりどこか違ってて、
魅力半減なんですよね~。
珈琲(コーヒー)には近づけても、咖啡(ガッフェ)は なかなか再現できず…。

茶餐廳で、
ぶっきらぼうに「ホイッ・カチャカチャッ」と供されるから、味わいも格別なのかもしれません。


                                                            emoticon-0162-coffee.gif












♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチッとクリック ↓ していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-21 18:41 | 香港飲み物

ひも解けば そこがダイニング

b0201935_1836125.jpg




いつも香港へ持って行ってる“花の咲く魔法のバンダナ”。(笑)

ホテルの部屋の無機質なテーブルや、
散歩途中の公園のベンチなどで広げれば、
そこが一瞬でウチのダイニングテーブルに変わります。

同時に、
携帯用の小さなバッグから取り出してひも解くのは、
これまた、
いつでもどこへでも連れ歩いている“カトラリーセット”。
手縫いの布の中には、
大小さまざまなナイフ・フォーク・スプーン・箸…はては、マドラー・つまようじ・小さな調味料まで、
「その場で分け合ったり飲食したり出来る状況」にいつでも応じられるように、
こまごまとしたものが、それぞれのポケットに入れられて忍ばせてあります。(笑)

小さなエンピツをひも解くと、
そこがいつもウチのダイニング。

バリ・ヴェトナム・バンコク・シンガポール・ソウル…いろんな街へ連れて行かれてますが、
お目見えするのが圧倒的に多いのは、やっぱり香港なので、
香港の情景を
いちばんたくさん吸いこんでいる、ささやかなツールなのかもしれません。



b0201935_18444453.jpg



emoticon-0155-flower.gif













♫ 今日もお越しくださってありがとうございます。 ♫
ポチリとワンクリック ↓ していただけると、はげみになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-20 18:47 | 香港くらしの雑貨

思わず2度見しちゃいます ~分かるような分からぬようなニホンゴ~

b0201935_18323552.jpg




街の商店街で見かけたコチラのお店、
黄緑と黄の紙にデカデカとマジック書きされているように、
「全場2元」=2ドルショップですね。

あはは。(笑)

「こりゃあ、店に入ってみるしかない!」
そして、
「お買い上げしなきゃあ、ソンソン!」
という気持ちを煽るわけなのでしょうか。。。

でも、
どうして、
このステキなニホンゴと英語との並列なのでしょうね。
「広東語だけ」でも「北京語だけ」でも無く、
フシギなニホンゴなのは、どーして?(笑)

メイド・イン・ジャパンの崇拝傾向は、
こうした路面店のキャッチコピーにも、反映されているのでしょうか。。。
いや、
もっとも、
店内で売られているモノたちは、みな、メイド・イン・チャイナでしたケド。(笑)

で、
さらに、
この2つの並列表記を眺めた時、
英語の方を読んで、初めて、言わんとするコトがのみこめて、
ニホンゴの方を2度見する…という不可解な楽しさが味わえて、
なんとも愉快でした。


                                                            emoticon-0125-mmm.gif













♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
よろしければ、ポチッ ↓ と押していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-19 18:45 | 香港ご商売

的士(タクシー)の司機さんありがとう

b0201935_18431738.jpg




その言い伝えのエピソードを話し始めると、とてもとても長話になっちゃうので、
思い切りはしょって記します。ごめんなさい。
  ↓
昔から言い伝えられる、
厄除けであったり、
幸運や幸せを呼び込む意であったりする、
「福」を逆さにした“さかさ福(フクダオ)”。

街中でみかけた的士の後部にも、
まさに、さかさ福が、ありました。(笑)

いや、
的士のドライヴァーさんが、
何気なくヒョイッと、後席うしろに投げ置いたものが、
たまたまこうして“さかさ福”になって見えているだけなのかもしれませんが、
『ウチのクルマを眺めてくれた人が、シアワセになりますように…。』
と、
意図してセットしてあると考えたら、
それもまた、ハッピーな解釈であって、悪い気はしないものではないでしょうか。(笑)

真相は分からぬままですが、
見かけてニコニコしたことには違いない、信号待ちでの1コマでした。



b0201935_18503515.jpg



emoticon-0102-bigsmile.gif













♫ お越しいただけてありがとうございます。 ♫
ポチリとクリック ↓ していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-18 18:52 | 香港のりもの

ウチの食卓必需品

b0201935_18322014.jpg




ウチの日常の食卓で、しょっちゅうしてしまうのが、
アツアツの白いご飯に、
潮州辣椒油(CHIU CHOW CHILI OIL)を加えて食すパターン。

あまりにも好みの1品なので、
多く使いすぎないようにココロしながらも、
タラリタラリとまんべんなく垂らし、
その上から、
ほんのちょっとだけ醤油をさらに垂らしたら、
もう、
ガツガツいただくだけ。
思わずかっ込みます。(笑)

舌と口に広がる、強めの辛さと、
鼻に抜ける香りが絶品です。

そういえば、
昨年「食べるラー油」なるものが流行りましたね。
流行モノにまったく疎いウチなのですが、
この潮州辣椒油だけは、10年以上前から虜になってます。(笑)

訪港のたびに、
ゴロンゴロンと買い求めて来て、
こうして太太があっという間にホテルのベッドの上で梱包し、
「割れ物持ち帰り品」の中へ…。

9~10瓶ほど包み入れれば、
なんとか次の訪港までは、いつものように2人で美味しくタラ~リ出来ます。



b0201935_18433463.jpg

( ↑ のコラージュ写真は、クリックしていただけると、大きくなります。 )

emoticon-0110-tongueout.gif













♫ お越しいただいてありがとうございます。すっかり雪国になってしまった昨日・今日です。 ♫
よろしければポチッ ↓ とクリックしていただけると、あたたまります。(笑)
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-17 18:46 | 香港食べ物

クーラーと同居するダウンジャケット

b0201935_18263359.jpg




20年ほど以前の夏の真っ盛りの時期に、
クーラーでガンガンに冷えた中華系デパートの上階に来ると、
旅行カバン売り場と隣り合わせのようにして、
皮のジャンバーやダウンジャケットを大量に陳列してあるコーナーをよく目にしました。

どうして、こんな暑い国の暑い時期に、
皮のジャンバーやダウンジャケットなどを取り扱っているんだろう…
いつも不思議に思ったものです。

それでも、何年かして、
真冬の香港を訪れることが初めて可能になった時に、
売られていることに、少しだけ納得しました。
けっこう、冷える日もあったし、
街ゆく人の中には、
半袖の欧米人に混じって、
ダウンジャケットや防寒ジャケットを着込んでいるかたが多かったからでした。

だけれど、
真夏の香港でも、
こうした防寒衣類が取り扱われていた事実は、
やはり今でも、ナゾです。

寒い国や内地の北部方面に着て行ったり、
お土産にしたりする需要があったのでしょうか。

クーラーが効いた店の店頭に積み上げられた、冬の衣類。
これも、香港ならではの光景のひとつなのかもしれませんね。



b0201935_18351689.jpg



emoticon-0104-surprised.gif













♫ 日曜日の明け方前から1日降り続いた雪が積もり、いちめん銀世界のウチのエリアです。 ♫
雪ダルマくん ↓ を ポチッとクリックしてくださると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-16 18:40 | 香港ご商売

ここを通るたびに思うこと ~香港機場にて~

b0201935_184353.jpg




肩を落として離港しなければならない日には、
こうして、まるで自分も誰かに待っていてもらえているかのように、
コチラに向けて注がれる大勢の人々の視線を受けるエリアも無いし、
搭乗ゲートに近づくほどに、
極端に多く聞こえてくるようになる日本語を残念に思いながら過ごしますよね。

でも、
こうして、
訪港した日にこそ味わえる、このような出迎え風景は、
訪港することが出来た嬉しさも手伝って、
浮き立つ気持ちで通過して行けると思われませんか?(笑)

なんだか、
ここにこうして佇んでいる人々が、
みんなして、
自分の訪港を
首を長~くして待ってくれていたかのようにさえ錯覚するエリア。

イミグレーションを通過して、
バゲージピックアップを済ませて、
「帰って来たよー!!」っと口にしながら自動ドアの外に出た、出迎えの人々が待つエリア。

もう、すっかり忘れてしまっているのですが、
カイタック空港だった頃は、
このエリアが、もっともっと顔も姿も声も、混沌としていたような印象があります。

いや、
ツアーガイドさん達と、ちゃんと出会えるかどうかドキドキしながら、
この出迎えエリアをゆっくりゆっくり歩んでいたでしょうから、
自分に投げかけられるかのようなすごい数と熱さを伴なった視線を
実際以上に感じていたのかもしれません。

ツアーのシールが、
みなさんに少しでもよく見えるように貼り直して、ここを歩んだ経験を思い出しますもん。(笑)

あの頃のドキドキ感や新鮮さは、
今味わうドキドキ感や新鮮さとは異なるものでしょうけれど、
あの頃があっての今。。。

“かつて” と “現在” とは、
たしかにつながっているものなのでしょうね。


                                                        emoticon-0138-thinking.gif


(↑の「カイタック空港だった頃」の記事の中に貼り付けてあるYouTubeの着陸シーンの動画。
 何度見なおしても、素敵ですね。
 最後のナレーション「グッバイカイタック・アンド・サンキュー」に、胸が熱くなります。。。)










♫ 今日もお越しくださって、本当にありがとうございます。 ♫
よろしければ、ポチリ ↓ とクリック応援していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-15 18:57 | 香港ふうけい

パンで部屋朝食 ~ときには湯煎つき~

b0201935_1846282.jpg



b0201935_1847715.jpg




自称“炭水化物星人”の朝食は、
昔から、大量のパンが多いパターンなのですが、
その中でも、はずせないのは、
ロールケーキ ・ パイナップルパン ・ ココナッツロール ・ タンタ…などです。
やわらかくって、あまくって、ふわふわしてて、ほろほろで、美味しいパンたち。

ときどき、
「今日行くパン屋さんにコレがあったら、買って来てね。」
と、
太太からご指名がかかって、買い足してくるのは、
モチッとしたシリーズ。

ほら、
あの、
ココナッツ団子のような、
ああいう、ちっちゃなお菓子の類です。

この日のリクエストは、豆沙角。
豆沙角…どう読むのでしょうか。
ウチでは、トウサコと読んで(呼んで)います。(笑)
上の2枚画面、左端の揚げものが、豆沙角です。中身はあんこ。。。

揚げたて作りたて…に出会える確率が、とても低い1品なのですが、
冷えたこれを買って来て、
ホテルの部屋で、沸かしたお湯と共に、外賈の後の器やビニール袋などを使って、
太太は、器用に湯煎(ゆせん)して、やわらかくあたたかでモチッとした1品に「復活」させてくれます。(笑)

そんな日常の光景をこうして撮っているのも、どうかと思いますよね。(爆)



b0201935_1859085.jpg

(湯煎のコラージュ写真は、クリックしていただくと大きくなります。)


                                                           emoticon-0162-coffee.gif













♫ お越しいただけて、ありがとうございます。 ♫
ポチリとひと押し ↓ 応援していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
# by koedagaffe | 2011-01-14 19:03 | 香港食べ物


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

お気に入りブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧