タグ:のっけご飯 ( 7 ) タグの人気記事

“独りお楽しみ自由時間”に再興燒臘飯店でつゆだくのっけご飯

b0201935_684486.jpg


b0201935_694918.jpg


b0201935_6105355.jpg




毎朝、いつものように、
太太とは、下町の麵飽餅店(パン屋)で買い求めたローカルパンや粢飯をホテルの部屋でいただきながら、
今日の大まかな過ごし方を相談します。

「もう少し部屋でゆっくりしてから、街へ出るわ。」という希望だったので、
朝から歩き始めたい僕とは、異なる思い。
…というわけで、
午後1時くらいまでの5時間ほどは、別々に単独行動をすることに。

ウチが訪港中によくやる“独りお楽しみ自由時間”…いわゆるフリータイムです。
まあ、二人で一緒に居ても、これすべて自由時間のようなものですけれど。。。(笑)

と、そんな時間を銅鑼灣をふらふらしながら過ごし、
灣仔までさらにふらふらしつつ歩いてきて、
まだ早いかな?と思われる時間帯に、再興燒臘飯店へ独り寄ってみました。

お客さんもまばらな状態だったので、
おばちゃんがおもしろがって、なにかと相手をしてくださいました。

注文はどうしよう。
前回が雙拼飯だったから、今回は三寶飯で。
オーダーを告げた舌の根も乾かぬうちに、サッと供される早業です。
こういう時、ほんとうに、厨房の中の所作を見ていたい…と思っちゃいますよね。
きっと、
確かな技と、鍛え抜かれたリズム感とで生み出される三寶飯。

ちゃあんと適度に脂がのっている柔らかな蜜汁叉焼と油雞と鴨。
数日前には、外賈で「蜜汁叉焼と焼肉」の雙拼飯を食したのですが、
いつも通り、焼肉の表皮がパリッパリで香ばしく、
肉と表皮がいたずらに剥がれたりしないしっかりしたつくり。
塩味が強すぎない肉は、うまみを堪能できて、飯の部分のお米も美味しく感じました。

仕事が丁寧&回転が速い…っていうことの表れと恩恵とのひとつなのでしょうか。

相手をしてくれるおばちゃんが『よかったら、タレ、もっとかけて!』と勧めてくださいますので、
テーブルの上に常備してある容器から、自分で好きなだけのタレをドバドバ。
つゆだく状態の三寶飯をゆっくりとたいらげて、灣仔の路地裏へと向かったのでした。

あのタレ、
お店で販売していたら、
きっと買い求めます。(笑)



b0201935_6311280.jpg


b0201935_632215.jpg


b0201935_6323480.jpg


b0201935_633201.jpg



                                                               005.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
お手数ですが、下のカエルくんをポチリとクリックしていただけると、応援クリックになり、うれしいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-08-27 06:36 | 香港食べ物

再訪したいけれど あえて せずにいます ~強記飯店の絶品2品~

b0201935_2062664.jpg




どこかのブログやガイドブックなどで知っていたわけではなく、
たまたま偶然に、飛び込みで入ってみたお店。

もう10数年以上前かもしれませんから、
月日はずいぶん経っているのですが、
今も変わらずに、灣仔にお店をかまえる強記飯店。

その頃、
フードコートや茶餐廳やファミレスに入れば、
まず当然のようにオーダーしていた蜜汁叉焼飯でしたが、
初めて入った強記飯店では、
叉焼飯ではないモノを あえてオーダーしたおぼえがあります。

お店の入口や、店内に掲載されていた、
「焼骨飯」や「乳猪飯」という文字に、
強くココロを引かれたからだったと思います。

お利口さんにも、写真1枚だけは撮り忘れることも無く、ちゃんと画像がこうして残っているのですが、
どちらの品も、食べたい衝動を抑えきれずに、たった1枚ずつ。(笑)

以来、
何度もお店の前を通りかかりつつ、
接待してくださった店員さんや看板メニューに変わりは無いかな?
…と、チラチラ観察しながら歩くのですが、
あまりに旨かった過去の体験が大きいためか、
あえて、リピートしていません。
へん?かな…。(笑)

「ときには、脱・叉焼飯!!」の原点ともなった、
強記飯店の「焼骨飯」と「乳猪飯」。
再訪して、オーダーする日は、来るのかどうか。。。



b0201935_20163052.jpg



                                                                039.gif



お越しくださって、本当にありがとうございます。
ランキング参加中です。カエルくんをポチッとクリックしていただくと、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-07-01 20:19 | 香港食べ物

外賈して部屋でご対面…の愉しみ

b0201935_18375846.jpg


b0201935_18382889.jpg




今宵もホテルの部屋にて、夕食の愉しみ。

チェックインした初日から広げてあるテーブル上のクロスの上に、
たった今 買い求めてきたばかりの外賈の1品を置いて、
結びを解き、
袋の口を広げ、
そっと蓋を開け、
今宵の夕食と、ご対面。

この、
ご対面の一瞬って、
毎度、いつも楽しみにしています。

いや、
中身として入っている商品の概要は、
自分がオーダーして来たものなのですから想像がつくのですが、
その細かな具材の様子や、
盛りつけ方などというのは、
蓋を開けた時の初のご対面で、はじめてまじまじと目で味わえるのですもん。

「…ああ、この店でのこの品は、外賈に仕立ててもらうと、こうなんだ…」
とか、
「…いつもの店ながら、今日の厨房の担当者は、肉を切りそろえたまま乗せてくれたんだ…」
とか、
「…店内で食す時より、いくぶん、つけ野菜が多め(少なめ)なんだね…」
とか。。。

外賈の魅力。
→ 運ぶ楽しみ。
→ 開ける楽しみ。
→ 箸をつける楽しみ。
→ ゆったりと味わう楽しみ。
…どれも、外賈の魅力ですよね。

部屋の中をその香りで満たしながら、日々繰り返す、外賈の愉しみ。



b0201935_1851765.jpg



                                                                045.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
カエルくんをポチリとクリックしていただけると、うれしいです。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-17 18:51 | 香港食べ物

2段階で展開される 香港のっけご飯 の魅力 ~叉焼煎蛋飯~

b0201935_640832.jpg

  ↓  ↓  ↓  ↓
b0201935_641916.jpg




香港で、多種多様に展開される、いわゆる「ぶっかけ飯」。
ぶっかけ飯と言うと、
具材の個体それぞれが飯の上にのせられている場合もありますし、
タレや煮汁・スープ状の液体とからまり混ざり合って飯の上にトロ~リとかけのせられている場合もあるので、
自分は、
ぶっかけ飯のことを総称して 【のっけご飯】 と呼んだり記したりします。(笑)
…ぶっかけ飯と表現した方が、その1品の“豪快さ”や“庶民的な魅力”は伝わりやすいんですけれどね…。

コチラの 叉焼煎蛋飯 も、【のっけご飯】の代表選手ですよね。
これが、最初から卵がトロトロ状態で混ぜ合わせられていると 叉焼滑蛋飯 となるのでしたっけ。
「煎」から「滑」へと一文字が変わるだけで、その顔つきや舌触りは、う~んと変わります。
同じ漢字文化の国だから、日本人としてはとても分かりやすい違い…かもしれませんね。

この叉焼煎蛋飯、
テーブルに届けられた時点で、すでに【のっけご飯】状態ですが、
「いただきまーすっ!」と食す際に、
のっけご飯の最上部に のっけかぶせられている“半熟両面目玉焼き” をくしゃっとつぶせば、
トロ~リと黄身が叉焼と飯とに広がりからみついて、
第2の のっけご飯 に変身。

その一手間も、見栄えも、どちらも味わえますし、
つぶしかた・広げかた ひとつで、
味そのもののヴァリエーションも多様に味わえますよね。
楽しさ倍増。

いく通りもの、視覚・味覚の両面から楽しめる、叉焼煎蛋飯。
どの茶餐廳にも、まずメニューに載っている1品ですが、
じつは、
“半熟両面目玉焼き”の下に潜んでいる蜜汁叉焼の出来栄えには、
店によって大きな差があります。

やっぱりシンプルな蜜汁叉焼の単体としての出来栄えが自分好みな店だと、
【のっけご飯】にしても美味しい。
お肉の柔らかい、適度に脂も加わっている、ジューシーな蜜汁叉焼を供する茶餐廳の叉焼煎蛋飯だと、
半熟両面目玉焼きをつぶし広げてからみ合った蛋と一体になった時のお味も、美味しいですもん。(笑)

テーブルの上で展開される 2段階で展開されるのっけご飯の愉しみと、
その下に待っていてくれる蜜汁叉焼との出会いとに期待して、
様々な茶餐廳で、何度もオーダーする1品なのでありました。

そうそう、
フードコートや街角のオープンスペースの陳列ケースから選び取る、
セルフオーダー方式での「ドバドバのっけご飯」 ( これそれ )も、
やっぱり食す前のお楽しみがありますよね~。(笑)
でも、
こういうコーナーには、残念ながら、出来たての叉焼煎蛋飯は、存在しませんものね。



b0201935_772748.jpg

  ↓  ↓  ↓  ↓
b0201935_78688.jpg



029.gif



お越しくださって、ありがとうございます。
下のカエルくんをポチッと1クリックしていただける「応援クリック」がいただけると、嬉しいです~。
  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-06-13 07:11 | 香港食べ物

ときどき味わう 美味しさと食べにくさ ~深井の焼鵞~

b0201935_7293699.jpg




九龍側の荃灣から、海峡沿いに西へ路線バスに揺られ、
青衣の方には渡らずに、
屯門や元朗へ抜ける屯門公路や青山公路をひたすら西進すると、
すぐに右手に通過していく村が、「深井」。
深井は、焼鵞で名を馳せた地でしたね。

一度は本家本元の深井での焼鵞体験をしてみるのもよい。
ただ、いかんせん、街歩きの途中で、空腹の限度を迎えてしまった。。。

…ということで、
深井からほど近い荃灣の街中で、
散歩中にお腹がすき過ぎて、ガソリン切れ寸前に陥った炭水化物星人。
荃灣街中別行動中に、太太が見つけて来ておいてくれたコチラのお店で、ランチを。

ガソリン切れ非常事態宣言が、歩き方や声によって表れる前に、
こうしていつも太太は、先手を打ってくれます。
毎度、感謝です。
ありがとう。

差し出されたメニューなど、ほとんど見ることも無く、
席につくと同時に、何も考えずにオーダーしたのは、
もちろん、コチラのお店の売り物の焼鵞飯。
テリテリに焼かれたガチョウがど~んとのっけられ、
まるでファストフード店のように素早く供されました。

たいへん香ばしく、
やわらかく、
お肉がたっぷりついていて、
おいしゅうございました。

焼鵞も、日本では、そう頻繁にはいただけないものですから、
蜜汁叉焼・焼肉・乳猪に次いで、チャンスがあれば積極的にオーダーします。
…ただ、
ときおりガチッと噛んでしまう骨(?)に、毎度食べにくさを感じます。
上手な食べ方、あるんだろうか。。。
焼鵞の食し方は、「まだまだコドモじゃのう~」の自分です。



b0201935_7465174.jpg


b0201935_747245.jpg



021.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-04-29 07:48 | 香港食べ物

むか~しから好きな ドバドバのっけご飯

b0201935_18232626.jpg




いくら自分のカタコトエイゴでも、
ここでは広東語しか通じないであろうと思われる、
元朗の賑々しい飲食街の路地。

このテの店構えがあちこちにある中で、
おかず保温ケースの回転がよさそうな1軒を選んで、
ガラスケース越しに、ニコリとアイコンタクト。
相手のお店のお姉さんは、忙しくはしていなさそうだけど、ニコリは返してくれず。(笑)
ここは香港。
これしきのコトで、入店する気持ちは萎えません。
「オーダーするよっ!準備はいい?」っていう雰囲気を漂わせつつ、さらにおかずの前にグッと近づきます。
すると、お姉さんも、ご飯を盛り付けるしゃもじを右手に持って、臨戦態勢。
いいねいいね。
こういう雰囲気。(笑)


三寶飯にしようか、
四寶飯にしようか。

おかずを品定めしつつ、
やっぱり迷わず四寶飯。

お姉さんに指4本を立てて、
あとは、
好みのおかずを指差しオーダー。

ちゃんと美味しそうな部分を取り分けてね…と願いつつ、見つめるおかず団地。
盛られた飯に、ドバドバのっけられて差し出されるまで、20秒かからず。
ザ・リアル・ファストフード!!
…もうあと少しおかずがあたたかいと、なお良いのですけれど…。

何も言葉を発しなくても手に入る、ドバドバのっけご飯。
ヘタすると、
何ひとつ話さなくても用足りてしまう日本のコンビニみたい。

それはあまりに味気ないので、
『多謝。』だけは大きめの声で言ってきました。



b0201935_18374496.jpg



060.gif









♫ お越しくださって、ありがとうございます。 ♫
ポチッと1クリック ↓ していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2011-01-28 18:42 | 香港食べ物

ドバドバ・ワンプレートフード

b0201935_1735714.jpg




週末の金曜日です。
金曜日は、飲食物のUPです~。(笑)


今から10年~15年ほど前には、
その頃にいくつか生まれたショッピングモールの中に、
フードコートがお約束のように入っていましたっけ。。。

で、
そうしたフードコートの中で、
これまた“流行り”としてよく見かけたのは、
フタの無い大きめの弁当箱に、飯とおかずとをのっけたもの。

カウンター越しに、多種類が揃うおかずの中から、
自由に3~4品を選んで指差し、
こんもり盛り付けられたほかほかご飯の上にドバドバとのっけてもらって、
紙コップ入りの飲み物と共に受け取り、
20数ドルほどを支払うというものです。
おかず豊富でお手軽な三賓飯や四寶飯。

ドバドバですからね。
なんたって、ドバドバ。
…盛り付け方にマユを寄せてはイケません。(笑)
いかにも、大胆で大雑把な、お手軽ワンプレートフード。

ニンニクの芽や空心菜を必ず入れるのがウチ流でしたが、
みなさんならば、どんなおかずをのっけるのがお好みでしょうか?


b0201935_17514181.jpg


b0201935_17523039.jpg



                                                          039.gif













お時間を割いてお越しくださって、ありがとうございます。
ポチッとひと押ししてくださると、嬉しいです。 ♫ ♪ ♫ ♪
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by koedagaffe | 2010-12-03 17:52 | 香港食べ物


大好きな香港にかかわって。加えて日常のあれこれを思いつくままに。


by こえだ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

いつの間にか20年
Cafe Bleu @ ...
|_・)チラッと覗き見 香港
香港日々探検日記
ブラボーのひとりごと
鴛鴦茶餐廳 いんよんち...
lei's nihong...
アジアな休日♪
Made in Hong...

エキサイト以外のブログ

最新の記事

街中で生み出される笑顔 ~免..
at 2011-09-27 19:52
オレンジ色の灯りの魅力 ~プ..
at 2011-09-25 11:26
自らタレをドバドバとかけて ..
at 2011-09-23 07:37
チェックインの部屋に・チェッ..
at 2011-09-21 19:08
HongKong Weath..
at 2011-09-19 08:32
明朝以降の朝食&おやつ用に ..
at 2011-09-17 07:54
これまでも これからも 旅先..
at 2011-09-15 18:38
…こんなときは どうしたらい..
at 2011-09-13 20:19
25H$で二胡の演奏つき(続..
at 2011-09-11 07:02
一杯のお茶で二品をつまむ ~..
at 2011-09-09 20:10
まずはグラスルーフで その後..
at 2011-09-07 18:19
昨年まで ささやかに楽しんで..
at 2011-09-05 05:18
エコノミークラスの機内食で ..
at 2011-09-03 08:35
思いがけず惹かれた「水と灯り」
at 2011-09-01 05:01
まあるい北京鍋の中で 快適快適
at 2011-08-31 05:39
深水埗の日常 ~ブウォーッ ..
at 2011-08-29 05:45
“独りお楽しみ自由時間”に再..
at 2011-08-27 06:36
Time to Destin..
at 2011-08-25 05:58
夜景に酔う ~九龍ネイザンロ..
at 2011-08-23 05:48
ウチはときどきセルフポートレ..
at 2011-08-21 05:05

カテゴリ

全体
ごあいさつ
香港のりもの
香港飲み物
香港食べ物
香港離島
香港くらしの雑貨
香港ご商売
香港ふうけい
香港ホテル
香港まちあるき
日常まちあるき
香港つれづれ想うこと
おもい
未分類

タグ

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

切手アート@郵政總局
from いつの間にか20年

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ライフログ


My Song


スタンダーズVol.1


スタンダーズ Vol.2


枯葉


マイ・フーリッシュ・ハート


アット・ザ・ブルーノート、ザ・コンプリート・レコーディング


星影のステラ


インサイド・アウト


ウィスパー・ノット


オール・オブ・ユー


レット・イット・ビー...ネイキッド (CCCD)


レット・イット・ビー


Debut


ホモジェニック


Post


ヴェスパタイン


グレイテスト・ヒッツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧